ピクシブ百科事典

神獄塔メアリスケルターFinale

かんごくとうめありすけるたーふぃなーれ

神獄塔メアリスケルターFinaleとは、神獄塔メアリスケルターシリーズ最終作である。
目次[非表示]

概要

PS4並びにニンテンドーSwitchのゲームソフトにして、「神獄塔メアリスケルター」三部作の最終章。

キャッチコピーは「憎悪と友愛の灯火が紡ぐ少女達の終焉の脱獄劇」。
システム自体は今までの作品と変わっていないが、下記あらすじの通り本作は、新キャラを含めた6人の主人公が率いる、6つのグループに分かれた群像劇となっているのが大きな特徴。

前作未プレイの購入者にも配慮してか、本作には1・2のシナリオ+「恋獄塔めありーすけるたー」が無料収録されている(ただし代償としてボイスは無い)。
そのため公式HPの時点で1・2の重大なネタバレがさらっと書かれているので注意。

ストーリー

ジェイル――――それは「生命ある監獄」と呼ばれる難攻不落の人間収容所。

数十年前に突如生まれたこの監獄は、「メルヒェン」と呼ばれる化け物や、それを統率する狂気の存在「ナイトメア」によって管理されていた。

ジャック率いる血式少女達は、裏で蠢く思惑を打ち破って「運命からの脱獄」を果たし、見事地下監獄から地上へと昇り着いた。
地上への希望を胸にジャック達が初めに見た景色…

それは血の海に浸かった数千人の死骸、そして"処刑台少女"の狂った笑い顔であった。
処刑台少女の圧倒的な殺戮・暴力の前に散り散りになる仲間たち、それは一筋の希望を処刑していくようであった。

人を殺すために生まれた処刑台少女「火あぶり柱」
仲間のために血の一滴さえも捧げる血式少年「ジャック」
存在意義の灯火を奏でるマッチ売りの少女「メアリー」
自らを"監獄塔"と名乗る謎の少年「ジュウ」
父への想いに悩み苦しむ血式少女「赤ずきん」
何者でもないただの少女「くらら」

全ては空高く浮遊する「悪食の監隊塔」へと導かれていく…。
これはちっぽけな地球(ホシ)から脱獄を図るために、憎悪と友愛の灯火を辿っていく少女達の終焉の脱獄劇である。

登場人物

プレイヤーキャラは全員続投。無印の登場人物は名無しのモブだった者を含めて殆ど続投し、2のNPC(=小説のメインキャラクター)は情報なし。
以下、本作の主人公達と初登場のキャラクターを記す。

プレイヤーサイド

1人目の主人公。シリーズを通して要を担った血式少年。
気弱だった彼も“2度にわたる”悲劇と陰謀の脱獄劇を乗り越えた事で強く成長した。仲間の為に我が身を顧みず、3度目の戦いへと臨んでゆく。

2人目の主人公。開放地区で暮らしていた一般市民の一人たる少女。
博士にすら認知されないほど影が薄く、誰とも関わる事なく、マッチ棒の灯火から視る幻を独り楽しむ日々を送っていた。

3人目の主人公。『1』でショップを担当していた、技師ハルの(自称)助手。
"何者でもないただの少女"であるが、一生懸命考え道を切り拓いていき、どういうわけかその手にはメアリガンが握られている。

4人目の主人公。処刑台少女の末妹でありながら、人を傷つける事に抵抗を持っていたイレギュラー。
それ故、姉達から馬鹿にされており、何とか見返そうと出奔するが…。

5人目の主人公。突如現れた、自らを監獄塔と称する血式少年。
冷徹な合理主義者で、記憶の断片を頼りに妻を探すべく行動している。

6人目の主人公。シリーズを通して皆のお姉さんたらんと振る舞ってきた血式少女。
だが脱獄時に訪れた真実と離別は彼女の心に影を落とし、自分のリーダーとしての器にも自信を失っている。

メアリーと暮らしていた謎の血式少女で、その事実を誰にも明かさずに隠していた。
何故か血式少女達の背景や、当事者以外には伏せられた数々の真実を熟知している。

十島博士と声含め瓜二つな姿をした老人。説明文は「突如現れた老人」(読点すらない)のみ。

尚、今村彩夏の事情によりハーメルンのCVは河野ひよりが担当することになった。

処刑台少女(ジェノサイドピンク)


シラと異なり瞳の色以外はブラッドスケルターモードと同様の特徴を示している。
CV並びに体型からとの関連性が囁かれている。ただし紹介順は逆。

関連タグ

コンパイルハート お伽話  狂気 鬼ごっこ

公式サイト

神獄塔 メアリスケルターFinale
恋獄塔 めありーすけるたー

関連記事

親記事

神獄塔メアリスケルター かんごくとうめありすけるたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神獄塔メアリスケルターFinale」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168

コメント