ピクシブ百科事典

周公旦

しゅうこうたん

姫旦(きたん)。中国の周王朝最初の王・武王の弟。
目次[非表示]

史実

本名は姫旦(きたん)
姫昌文王)の息子で、姫発
西岐で最高の政治家と言われ、民からは敬意を込めて周公旦と呼ばれている。
姫発が滅亡させ、武王として即位したのちには魯公(今で言えば都道府県知事のようなもの)に任ぜられたが、武王の早逝によりの召公と共に幼い王・成王(武王の息子)の摂政となる。成王成人後は、後に中国有数の大都市となる洛陽を作り、その長となって生涯を終えた。
夢占いの開祖とされており、孔子の尊敬する人物としても有名。

藤崎竜封神演義での周公旦

冷静沈着で生真面目な性格。太公望との初対面の時点では10代の青年。少々老け顔。
趣味としてを多頭飼っている。よくハリセンで太公望にツッコむ。

関連項目

太公望姜子牙

pixivに投稿された作品 pixivで「周公旦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 739

コメント