ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

伏見宮邦家親王の第八王子、小松宮彰仁親王が創始。

小松宮彰仁親王

邦家親王の第八王子として生まれ、その後仁和寺の門跡となり仁孝天皇の猶子となる。1867年(慶応2年)に還俗し王政復古の時に議定、軍事総裁として戊辰戦争に参加、明治7年(1874年)に佐賀の乱を征討した。その後明治10年(1877年)に西南戦争を征討し、明治15年(1882年)に宮号を小松宮に改称した。その後ヨーロッパの君主国みたいに軍務に奨励した。明治20年(1887年)に陸軍大将、日清戦争に出征した。明治31年(1898年)に元帥。

外部リンク

小松宮 - Wikipedia

関連タグ

宮家 皇族 仁和寺

関連記事

親記事

宮家 みやけ

兄弟記事

コメント