ピクシブ百科事典

百歩神拳

ひゃっぽしんけん

中国拳法における伝説。
目次[非表示]

概要

 「」や「」を使い、離れた相手にダメージを与えるとされる伝説拳法。百歩離れた蝋燭を一瞬で掻き消すことから名がつけられたらしいが、たぶん使える奴はいない。

登場する作品


全部まともな格闘マンガじゃないって? 要はそういうことだ。
なお漫画で初めてこれを使ったのは、おそらく『マカロニほうれん荘』(1977年)のひざかたさん。

関連タグ

遠当て
北斗剛掌波 かめはめ波 波動拳 覇王翔吼拳…まあ、この辺の技の大元というか。

pixivに投稿された作品 pixivで「百歩神拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23978

コメント