ピクシブ百科事典

胎ゆ

たいゆ

『胎ゆ』とは胎生任振する ゆっくりの胎内で幼体を形成して生み出される赤ゆの俗称である。

哺乳類同様、胎内で形成段階の赤ゆをいう。

植生で形成される実ゆっくりと異なり誕生までの期間が長く身も実ゆより大きめ。

臍の緒は実ゆと同じように頭頂部で繋がっており、栄養などが運ばれる。

誕生時は実ゆと同じように自の重みで落下するが落下して誕生する実ゆと違い自ら産道の方へ歩み進め、狭い産道を産道の動きも手伝い押し進め出口目指す。

胎ゆは出口を出ると名が赤ゆに変わり産道の動きにより出た瞬間勢い良く飛び出す。
このときツガイがクッションをスタンバイしているが、何らかの理由で それがなく地面着地となり勢いで圧死してしまう。

コメント