ピクシブ百科事典

華頂博信

かちょうひろのぶ

華頂博信とは日本の旧皇族、華族、海軍軍人。
目次[非表示]

概要

伏見宮博恭王経子妃の第三王子、爵位は侯爵海軍の階級は大佐。

経歴

明治38年(1905年)に誕生、大正14年(1925年)に海軍兵学校を卒業した。大正15年(1926年)に臣籍降下して華頂家を創始し侯爵に叙爵され華頂宮の祭祀を継承。昭和10年(1935年)に貴族院議員。海軍軍人として軽巡洋艦愛宕の分隊長や海軍大学校の教官に就任した。昭和20年(1945年)に大佐。昭和22年(1947年)に華族制度廃止。昭和45年(1970年)に死去。

系譜

妻は華子女王(閑院宮載仁親王の王女)後に離婚して早川須美子と再婚した。華子との離婚の原因は戸田豊太郎と私通だった。

関連タグ

旧皇族 華頂宮 侯爵 海軍

関連記事

親記事

伏見宮博恭王 ふしみのみやひろやすおう

兄弟記事

コメント