ピクシブ百科事典

飛田猫丸

とだねこまる

飛田猫丸とは コミック作品「爆球連発!!スーパービーダマン」に登場するキャラである。(メイン画像右の腕組みをしている少年)
目次[非表示]

概要

小学三年生、9歳の少年。相棒に猫のミミを連れて歩いている。

年相応に甘えん坊でわがままな性格を持ち、や津印ような強面相手には弱腰になりへこへこして逃げ出そうとしたりする。また犬が苦手で、本編終盤に登場した訓練用の犬型ロボット『ガルム』にバトルの訓練を誘われた際には逃げ出していた。
小柄故に身のこなしが良く、足がとても早いという大きな強みを持っているのだが、ビーダーとしての技術力は作中最低クラス(特に命中率が悪い)でそれらを活かせていない。しかし何故か根拠がない自信に満ち溢れている。
玉悟をライバルとして見ているが、【玉悟とバトルして敗北してから】と言うが、当の玉悟本人は【バトルをした覚えがない】らしい。

相棒はボンバーマンタイプのビーダマン。



引き寄せた奇跡


チームガッツの追加メンバー募集大会にて、遠距離から当てずっぽうにショットを撃って(前方には人だかりができていたため、放物線をえがくようにショットを撃っていた)
ターゲットであるシャドウボムにHITさせて、追加メンバーに選出された。
(この時審判を担当していたサラーは、当てた人間を調べた時 驚きのあまり顔が青ざめていた)

更に、Dr.タマノから新型PIビーダマン「ハンティングリンクス」を授かり射撃能力が向上した。

・・・といっても、経験がまだ蓄積されていないため札月兄弟を相手にするのが精いっぱいだった


足手まとい?それとも……


TOPビーダー選手権編では、前述のとおりハンティングリンクスを手に入れたネコ丸はチームガッツの5人目のメンバーとして大会に出場する。
しかし4が全日本ビーダー選手権での本戦出場者達で実戦経験が豊富なのに対して、ネコ丸は実戦には慣れておらず、大規模な大会には初参加なのもあって決勝戦までの間にチームメンバーの指示通りに動くことができず、チームガッツの足を何度か引っ張ってしまう。
そして更に残念なことに、いかにハンティングリンクスを手に入れたと言っても、ネコ丸自身は、パワーショットのタマゴ、連射と狙い撃ちのガンマ、変化球のサラー、連射と早撃ちのビリーと言ったようにビーダーとしての強みを持っていないため、チームガッツのメンバーで唯一攻撃面で活躍したことが一度もないという残念な戦歴になってしまう。
だがネコ丸は

  • 一回戦では、対戦チームの海人の奇策である『船の体当たり』で自分以外のチームガッツのメンバーが船から投げ出される中、猫丸は投げ出されることなく船から海人のショットを防ぎ、勝利の決まり手であるタマゴの水中からのキャノンショットに繋げる
  • 二回戦では、猫丸自身が相手チームに囲まれ恐怖で動けなくなったのが原因でタマゴのリタイアを招いてしまうも、ふっきれて相手チームの弾幕を最大の強みである逃げ足の速さで全て完全回避し、相手チームの包囲を突破して完全に逃げ切り、チームガッツ敗北の危機を脱することに成功する
  • 同じく二回戦にて、タマゴがバトルで使用している未完成で不完全な状態のコンバットフェニックスをガンマから受け取った強化パーツを使って組み立てて無防備になっている間、撃ち続けて相手チームを足止めして時間を稼ぎ、二回戦勝利のカギとなる完全版となったコンバットフェニックスパーフェクトモードの完成に繋げる
といったように守備面では色々と活躍しており、チームガッツの勝利に貢献している。


アニメーション版では

渡辺久美子氏が演じている。

ほとんどポジションは変わらないが、サラーに戦士としての誇りを蘇らせるという大活躍をみせる
また、話の終わりには今日の一言のような感じでビーダーとしての心得を視聴者に教えるという役目を担っていた。

関連タグ

ビーダマン
タマゴ:ネコ丸にとっての永遠のライバルなのだが、戦歴は全戦全敗でネコ丸の負け越しとなっている。
ハンティングリンクス:ネコ丸の使用するビーダマン。だがネコ丸が向上心がなかったためか、4と違って後継機とも言えるビーダマンが登場することはなくネコ丸の唯一の専用ビーダマンとなった。
チームガッツ:ネコ丸が所属するチーム。初期メンバーではないため、ビリーと同様に、特別バトルに勝利して追加メンバーとして加入する。
J:同じ中の人が演じたキャラ。爆走兄弟レッツ&ゴー!!に登場するミニ四レーサー。

関連記事

親記事

チームガッツ ちーむがっつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飛田猫丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4798

コメント