ピクシブ百科事典

神杉駅

かみすぎえき

広島県三次市にあるJR西日本の芸備線/福塩線の駅。
目次[非表示]

神杉の町を明るく元気に!


概要

広島県三次市にあるJR西日本で、1922(大正11)年に芸備鉄道(現在の芸備線)の「塩町(しおまち)駅」として開業し、1934(昭和9)年に隣の田幸駅が2代目塩町駅に改称するのに合わせ現在の駅名となった。駅名を譲ってあげるなんて神杉。
三次鉄道部管理の無人駅である。

木造駅舎を使用しているが、2代目である。駅入口の第1種駅名標はかなり古いものであったが、「JR西日本」マークつきの標準的なものに置き換わった。ホームにある方面標はデザインはそのままに番線が書き加えられた。列車接近時に点灯する接近表示器はしばらくそのまま残っていたがLEDのものに置き換えられた。

駅構造

1面2線の地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1芸備線福塩線上り新見府中方面芸備線新見方面は備後落合で乗り換え
2芸備線下り三次広島方面広島方面は三次で乗り換え
※記載駅名は実際の駅案内に準拠。

利用状況

  • 2018(平成30)年度の1日平均乗車人員は10人である。線内で交換設備を有する駅としては矢神駅に次いで少ない数字である。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度52人
2002年(平成14年)度11人
2011年(平成23年)度13人
2012年(平成24年)度8人
2013年(平成25年)度8人
2014年(平成26年)度8人
2015年(平成27年)度14人
2016年(平成28年)度17人
2017年(平成29年)度16人
2018年(平成30年)度10人


地域の取り組み

旧駅事務室は「神杉駅前コミュニティホーム」として再利用されている。
駅構内には「ようこそ 神杉へ!」「神杉の町を明るく元気に!」「気もちのいい神杉駅にしよう!」と書かれ、「かみくん」「すぎっこちゃん」なるマスコットキャラクターが描かれた、駅付近の神杉小学校5年生が描いたイラストが掲出されている。いつの5年生かは不明。なぜか背景がインド国旗の配色である。ちなみに神杉小学校の校章は金色の桜の中央に「神」と描かれている。まさに神杉。

このほかにも「ポイステはいカンぞ!!」という文言とともにカンをゴミ箱に捨てるよう推奨するイラストも掲出されている。

隣の駅

種別←三次方面当駅備後落合・府中方面→
普通八次駅神杉駅塩町駅


関連タグ

芸備線 福塩線 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

コメント