ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

Fate/Requiem』の登場人物。主人公宇津見エリセの実の祖母

かつて聖杯戦争の勝者となり、聖杯を手にした魔術師。世界を大きく変えた作中での超重要人物であり、知る人ぞ知る有名人。

前回の聖杯戦争時の「旧来の令呪」を持ち、「聖痕(スティグマータ)」の異名で呼ばれる。


人物

ランサーサーヴァントルキウス・ロンギヌスのマスター。

エリセの祖母にしながら、外見年齢は若々しく、白系のスーパーロングヘアーに黒いロングスカートのセーラー服を着た20代前半のような美少女の姿をしているが、どのように若い姿を保っているのかは不明。

基本的には物静かで丁寧な言動の女性。一方で型月世界の魔術師らしく利己的・合理的な面があるようでエリセからは苦手とされている。よく冗談は口にするが、ふざけることはないらしい。


出不精で、いつもは新宿の家を滅多に離れないとのこと。しかし、都市の平和が破綻するほどの有事に発せられる「コード・クリムゾン(真紅の招集)」が出た際にはルキウスと共に出動し、敵を容赦なく殲滅する。


能力

救世主を十字架に打ち付けた釘を模した、『拘束』の概念武装「聖釘(サクリ・キオディ)」を用いる。両手と両足、四か所に存在する令呪から四角錐の強靭な鉄釘を短時間出現させ、徒手空拳のパイルバンカーで戦う。

作中でもトップクラスの実力らしく、暴走する無数のサーヴァントをルキウスと共に掃討した。


関連人物

宇津見エリセ

孫。双方のことは「チトセ」「エリセ」と呼び合っている。

険悪とまではいかないものの事務的な関係で、エリセからは肉親の情を期待すべきでないと思われている。


ルキウス・ロンギヌス

ランサーサーヴァント。かつて聖杯戦争を戦ったときから長年連れ添ってきた相棒。

チトセに忠実に付き従いつつ、軽口を叩いたり諌めたりもする信頼関係にある様子。


プラン少年

彼がどのような存在なのか把握しているらしく、一時はルキウスに命じて処分させようとしたが、ギャラハッド・オルタに制されたため見逃した。


宇津見

息子。劇中ではすでに故人。彼が生まれたことを契機に旧姓に戻したという。


ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア

同じく長い時間若き姿を保ち続けた者。ただしこちらは他者の魂を喰って若さを持っているため、どちらかといえばこちらに近い。


関連項目

Fateシリーズ  Fate/Requiem  魔術師

関連記事

親記事

Fate/Requiem ふぇいとれくいえむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22973

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました