ピクシブ百科事典

概要

第二次世界大戦時、最新鋭の水雷戦隊旗艦用の軽巡洋艦であった阿賀野型の一番艦。
だが既に海上の主力は水雷戦隊を含む水上艦ではなく航空機に移り変わっており、その真価を発揮する機会は殆どなかった。
姉妹艦は、能代矢矧酒匂

艦名は、新潟県福島県を流れる阿賀野川にちなんで命名された。

・1940年6月18日、佐世保工廠で起工。1941年10月22日進水。1942年10月31日竣工。

・同年12月、トラック諸島に入港。第10戦隊の旗艦となる。

・1943年11月1日、ブーゲンビル島沖海戦に参加。米艦上機と敵潜スキャンプの雷撃を受け航行不能(この後また別の潜水艦に狙われるも、護衛の爆雷攻撃で難を逃れる)。姉妹艦の「能代」に曳航されトラックへ向かう。また、この損傷で第10戦隊旗艦の任を解かれる。

・1944年2月16日、本修理の為本土回航中にトラック諸島北方沖にて米潜水艦スケートの魚雷2本を受け炎上し、日を跨いだ深夜に、着任した姉妹艦「矢矧」と入れ替わるように沈没。ちなみに沈没前の航行不能時に出した救援要請を受けて、軽巡「那珂」がトラック島から駆け付けたが間に合わずトラックに引き返している。その途中で那珂はトラック島大空襲に遇い、戦没した。

関連項目

大日本帝国海軍 軽巡洋艦
阿賀野型

pixivに投稿された作品 pixivで「阿賀野(軽巡洋艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107

コメント