2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

足りないゆ

しょうがいじ

この項目はゆっくり虐待関連の項目です。 pixivでR-18Gに該当する内容を解説しています。 非常に悪質かつ悪趣味で倫理的に問題のある存在への説明となっているので、ゆっくりが好きな方や未成年及びそのような項目が苦手な方への目に触れないようにご注意をお願いします。
目次[非表示]

この項目はpixivでR-18Gに該当する内容を解説しています。よって未成年の目に触れないようにご注意をお願いします
障碍者差別要素を含んでおります
人によっては精神的に不快になられる可能性がありますので、そのようなものが苦手な方はブラウザバックを推奨します。





















注意点

この記事はゆっくり虐待に関連する用語の解説を行っています。
ゆっくり虐待に関しては該当記事を参照してください。














ありすとおちびちゃん




概要

何らかの理由で成長が上手くいっていないゆっくり虐待世界観のゆっくりの事(画像左)。


ゆっくり虐待においてはゆっくりに赤ん坊が生まれるなどの生物的なキャラクターとして扱われるが、
「足りないゆ」とは、その赤ちゃんゆっくりでも生まれる前の栄養不足や遺伝餡(※遺伝子)の欠陥などの理由で成長が上手くいかなかった結果として生まれるゆっくりのことである。(人間でいうところの知的障害児童的な存在と考えられる。)
自然な状態でも(少ないとはいえ)たまに生まれる設定を用いる作者が多い。

まず前提としてゆっくりには決まった設定は存在せず、それはゆっくり虐待に置いても同じである。
だがいくら設定が無くてもそれに触れる者達の中である程度の共通認識というものがあり、それから大きく外れるものがあったとしても「斬新な俺設定」程度で埋もれてしまう。
そんな中で「使い勝手が良く」「共通認識として残った」ものがある。
以下に記されるのはその一例である。


足りないゆは排泄物を食べる、低い言語能力(ゆっぴぴ、ゆっちい等しか喋れない等、理解力も無いため罵倒などが通用しない)、口を開けてよだれをたらしっぱなし(ついでに排泄物も垂れ流し)など現実の人間の知的障害を患った者のような特徴がある(※むしろそれがモデル)。
外見的にも髪が短かったり、目が常に上を向いていたり、顔のパーツが小さく上に寄っていたり、体型が縦に細長かったり、おかざりが異様に小さかったりと、(描写上の都合もあるが)通常のゆっくりとは明らかに違う一目でわかる奇形となっている。 また基本的には健常ゆと同じく両親のどちらかと同種になるが、作品によってはおかざりを持たず、どの種にも似ていない無個性な個体を足りないゆとして扱う作者もいる。
正常なゆっくりなら感じる臭いを感じられず、ゆっくりの死骸は当然として、排泄物でさえも平気で食べてしまう。
群れでも迫害の対象となりやすく、足りないゆを生んだ親も迫害されやすいため、生まれた直後に親の手で潰されることも。
一方で、親ゆっくりが愚かな馬鹿親だった場合「てんしちゃん」として他の姉妹と共に育てようとするが、所詮はゆっくりなので、たいていロクでもないことになる。

欠点だらけのようだが、逆に言えば飼い主を腹立たせるようなことを言わない上に餌がほぼ不要で懐に優しいという利点でもあり、足りないゆを好んで飼う人もいる。
同族のゆっくりを同族と認識できないため、他のゆっくりと一緒に飼うと食い殺してしまうこともある危険な存在でもあるが、逆に言えば単独で飼ってもまったく問題ないという利点にもなっている。

なお、足りないゆの子供は必ず足りないゆになる設定を使う作者が多い。
理由は馬鹿の遺伝子を使った子供は馬鹿になるという、障碍者差別の為だ。

足りないゆとは別に未熟児(未熟ゆ)も存在するが、こちらは成長すれば正常なゆっくりになる事が多い。(同一のものとして扱われることもある。)
また、容姿の方に異常のある奇形ゆも存在するが、こちらは知性に異常が無い場合もある。(足りない状態を奇形の一種として扱っていることもある。)

少し違うが、健常なゆっくりであっても中枢餡に傷を受けたり精神が壊れたりすることで「足りない」状態になることもある。(「廃ゆ」などと呼ばれる。)

作中での扱い

基本的には、知性や言動に異常がある以外は割と善良(甘やかされてゲスになることはあるが)であり、人間にとってはかえって「ゆっくりした」存在として描写される事が多い。
場合によっては、ゆっくり視点では「理解できない≒異常」とされるような高い知性を発揮している事もある。
この辺りも創作物における人間の知的障害を持ったキャラクターと酷似している。

まとめ

よって、障碍者そのものというよりは、障碍者に対する偏見や特別扱いをゆ虐世界に投影して描写するための存在や、弱い者いじめの標的としての存在と言える。
ゆっくりというそのキャラクターが好きな人が多くいる中で虐厨と呼ばれる集団がそれを標的にしてあらゆる悪趣味の限りを尽くしたことがゆっくり虐待である。
そしてついにはゆっくりを人間の障碍児に見立てて、障碍者虐めを楽しむ為に作った非常に悪趣味かつ悪質な存在こそが足りないゆなのだ。

関連記事

親記事

虐待作品におけるゆっくりの種類一覧 ぎゃくたいさくひんにおけるゆっくりのしゅるいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「足りないゆ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「足りないゆ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3017253

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました