ピクシブ百科事典

王政ローマ

おうせいろーま

古代ローマ最初期の政体である王政期を指す。のちに共和政ローマ、帝政ローマ(ローマ帝国)と変遷する。
目次[非表示]

概要

紀元前753年にオオカミに育てられたと言われる初代ローマ王ロームルスが建国し、紀元前509年に第7代目の王タルクィニウス・スペルブスが追放されるまで続いた。

ローマという都市名も初代王ロムルスにちなむとされるが、この王については存在すら疑問視される向きもある。ローマという言葉は、エトルリア語またはサビニ語で意味のある言葉だという見解がある。
伝統的に王のうちロームルスを含め最初の4代はラテン系またはサビニ系、あとの3代はエトルリア系である。
しかし当時のローマは文字を持っていなかった可能性があり王の存在は主に口承で伝えられ、確実な資料がないため、これらの王の実在が疑われたりその解釈も研究者によってまちまちであるというのが実情である。
だが考古学的な考証から最後の3人の王に関する伝承は変形されているとしても何らかの歴史的事実を反映していると考えられている。

歴代ローマ王

  1. ロムルス
  2. ヌマ・ポンピリウス
  3. トゥッルス・ホスティリウス
  4. アンクス・マルキウス
  5. タルクィニウス・プリスクス
  6. セルウィウス・トゥッリウス
  7. タルクィニウス・スペルブス

関連

ローマ

コメント