ピクシブ百科事典

博義王

ひろよしおう

博義王とは明治時代から昭和時代の皇族、海軍軍人。
目次[非表示]

概要

伏見家博恭王の第一王子、伏見宮博義王とも通称されるが、伏見宮は継承していない。海軍の階級は海軍大佐。

プロフィール

続柄伏見宮博恭王の第一王子
称号
敬称殿下
出生1897年12月8日
死去1938年10月19日
配偶者一条朝子
子女光子女王博明王令子女王章子女王
父親伏見宮博恭王
母親博恭王妃経子徳川慶喜公爵の九女)
役職海軍大佐


経歴

明治30年(1897年)に博恭王と経子妃の第一王子として誕生、東京府立第四中等学校を卒業し、海軍兵学校に入学、大正6年(1917年)に卒業し、海軍将校になる。翌年の大正7年(1918年)に戦艦扶桑の乗組、大正13年(1924年)に峯風型駆逐艦島風の水雷長。大正15年(1926年)の1月に装甲巡洋艦出雲分隊長、翌年に軽巡洋艦那珂の水雷長、同年に美保関事件が発生し博義王は第五戦隊司令部附となった。昭和3年(1928年)に海軍少佐、駆逐艦樺の艦長、昭和7年(1932年)に沖風艦長、その後天霧の艦長、昭和8年(1933年)に軍大学校選科学生、同年海軍中佐、昭和10年(1935年)に敷設艦厳島の艦長。
昭和11年(1936年)に第3駆逐隊司令、昭和12年(1937年)に第二次上海事変に出征。同年に第6駆逐隊司令に補職。揚子江方面へ行動中に病気療養ため昭和13年(1938年)に帰国。同年に持病によって薨去。死後海軍大佐に昇進。

外部リンク

博義王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 伏見宮 海軍

関連記事

親記事

伏見宮博恭王 ふしみのみやひろやすおう

コメント