ピクシブ百科事典

苫米地茉莉

とまべちまり

「地獄先生ぬ~べ~NEO」の登場人物。
目次[非表示]

概要

「美樹姉を超えるイタズラ女王にわたしはなるわよ!」

北海道の小学校から童守小学校5年3組に転入した金髪な女子生徒。東京の私立中学を受けるために家族と離れて、親戚の叔母保護者となり居候して童守小に通うことになった。転入当初はおしとやかに思えたが、それは周囲を欺く為に猫を意図的に被っていて、その正体はイタズラ好きな自称「小悪魔」にしてトラブルメイカー。前の学校では正体がバレていて警戒され、童守小ではバレないように事を慎重に進めていたが、調子に乗りやすい自制が利かない性分が仇となり悪ノリしすぎて正体が早々にバレてしまった。

度重なるイタズラの件でぬ~べ~郷子が保護者を呼び出したが、やってきたのはなんとあの細川美樹である。茉莉は実は美樹の姪っ子で、美樹は茉莉の叔母さんで、童守町での居候先兼保護者でもあった。茉莉は美樹のことを美樹姉(みきねえ)と呼び、おばさんとは全然呼ばない(2人の歳の差は12年で、サザエ&カツオの差とほとんど変わらないため)。性格だけではなく、体躯(特にオッパイ)も小学生時代の美樹にそっくりな「Dカップ小学生」である。幼少の頃から「ぬ~べ~クラス」時の彼女の武勇伝を親戚の集まり等で聴くにつれて、彼女に次第に憧れ尊敬し、実は彼女に弟子入りしようとし、どこぞな海賊小僧みたいに「美樹姉を超えるイタズラ女王にわたしはなるわよ!」と豪語している。そのセリフ通りに例えイタズラが失敗しても、イタズラを懲りずに何度もけしかけたりする処は小学生時代の美樹以上に図太く逞しい性格をしている。ぬ~べ~と郷子からは茉莉を厳しく躾けるよう美樹に釘を刺すが、美樹は茉莉の度重なるイタズラを咎めるどころか、逆にイタズラ好きな茉莉を激励すると同時に、「フ~ン、大きくでたわね~……。まあ、やりすぎてミイラ取りがミイラにならないようにね!」と茉莉をやんわりと嗜める。

妖怪騒動の際イタズラしたにもかかわらず、妖怪から自分を守ってくれた北健斗に心惹かれるようになる。その一方で正義感が大変強く融通が利かない橘百合愛とは反りが全然合わずライバル視され、また茉莉も百合愛のことをクソ真面目な優等生としてライバル視しているが、妖怪に襲われた際や健斗絡みの時にはお互いに協力して共闘している。お金にも汚く、自分が教えたおまじないで衛がお金を拾ってその落とし主から礼金を貰った時には彼に分け前を要求した事もある。

また「わたしは楽しくイタズラできれば、友達なんて要らないわよ!」と嘯いているが、美樹と同様に情に厚い部分が意外にあり、鉄砲水にぬ~べ~たちが飲み込まれた際にはイタズラに使う予定だった道具で救助したり、子育て中のハクビシンが学校菜園で育てた野菜を盗んでいたと知った際は、犯してもいない罪を自ら被るだけではなく、彼らに野菜の差し入れもしたツンデレ屋で、「フン……!ちがうわよ、みんなが死んじゃったらイタズラする相手がいなくなるからよ(照)!」とワルぶっていても、決して悪者にはなりきれない処も、やはり叔母(美樹)譲りである。

ぬ~べ~クラスの新旧2大ヒロイン

「地獄先生ぬ~べ~NEO」では、茉莉は百合愛と同等な「ぬ~べ~クラス」の2大ヒロインとして君臨し、百合愛と茉莉の相棒関係無印時代の「ぬ~べ~クラス」の2大ヒロインだった郷子と美樹のソレを見事に彷彿させている。果たして性格が180°真逆な百合愛&茉莉は郷子&美樹を超える2大ヒロインに成り得るのか?2人の今後な活躍をあらゆる意味で是非期待したい。

郷子と美樹
美樹と響子


(「旧ぬ~べ~クラス」の2大ヒロインとして人気を博した郷子&美樹、その存在感大人になった現在でも健在。)

関連タグ

地獄先生ぬ~べ~ 地獄先生ぬ~べ~NEO 鵺野鳴介 稲葉郷子
細川美樹 橘百合愛 悪戯 小悪魔 あざとい ツンデレ
親戚 叔母 

コメント