ピクシブ百科事典

茨歌仙萃香

いばらかせんすいか

「茨歌仙萃香」とは、東方Projectに登場する伊吹萃香が書籍『東方茨歌仙』に登場した際の様子を描いた作品に用いられるタグである(左記メイン画像右の金髪の女性)。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する伊吹萃香が『東方茨歌仙』に登場した際の姿を描いた作品に用いられるタグ。萃香は同作八話冒頭の宴会シーンや第九話の「黒い霧」に関連したエピソードなどに登場した他、第二十話、第二十一話にも登場した。

第八話では満月の夜の博麗神社の宴会で射命丸文と呑み交わしている様子が描かれ、第九話では冬の訪れにあわせて「 木枯らしごっこ 」をしていた。ただしこの「 木枯らしごっこ 」についてはその実際の手口と同話におけるエピソードも絡んで博麗霊夢からはげんこつと鼻先をいじられながらのお説教を頂戴する事態となっている。

第十六話では華吹雪を纏って博麗神社屋根上に現れた。
星熊勇儀から茨木華扇の話を聞いたようで、華扇に接触しようとした模様であるが、華扇の何らかの意図を汲み、その場を立ち去っている。

しかし第二十話では「 変装 」した姿で博麗神社の酉の市に小さな呑み処を開店。
ここで華扇と接触し、酉の市にあわせて華扇に向けた「 熊手 」を用意した。
ここでも萃香なりに華扇の意図と目論見を想像しその行動を予想しているが、華扇においてはその想像とは異なるものであったようだ。

続く第二十一話では博麗神社でのとあるイベントに登場。霊夢からそのイベントに合った配役でのイベント参加を依頼されていた。
しかしイベント内容そのものが変更され、萃香が登場する役割が不要のものとなった。一方萃香にはその通知が無かったようで、萃香は元々のイベントのつもりで本番に登壇しその役柄を存分に発揮したが、その振舞いと変更後のイベント内容との不整合からイベントに訪れていた人々に違和感を振りまくこととなってしまった。萃香がイベント内容の変更を知ったのはこの登場及び口上を切り、人々の反応に違和感を感じた後である。

萃香はこのイベントでの役割を楽しみにしていた様子で、イベント内容の変更にともなってその役割も不要とわかり、人目も憚らず大泣きすることとなった。

しかしその後狼狽する萃香の様子を見たとある人物が物陰からフォローしたことで人々が新しい対処を見出し、それに伴って萃香の役割が再設定された。萃香も人々のその様に表情を晴れやかなものにし、以後全力でイベントを愉しんだようである。

容姿

第八話から第十六話にかけては『東方萃夢想』で初登場した際の衣装とほぼ同様のものであるが、第二十話に登場した際には全く異なる衣装を披露した。
『萃夢想』などでの装いについては「伊吹萃香」記事の「容姿」項目を参照。

  • 第二十話登場時

変装萃香


髪は後ろ髪をアップにまとめ、「 1つのお団子 」にしている。また丸眼鏡様のサングラスをもっており、サングラスは実際に掛けたり角にひっかけたりしている。
なお、『東方茨歌仙』第四巻における設定資料によれば、前髪には別案もあった。

服装としては、胸元にさらしをまき、半袖浴衣のような一枚羽織りを着ている。
設定資料ではそのコンセプトについて「 じんべえのようなゆかたのような…? 」との記載がみられる。この羽織の下半身部分は膝上ほどまでのキュロットのようなものになっている。
腰に大きなベルトをつけており、その正面には大きな鎖が掛けられ、その鎖はそれぞれの両手首のリングに繋がっている。リングは大きめのフリル様に広がった布のようなものの上に装着している。この布は萃香が普段着用しているものと同種のもののようである。一方で普段装着している分銅は描かれていない。

この他高下駄のような履き物を履いているが、本編中には登場しない他、萃香が常時携帯している伊吹瓢は登場時は店内においてある様子でこちらも第二十話には登場しない。

なお、まるで夏の縁日の露天商ような装いであるが、この時期の暦は霜月である。
一部を除いたキャラクターたちがマフラーや手袋といった防寒の装いをしている中、上記のように萃香は襟元が開き腕や足の露出のある非常に涼しげな格好をしているのである。
萃香は同話中では店外での様子が描かれることは無いためこの衣装は店内仕様とも思えるものであるが、小さな屋台風の店先に防寒設備や強力な暖房器具がある様子でもないため、単に萃香の強靭な体力が大気の寒さに勝っていることによるものなのかもしれない。あるいは常時嗜んでいるお酒の力なのだろうか。

いずれにせよ、さすがは

なお、本人はこの変装に自信があった様子であるが、その立派な角をはじめあまりにも「 見ての通り 」(霊夢)であることは言うまでもない。

  • 第二十一話登場時
霊夢に依頼されたイベントの役割に適した格好をしてきた、とのことであるがその実普段の衣装とほぼ変わらない。しかし「普段の衣装である事」がそのまま役柄の衣装といえるものである。
霊夢は「本物」にその役柄を依頼したのである。

衣装のアレンジと茨歌仙萃香

東方Projectの作品では、その新作において以前の作品で登場したキャラクターが再登場する際には初登場した際の衣装とは異なる様々な衣装を着た様子が描かれることもあり、その傾向は書籍作品でより顕著である。
『茨歌仙』においても再登場したキャラクターたちの多くが初登場時とは異なる衣装を披露している。

しかし萃香は第十六話までは『東方萃夢想』で初登場した際の衣装とほぼ同様のものであり、アレンジが加えられることの多い同作においては珍しい例のひとつであった。このことは単行本第二巻における作者(あずまあや)によるあとがきにおいても言及されている。

そして先述のようにその後の第二十話にて「 変装 」という趣旨ではあるが本作独自の装いによって登場し、萃香もまた新たな衣装によって描かれたのである。

Pixivでは

pixivにおける「茨歌仙萃香」は、2015年1月現在上記の第二十話に登場した際の装いや第二十一話に登場した際の萃香を描いた作品に用いられている。また、萃香が『茨歌仙』に新たな装いで登場することがあれば、「茨歌仙萃香」はさらなる広がりを見せる事ともなり得るものである。

関連タグ

東方Project 東方茨歌仙
伊吹萃香

pixivに投稿された作品 pixivで「茨歌仙萃香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23403

コメント