ピクシブ百科事典

田原総一朗

たはらそういちろう

ジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター
目次[非表示]

1934年4月15日生まれ。滋賀県立彦根東高校卒業後は日本交通公社(JTB)に勤務しながら作家となるべく早稲田大学第二文学部日本文学科に在籍していた。文学賞に何度か応募するも入選することはなく、先輩に才能がないと何度か言われた事で意気消沈。その時に同世代の石原慎太郎大江健三郎の作品を読んで「まったく敵わない」と感じ作家の道を断念。ジャーナリストを目指すことにし、大学を辞めた。
1956年に早稲田大学第一文学部史学科に再入学して1960年に卒業。NHKや日本教育テレビ、TBSなどマスコミを手当たり次第志願したがどれも合格することはなく、岩波映画製作所にカメラマン助手として入社した。

東京12チャンネル時代

1964年、東京12チャンネルに入社。ディレクターとしてドキュメンタリー番組などを手がける。
開局時の東京12チャンネルはインディーズ的な局というイメージが強く、それを逆手にドキュメンタリー番組で「過激な題材」を選び、「やらせ的な演出をして、その結果として発生する、スタッフ、出演者、関係者に生じる葛藤までを全て撮影する」という独自の路線を開拓した。なおこの当時の番組の映像の一部がテレビ東京開局50周年スペシャル「50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP」で放送されている。

映画監督

1971年に「あらかじめ失われた恋人たちよ」の監督・制作を務め、1976年には原子力船むつの問題を扱った「原子力戦争」を発表した。原子力戦争発表時には田原は脅迫もされたという。

フリージャーナリスト

1977年1月に東京12チャンネルを退社し、フリーとなった。フリー転向後は政治、ビジネス、科学技術と幅広い分野で執筆活動をしているが最近は政治分野での執筆活動が中心である。
近年の主な出演番組に朝まで生テレビ!(テレ朝系)や「激論!クロスファイア」(BS朝日)など

pixivに投稿された作品 pixivで「田原総一朗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2061

コメント