ピクシブ百科事典

納涼

のうりょう

暑さを避けて涼しさを味わうこと。すずみ。
目次[非表示]

暑さを避けるため、工夫をこらして涼しさを味わうこと。すずみ

日本では、古くは緑陰あるいは水辺に涼を求めることが多かった。
宇津保物語』や『源氏物語』では、平安貴族寝殿造泉殿釣殿で、の面を吹く夕風を感じながら、釣りをしたり詩歌の会や音楽の会を催して暑さを忘れたと書かれている。
また氷室に貯蔵しておいたを、立夏の日に『氷室開き』(氷室から氷を取り出す行事)をして、盛夏にそれを用いたりしていた。
当時の貴族の避暑地としては宇治が有名。

江戸時代になると、夕方涼風を利用して行う夕涼みは、貴賤を問わず盛んになり、屋形船を浮べたり、河原を利用したりして遊興がなされた。

納涼の思い出
露芝



別名・表記揺れ

涼み

関連タグ

季節  朱夏 猛暑
気温 暑い 涼しい

納涼祭 納涼船 納涼床
夕涼み 川涼み
避暑 暑気払い

風鈴 打ち水 蛍狩り 怪談

涼やか 爽やか 清々しい 清涼感

風物詩 季語

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「納涼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 478314

コメント