ピクシブ百科事典

伏見博英

ふしみひろひで

伏見博英とは日本の皇族、華族、海軍軍人。
目次[非表示]

概要

伏見宮博恭王の第四王子、母は徳川経子。皇族時代は博英王

プロフィール

身位王→臣籍降下
敬称殿下→臣籍降下
出生1912年10月4日
死去1943年8月21日
配偶者柳沢豊子(前妻)、黒田定子(後妻)
子女伏見博孝(養子)
父親伏見宮博恭王
母親徳川経子徳川慶喜の九女)


経歴

大正元年(1912年)博恭王と経子妃の第四王子として誕生しその後海軍兵学校に入り、海軍軍人となる。昭和11年(1936年)に臣籍降下をし、昭和天皇から伏見の姓を賜られ伯爵に叙爵。第3連合通信隊司令部に所属する、昭和18年(1943年)にセレベス島の南部ボネ湾で乗機が撃墜されて戦死した。死後海軍少佐に昇進した。

家族

父:伏見宮博恭王
母:徳川経子徳川慶喜の九女)
妻:柳沢豊子(伯爵柳沢保承の三女)
女子:伏見元子(堂本泰三夫人)
女子:伏見和子(法名は誓寬で得浄明院の住職)
女子:伏見順子
妻:黒田定子(男爵黒田長和の長女)
女子:伏見佳子(伏見和夫夫人)
養子:伏見博孝(兄博信の次男)

外部リンク

伏見博英 - Wikipedia

関連タグ

旧皇族 伏見宮 伯爵 海軍

関連記事

親記事

伏見宮博恭王 ふしみのみやひろやすおう

兄弟記事

コメント