ピクシブ百科事典

霍去病

かくきょへい

中国、前漢の武将。将軍。叔父は同じく勇将で知られた衛青。
目次[非表示]

生涯

前漢の武将・衛青の姉の子供として生まれる。伯母・衛子夫が皇后に立てられたため、親族である霍去病も武帝の目に止まり、次第に武帝の寵愛を受けることとなった。

18歳から衛青に従って匈奴征伐に赴き、衛青共々討伐において活躍していき、とうとう匈奴の本拠地を撃破するほどの功績を挙げたのであった。それら目覚ましい功績から紀元前121年に驃騎将軍に、紀元前119年には大司馬になるなど、凄まじい速さで出世していった。ただ、本人の実力もさることながらそれ以上に武帝の寵愛の影響も強く、懐疑的な意見もある。

そして、霍去病はその将来を有望されていたが、わずか24歳で病により死去した。

人物評

武に長けており、特に騎射に優れた人物であった。積極的で勇猛な性格であったが、一族が外戚で武帝の寵愛を受けるなどの環境から傲慢な性格だったとも伝わっている。その一端を表すエピソードとして自軍の兵士達が飢えている中、豪華な幕舎で宴会を開くことをしていた。
しかし、その傲慢さが好意的に映ったようで、衛青よりも宮廷や兵士たちからの人気は高かった。

関連タグ

武将 衛青
中国史 前漢

pixivに投稿された作品 pixivで「霍去病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113

コメント