ピクシブ百科事典

紺野木綿季

こんのゆうき

ライトノベル「ソードアート・オンライン」に登場するキャラクター「ユウキ」の本名。
目次[非表示]

概要

ソードアート・オンライン第七巻「マザーズ・ロザリオ」に登場するユウキのリアルネーム。
5月23日生まれの15歳。
父、母、姉の藍子との四人家族だった。母親はクリスチャンであることが示唆されており、藍子と木綿季には「神様は私たちに耐えることのできない苦しみはお与えにならない」とよく話していた、と木綿季の口から語られている。
「マザーズ・ロザリオ」作中では既に三人は亡くなっており、木綿季だけが横浜の総合病院のベッドで寝たきりの生活を続けていた。

医療用フルダイブマシン「メディキュボイド」の世界初の被験者であり、明日奈と出会った時点で三年間とSAOサバイバーよりも長期間に渡ってフルダイブ機器「メディキュボイド」を使い続けている。

関連イラスト

if
まだ終わりじゃないから


守る


関連タグ

ソードアート・オンライン ユウキ 結城明日奈 桐ヶ谷和人

ユウキユウキ(SAO)タグとの使い分けの基準は特に決まっていない。

※以下ネタバレあり注意
































病室まで追いかけて来てくれた明日奈に「学校へ行きたい」という願いを吐露すると、彼女を通じて事情を聴いた和人が「双方向通信プローブ」を準備し、それによって仮想世界にいながら明日奈と共に授業を受けられるようになった。またALOでもスリーピング・ナイツのメンバーばかりではなく各種族の領主などとも交流を深め、充実した生活を送っていた。

しかし三月の末に容体が急変、ALOで初めてアスナと出会った場所である新生アインクラッド二十四層の小島で最後の力を振り絞ってオリジナルソードスキル「マザーズ・ロザリオ」を大木に打ち込み、そのデータをアスナに渡すと、スリーピング・ナイツのメンバー、アスナとキリト達一行、そして交流した多くのALOプレイヤーに囲まれながら、仮想世界の住人として息を引き取った。

その後

現実世界の木綿季の葬儀に於いても、彼女に親しみを覚えたALOプレイヤーが100名ほど参列に訪れている。

ちなみに

『木綿』と書いて『ゆう』という読み方をする繊維が実際に存在します
ベテラン女優にも芸名が同じ読みの女優もいる

川原先生は決して変な当て字をしたわけではないのでDQNネームと勘違いしないよう注意。

pixivに投稿された作品 pixivで「紺野木綿季」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 560770

コメント