ピクシブ百科事典

黄家

こうけ

封神演義に登場する一族。

もともと、に仕える武門の名家一族だったが、紂王の堕落による不満がたまっていたところへ、
妲己の策略により、現当主で殷の最高軍事責任者であった鎮国武成王・黄飛虎の妻賈氏と妹黄氏が自殺に追いこまれるという事件が発生。
それをきっかけに黄飛虎は造反。一族郎党全員で殷を脱出、へ帰順した。

作中に登場する一族の構成は以下の通り。

黄一族本家

黄滾(祖父、臨潼関太守)
黄飛虎(父、現当主、武成王。仙人骨を持つ天然道士)
賈氏(母)
黄飛彪(飛虎の弟)
黄飛豹(飛虎の弟)
黄氏(飛虎の妹、紂王の第二王妃)
黄天禄(飛虎の長男)
黄天化(飛虎の次男。仙人界に招かれ道士に)
黄天爵(飛虎の三男)
黄天祥(飛虎の四男。仙人骨を持つ天然道士)

四大金剛(黄飛虎の義弟。黄家の旗本)

黄明
周紀
竜環
呉謙

しかし殷周易姓革命の戦いの中で犠牲も生じ、
藤崎竜のジャンプ漫画版では飛虎、天化が戦死。
原典小説版に至っては、黄滾と天爵を残し、それ以外の一族全員が封神台に送られることとなった。

pixivに投稿された作品 pixivで「黄家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16595

コメント