ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

伏見宮邦家親王の第十二王子、博経親王が創始。宮号は知恩院のある山華頂山が由来。

華頂宮博経親王

伏見宮邦家親王の第十二王子として生まれ、孝明天皇の猶子となり親王宣下をして、知恩院で落飾し、尊秀入道親王と称した。その後還俗し、華頂宮を創始した。明治維新後にアメリカアナポリス海軍兵学校に留学した。その後帰国した。帰国後は海軍少将に任命されたが。26歳で薨去した。

華頂宮博厚親王

博経親王の第一王子として生まれたが、当時の皇族範囲や賜性皇族の方針を定めてたが、その後明治天皇の猶子になったことで、華頂宮を相続したが、8歳で薨去した。

華頂宮博恭王

伏見宮貞愛親王の第一王子として生まれ、庶子のため。華頂宮を相続した。ところが弟の邦芳王が病死したことで、伏見宮に復帰し、宮家を相続した。その後70歳で薨去した。

華頂宮博忠王

博恭王が伏見宮に復帰し、博義王が伏見宮の後継だったことで博忠王が華頂宮を相続した。その後海軍兵学校を卒業し海軍中尉に昇進したが、大正13年に薨去した。王には王子がいなかったことで華頂宮は断絶した。

外部リンク

華頂宮 - Wikipedia

関連タグ

皇族 伏見宮 知恩院

関連記事

親記事

宮家 みやけ

兄弟記事

コメント