ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. スキンシップなどで頬を撫でること。
  2. 山梨県などに伝わる人の頬を撫でるという妖怪。

妖怪ホオナデ

山梨県の道志村々史編纂資料蒐集委員会の一員・伊藤堅吉の著した『道志七里』で紹介された妖怪。

南都留郡では暗い小道を歩いていると、青白い手が暗闇から現れて頬を撫でるといわれていた。

また東京都の西多摩郡檜原村に伝わる話では、天保年間に剣道が得意な兄弟がホオナデが出るという道を歩いていたところ、先に通った弟の頬が撫でられた。
次に兄が先に通るとやはり撫でてきたので、刀で切り付けると茅の穂が2つに切れており血が流れ出したという。

この妖怪はツイッターの伝承妖怪お題絵において、平成26年11月のお題として出され、妖怪絵師によって新たな姿が与えられた。


創作での扱い

少女の頬を撫でる茅の穂が、手のひらに化けている妖怪画が描かれている。

珠洲に登場する固定敵である寄り神の一種として登場。

関連イラスト

【伝承妖怪お題絵】頬撫で:ホオナデ【二〇一四:十一月】



関連タグ

妖怪 すねこすり ほおなで ススキ

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「頬撫で」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「頬撫で」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4806

コメント