ピクシブ百科事典

概要

鉄道は当初鉱山内の運搬や貨物輸送を主眼としていたように、実用的な目的で作られていた。
しかし、次第に観光地への輸送を目的として建設されるようになる。
例えば阪急嵐山線は嵐山観光を意図して作られた路線である。
こうした鉄道を観光鉄道と呼ぶ。

更には鉄道そのものが観光対象となる例も出てきた。
海の景色をうりにした伊豆急行や箱根の景色が楽しめる箱根ロープウェイなど。
サンフランシスコのケーブルカーのように元は実用的な市内輸送を目的に作られても長年旧型車を使い続けた結果、観光対象となる事例もある。

また路線自体は実用性を重視していても、特定の列車は観光性が強いという例もある。
例:SLやまぐち号ななつ星
車両自体に観光性をもたせたケースもある。
例:ひえい(叡山電鉄)、パノラマDX

逆に観光目的で建設・車両製造されても後々通勤輸送などに変化するケースもある。
例えば東急こどもの国線はこどもの国への観光輸送を意図して作られた(車両も観光向けに特別塗装していた)が、沿線開発により通勤輸送もできるように車両の新製や途中駅の設置が行われた。
小田急特急(ロマンスカー)も観光目的だったのが通勤輸送にも転用されるようになった(30000形のように通勤輸送を意図した車両も増備されている)。

遊園地のアトラクション鉄道のように鉄道・軌道としての免許・特許はなく遊戯施設として営業しているケースも存在する。

社名としては観光地を走る鉄道につけられることが多いほか、
ケーブルカーやロープウェーなどを運営する子会社名にされるケースもある。

古びていたり、窓などのメンテがぞんざいで観光気分を削ぐ例もある。
もっとも、古すぎるとヴィンテージ感や廃墟感があって観光名所になる事例もあるようだ。

関連項目

観光
ジョイフルトレイン
ケーブルカー
ロープウェイ
リフト
痛電車

関連記事

親記事

鉄道 てつどう

兄弟記事

コメント