ピクシブ百科事典

越谷卓

こしがやすぐる

『のんのんびより』の登場人物。喋らない兄
目次[非表示]

概要

越谷卓とは、漫画『のんのんびより』に登場する、旭丘分校に通う中学3年生。
校内では最年長かつ唯一の男子生徒であり、越谷家長男。小鞠夏海の兄。

プロフィール

学年中学3年生
誕生日4月11日
血液型不明
身長171㎝
アニメにおける声優???


人物像

黒髪の眼鏡男子でおたく少年。
とても存在感が薄く、滅多に出てこない(妹達とも基本的に別行動で、登下校も一緒にしない)。無口無表情でセリフがほぼ無く、「ウン」としか言わない(吹き出しは使われない)。どんなにヒドイことを言われても反論せず、やっぱり「ウン」としか言わない。また誰からも名前で呼ばれず、担任教師である一穂ですら「兄ちゃん」呼ばわりする(アニメでは1度だけ蛍の独白で「卓先輩」と呼ばれたことがある)。他のキャラとの絡みも妹2人以外は極端に少なく、クラスメイトの蛍とれんげとの絡みも片手で数えられる程度しかない。
キャラ紹介からしてとても目立たない部分(カバー裏表紙の折り返し部、しかもオビ付きだと隠れて見えない部分)に配置されている。本編でも一番損な役回りの時に限って現れ、予定調和のごとく何らかの災難を受け、みんなに呆れられたり無視されたところで出番は終わりなのでさっさと画面外に追いやられる。逆に騒動の外で安全ポジションを確保している事もある。意外と身体能力が高く、母の雪子から俊足で逃げたり、4人と一緒にうどんを食べていた中一人だけ素早く汽車の席についてたりしている。
一風変わった特技を多く持っているが、それが役に立つことはほとんどない。

単行本オビで「ゆるゆり」の赤座あかりに「他人とは思えない人が…」、「じょしらく」の蕪羅亭魔梨威に「たまには兄ちゃんのことも思い出してあげてください」などといじられたことがある。アニメ公式ホームページでは中の人が伏せられているだけでなく、インタビュー時撮影の写真は「靴だけ」、そしてインターネットラジオでは「ヘッドセットも着けてスタンバイしているのに一切喋らない」というお兄ちゃんイジメが徹底されている。

アニメでは一言も喋ってなく(原作とは違い文字通りウンともスンとも声を出さない)、公式サイトでもCVが「???」となっている。結局元から中の人が存在していたのか一応いたけどノンクレジットでひそかに出演していたのかは謎のままである(ちなみに のんのんだより りぴーと!なのん において、「お兄ちゃんの胸元に笹が刺さっている」「時代の最先端を行く薄型ボディ」「コンパクトになった」と言われている。発言の信憑性はどうにせよ、本当になんなのだろうか)。

そんな不遇な兄ちゃんだがアニメ『リピート』放映直前の人気投票では宮内一穂宮内ひかげを下して7位と健闘した。

関連タグ

のんのんびより
宮内れんげ 一条蛍 越谷夏海 越谷小鞠 宮内一穂
越谷兄妹

そっくりさん

音無伊御-『あっちこっち』。アンダーリムの眼鏡に超人的な能力、そして高速ペン回し。

pixivに投稿された作品 pixivで「越谷卓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362791

コメント