ピクシブ百科事典

灰根高太郎

はいねこうたろう

ゲーム「逆転裁判」の登場人物。
目次[非表示]

概要

演:小日向文世(実写映画版)

逆転裁判」第4話の登場人物。
15年前に発生した「DL6号事件」の容疑者。当時37歳。職業は地方裁判所の法廷係官だった。
裁判では生倉雪夫の弁護によって無罪判決を受けたが、裁判後に職や社会的地位、更には婚約者が自殺したことで文字通り全てを失ってしまい、現在行方不明となっている。

DL6号事件

2001年12月28日に地方裁判所のエレベーターで発生した御剣信弁護士殺害事件である。

当時法廷係官だった灰根高太郎は御剣信とその息子怜侍と共にエレベーターに乗り合わせたのだが、地震に伴う停電で停止したエレベーターに5時間以上閉じ込められてしまう。
その際に酸素が薄くなっていくことへの恐怖から錯乱し、信と揉み合いになってしまう。

その後、エレベーターからは酸欠で気絶している怜侍と灰根、そして心臓を拳銃で撃ち抜かれて死亡している信が発見され、警察は拳銃の持ち主だった灰根を容疑者として逮捕した。
(灰根が事件当時に拳銃を持っていた理由は本編で語られていないが、恐らく何らかの裁判の証拠品を運んでいる途中だったと思われる)
だが、灰根が信を殺害したことを裏付ける決定的な証拠は無く、捜査行き詰った警察は極秘に倉院流霊媒道の家元である綾里舞子に協力を依頼し、被害者の魂を霊媒してもらい、犯人の名前を聞き出すという前代未聞の手段をとった。霊媒の結果、信は舞子の口を通して灰根を告発し、検察は起訴に踏み切った。

警察に逮捕された後、灰根は自分の弁護を担当することになった生倉に無実を訴えるが、生倉は灰根の主張を聞き入れようとはせず、被害者の殺害を認めた上で灰根の刑事責任能力を疑問視する方針をとり、灰根には心神喪失の芝居を強要した結果、裁判では灰根に無罪判決が下されたが、灰根の無実が証明されたわけではなく、灰根は裁判後に全てを失ってしまい、その行方を晦ました。

唯一にして最大の容疑者である灰根が無罪となったことで事件は迷宮入り。15年の月日が流れ、第4話で時効を迎えようとしていた(ゲームが発売された当時、殺人事件には15年の時効が存在した)。

なお、2012年に公開された実写映画版では事件が発生した年が1997年に、現場が裁判所内のエレベーターから地下の証拠品保管庫に変更されている。
現場の変更について巧舟は「エレベーターで窒息死するはずがないという指摘を受けた」とDVDのオーディオコメンタリーで語っている。この時の灰根は閉所恐怖症であることがうかがえる。

関連タグ

逆転裁判
逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
御剣信 御剣怜侍 生倉雪夫

















ネタバレ





この先、重大なネタバレがあります!






















第4話で生倉雪夫を殺害した真犯人であり、その正体はひょうたん湖公園にある貸しボート小屋の管理人である

異議アリ!!


(イラスト左側の老人)

DL6号事件から15年後、灰根はひょうたん湖公園にある貸しボート小屋の管理人になっており、自殺した婚約者松下サユリと同じ名前をつけたオウムのサユリさんと共にひっそりと暮らしていた。
DL6号事件が時効を迎えようとしていたある日、彼のもとに一通の手紙と、一丁の拳銃が届き、その手紙には自分を破滅に追いやったとされる二人の男への復讐を唆す内容と犯行の計画が書かれていた。これによって、灰根は自分を見捨てた生倉と現場に居合わせていたもう1人の容疑者の御剣怜侍への復讐を決意する。
灰根は手紙に書かれていた計画に従って生倉を貸しボート小屋に呼び出して拳銃で殺害し、その罪を御剣に着せようとする。
捜査にやって来た警察や成歩堂龍一の前では記憶喪失を装い、事件の目撃者として御剣が有罪になるよう虚偽の証言を行うが、自分の正体を突き止めた成歩堂に法廷で暴露されると、正体を明かした上で生倉の殺害を認めた。

その後、DL6号事件の真犯人にして灰根に復讐を決意させた黒幕の正体が明らかとなり、DL6号事件は時効寸前で解決を見ることになる。

実写映画版ではサユリと結婚しており、事件も証拠保管室に変わった事から、証拠に疑問を持った御剣信が人知れず侵入して漁っていた場面に遭遇し、取り押さえるべく乱闘したものとなり、留置所での生倉との面会の様子や裁判後に彼の身に起きた悲劇が詳細に描かれている。結果、原作に比べて彼の落ち度が薄まった事も相まって同情が強まった。また、DL6号事件の解決後、成歩堂が灰根の弁護を行うことを決意している。

pixivに投稿された作品 pixivで「灰根高太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1523

コメント