ピクシブ百科事典

蚊取り豚

かとりぶた

蚊取り豚とは蚊取り線香で使われる陶製の器である。
目次[非表示]

概要

底の抜けた大きな湯のみを横にしてに似た形をしたような蚊取り線香用の器。

夏の風物詩としてのアイテムでも有名。「蚊遣豚」ともいう。

現在では萬古焼で作られる事が多い。

蚊取り豚のルーツ

この蚊取り豚はいつ頃生まれたのかは説が二つある。

常滑焼土管説

一つ目は、愛知県の常滑焼 (とこなめやき) の職人に伝わる話。

昔、養豚業者が豚に蚊が止まるのに困って、土管の中に蚊取り線香をいれて使っていたそう。常滑市は、明治から昭和時代にかけて土管の生産量で日本一を誇った地域。身近なものを活用していたらしい。

しかし、土管は口が広すぎて煙が散ってしまうので、口をすぼめてみたら、なんだか豚の姿に似てきた。そこで地域の焼き物である常滑焼で作り、お土産として販売したところ、昭和20年代から30年代にかけて爆発的に人気が出て、全国に広まったという説。

今戸焼説

もう一つの説は江戸時代に遡り、新宿区内藤町の江戸時代後期の遺跡から蚊取り豚らしきものが発掘されている。現在のものより長細く、イノシシのような形だったという。当時は、枯葉やおがくずなどを燻した煙で蚊を追い払っていたので、入れ物は大きめの徳利のようなものを使っていたと考えられ、徳利を横にして「豚に似ている」と思いついたのではないかとされている。

この蚊取り豚は、今戸焼 (いまどやき) という東京の焼き物でできていた。浅草の土産物として売られる土人形と同じ素材のため、蚊取り豚も土人形と同じように焼かれて、土産物として全国に広まったのでは?とも考えられている。

関連イラスト

暑中お見舞い申し上げます
来夏


蚊取り豚
夏連想もの



焼き払え!


!?

関連タグ

蚊取り線香 陶器

関連記事

親記事

蚊取り線香 かとりせんこう

pixivに投稿された作品 pixivで「蚊取り豚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 992

コメント