ピクシブ百科事典

油女シクロ

あぶらめしくろ

油女シクロとは『NARUTO』シリーズの本編未登場の登場人物である。

概要

木ノ葉隠れ油女一族の一員で暗部所属の油女トルネの父として登場人物の台詞及び設定にのみ明かされている。
息子同様の毒蟲を操る秘伝忍術を操り、その抗体を有していた。
彼の名を最初に口にしたのはトビの姿でうちはマダラとして行動していたうちはオビトだが、オビトとの接点は不明。
同族の油女シビと何らかの関係があり、彼の息子のトルネはシビの下で育てられていた。

余談

薬師カブト薬師ノノウにまつわる回想にて大蛇丸と共にダンゾウに従っていた油女一族(ノノウに対し孤児院の貧しさを回りくどく揶揄した人物)がシクロだと思われていたことがあったが、彼は油女タツマであり別人。

関連記事

親記事

油女トルネ あぶらめとるね

兄弟記事

コメント