ピクシブ百科事典

火のエル

ぷろめす

火のエルとは『仮面ライダーアギト』に登場する、エルロードの一柱。
目次[非表示]

概要

演:穴井隆文、羽緒レイ

7名いるとされるエルロードの一柱。属性は火を司る。
別名を「光の力」、「プロメス」などと呼称される。

太古に起こった人間とアンノウンの争いで、苦境に立たされた人間を不憫に思い、人間の女性と交わって、「ネフィリム」という戦士を設け、人類にアギトの力を与えた張本人。
なお、この時代の人間は2億人いたためか、40年間アンノウンと戦い続けている。戦況はアンノウンが優勢であったが。

人間にアギトの力(名前のモチーフであるプロメテウス風に言うと火)を与えたことにより、オーヴァーロード/テオスの手により粛清され、アンノウンも大洪水を起こしてネフィリム=ギルスを滅ぼした。
(この時テオスは不憫に思い、動物たちのつがいと人間の夫婦箱舟に乗せて助けていた。)

死に際に彼は2001年へと跳び、沢木哲也/アギト主人公である津上翔一のアギトの力を目覚めさせて消滅した。

怪人態の姿は明かさなかったが、人間に似た姿では白い服装をしていること以外、テオスと瓜二つであった。
このことから、エルロードには人間態があると思われる。イコン画にもエルロードは怪人態ではなく翼を生やした人間に近い、いわゆる我々が思い描く天使の姿で描かれている。



小説版

こちらの作品では超能力者を狩る上位のロード怪人として登場。
津上は彼を吸収し、アギトの変身能力を得た。
しかし、呼称は一貫してアギトであった。
しかし、これが火のエル本人かは不明。
(彼が火のエル本人とするなら、何故超能力者が生まれたのか?という疑問が残るため。)
恐らくはテオス側についたアギトか、火のエルの眷属と思われる。

余談

イコン画では6人のエルロードが正面を向いているが彼のみ背中をこちら側に向けている(つまるところ神を裏切るということである。)
アギトのモチーフが龍であるとされるため、彼もモチーフは龍であると思われる。
上記の行動、モチーフから見て、彼こそがルシファーではないかと思われる。
(ルシファー/サタンは聖書では赤い龍とされ、アギトの中間形態であるバーニングフォームも赤いボディである。)
また、イコン画にはプテラノドンに似た天使の天使の隣に描かれ、よく見るとテオスが創生した生き物の中には恐竜がいることから、彼の配下の動物は恐らく恐竜と思われる。
アギトの世界において、恐竜の絶滅した原因はアンノウンが起こした大洪水と思われる。

彼がギリシャ神話プロメテウス本人であるなら火を与え、使い方を教えたのも彼自身である。(テオスがプロメスを殺したのはアギトの力を与えたことだけでなく、火の使い方を覚えたことで、人間が戦争や殺戮を起こし、アンノウンと人間の争いの二の舞になることを予見したからとも取れる。)

一部解釈では彼の生み出したネフィリムが人間、アンノウン関係なしに殺戮を繰り返し、更には人間の女性という女性を犯し、ネフィリムが増えすぎた結果、アンノウンが洪水を起こしたという説も存在。(上記の説が正しければ、火のエルは創世記の元になる伝説を作った要因の一つでもあり、黙示録の伝説を生み出した原因が彼ということになる。)

ちなみにアンノウンが人間に対して戦争を仕掛けた理由は『自分たちを元にして生まれた地球の生物が人間に家畜やペットにされるなどして虐げられていた』からという理由らしい。ここまで聞けば同胞を守るためには仕方なかったと聞こえはいいが、生物界に食物連鎖があることと、サムライアリのように他種を奴隷にする生物もいる、そもそもアンノウン自身が人間を下等な存在との理由から本来の理由は人間が神と似せて作られ、自分たちよりも贔屓(テオスは人間をペットのようにこよなく愛したとされる)にされていると考えたからという独善的な理由である可能性が高い。


関連タグ

仮面ライダーアギト エルロード
DJサガラ・・・平成二期でのルシファー。こちらは理由のない悪意だが。しかし、彼もまた人間に知恵(未知なる力)を授けた人外であることに変わりはないだろう。
大魔神サタン・・・他作品のルシファーその1。太古では地球人「デーモン族」を守ろうとして、同胞と戦った。現代では新地球人「人間」を滅ぼす側だが、主人公をはじめ少なくない人間に未知なる力を授けたという一面もある。
アポロニアス・・・他作品のルシファーその2。
ルシファー プロメテウス 恐竜

pixivに投稿された作品 pixivで「火のエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2831

コメント