ピクシブ百科事典

真・伊達政宗

しんだてまさむね

真・伊達政宗とはmixi発のXFLAGスタジオ製作のソーシャルゲーム『モンスターストライク』に登場するキャラクター(モンスター)である。
目次[非表示]

概要

モンストの2020年4月20日に登場した難易度超究極の降臨モンスター。
星4~5のガチャキャラが降臨キャラとして星5に昇格して登場した真・アマテラスに続いて来たのは戦国時代の武将であり仙台藩初代藩主の伊達政宗

クエストは一部のコラボ超究極と同じように2種類分けられており、まず難易度究極のクエスト「浮世を照らす独眼竜」をクリアすると、超究極に挑戦できるようになり、その後超究極クエスト「曇りなき心月竜」をクリアすると、真・伊達政宗の進化が解禁されるという仕様である。
それ故、超究極のクエストは1回クリアさえすればいい為、運極を作る際は基本究極クエストの方を周回すればいい。

初回降臨の2020年4月20日以外は究極のクエストは2020年5月3日までの間は毎日降臨しその後順次出現、超究極クエストはモンストの日のみ降臨する。

クエスト内容

究極 「浮世を照らす独眼竜」

出現ギミックは地雷とダメージウォールに加えて減速壁。
そしてパラドクスで初登場したギミックである味方が常にキューブ状態になるキューブ』。
地雷もダメージウォールもまんべんなく展開される上にどちらも1触れ33,000ダメージ受ける為、対策必須。減速壁は触れれば壁に密着する程減速率が高いが、1つの壁の一部分のみの為、特に対策はしなくてもいい。
クエストの特徴として中ボスである真・伊達政宗の後ろにいる竜とボスである真・伊達政宗の進化前は減速壁の方向に向けて15,000ダメージのレーザーを放つ上にボスの真・伊達政宗の進化前は同時に8,000ダメージの薙ぎ払いを行ってくるのでボスと減速壁の直線状周辺には味方を近づけないようにする必要がある。また敵と敵の間の隙間を狙って処理を狙う場面が多い為、基本的には撃種は反射が推奨。そして敵として出現する青鬼は一番大きい数字で48,000の白爆発を放つ為、優先して処理をしよう。尚、敵として出現するリヴァイアサンは中ボス、ボスを撃破すると撤退する。
味方が常にキューブ状態での特殊な立ち回りが求められるものの、周回用のクエストということもありこのクエストの難易度自体はそこまで高くはなく、ギミック適正であれば運枠4体積んでの周回も難しくない。
だが...

超究極 「曇りなき心月竜」

出現ギミックは究極から引き続き出現する味方が常にキューブ状態になるキューブ』の他、ウィンド、減速壁、撃種変化パネルが出現。
そしてサキミタマで初登場したでギミックである『ふれた味方の数に応じて攻撃力アップ』に加えてカルナで初登場したギミックである『混乱』。更に禁忌の獄で初登場した『属性倍率超アップ』。
超究極の為コンティニュー不可、つまるところノーコンティニューのクリアが必須な上ミラクルミンも使用はできない。

ウィンドは対策していないと引き寄せ後にボスから大ダメージを受ける上に混乱攻撃が重複してしまうので対策必須。そして頻繁に混乱攻撃が行われる為、ウィンドに加えて状態異常回復も必須となっている。
更に属性倍率超アップの為、有利属性は与えるダメージが1.99倍、受けるダメージが0.33倍となっている。よって木属性以外の他属性のモンスターを連れていくことが火力不足や被ダメージの関係上非常に困難、つまるところ編成には必ず有利属性であることが前提となる。
上記のギミックに加えてステージの随所で挟まって敵の処理や味方が常にキューブ状態の特性を利用して火力を狙う場面が多い為、クエストの性質上撃種はほぼ反射寄りとなっている。

したがって『木属性反射の状態異常回復&アンチウィンド』のキャラでパーティを固めるのが必須となっている。

降臨前の事前情報として味方が常にキューブ状態属性倍率超アップふれた味方の数に応じて攻撃力アップが登場することが確定されており、この時点で単体でも複雑なギミックが複数も出現する上に厄介な組み合わせだった為、クエスト内容はこれまた『とんでもないものが来るのではないか』とストライカーの間では予想されていた。そしてこちらもコラボ超究極とは違って期間限定降臨でない上に前回の超究極がモンスト歴代史上最難関クエストといっても過言なくらいの極悪難易度だった為、今度は一体どのようなクエストが待ち構えているのかと誰もが降臨を待ち望んでいた。そしていざ降臨し蓋を開けてみるとそのクエスト内容は大方の予想通り同じ超究極の真・アマテラスに匹敵かそれすらをも越えるような凄まじい超極悪難易度が待っていたのであった
因みに、初回降臨後の「みんなのクリアモンスター」一覧はプレミアムガチャではビナー(進化)のみ、その他(降臨や特別なガチャなど)ではヴィーラのみという、真・アマテラスよりもえげつない結果になっている。(つまりそれらを持っていないと門前払い同然である。)

(後日追記)

性能

真・伊達政宗(進化前)


種族サムライ族
撃種貫通
戦型スピード
ステータスHP攻撃力スピード
1558615282295.13
タス最大値+0+0+0
タス後限界値1558615282295.13

アビリティアンチ重力バリア
ストライクショット天然龍 (ターン12)スピードがアップ
友情コンボ跳弾【無属性】画面上の全ての敵に当たる跳弾を放つ最大威力23669


龍刻解放 真・伊達政宗(進化)


種族サムライ族
撃種貫通
戦型スピード
ステータスHP攻撃力スピード
2027818877304.70
タス最大値+3900+6475+107.95
タス後限界値2417825352412.65

アビリティ超アンチ重力バリア/アンチ魔法陣
ストライクショット独眼天召砲龍 (ターン20)ふれた仲間のスピードを一定期間アップ
友情コンボ跳弾【無属性】画面上の全ての敵に当たる跳弾を放つ最大威力33140
ラックスキル友情コンボクリティカル友情コンボのダメージ量が増加する。

余談

実は前回の超究極である真・アマテラスとは戦型こそ異なるもののスピードだけを見ると進化前と進化後の両方のステータスは同じ値となっている

因みに現時点でプレミアムガチャで排出される方の伊達政宗はアマテラスとは異なり上方修正されていない。後に真の方の性能に合わせたようなものになるかは不明。

関連イラスト

【モンスト】真・伊達政宗(再投稿)
真・伊達政宗 登場



関連動画

新キャラ使ってみた動画



関連タグ

モンスト 超究極 モンスターストライクの降臨モンスター一覧
伊達政宗 独眼竜 隻眼 武将

同じ真の名を冠する超究極シリーズ

真・アマテラス

関連記事

親記事

超究極 ちょうきゅうきょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真・伊達政宗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12410

コメント