ピクシブ百科事典

黄色の過程‐キトリニクス

きいろのかていきとりにくす

遊戯王デュエルモンスターズGXにおいてアムナエルが使用したカードの一つ。遊戯王OCGにおいてはカード化されていない。他の「~の過程」カードは錬金術において「マグヌム・オプス(Magnum opus:ラテン語で「大いなる業」の意)」と称される賢者の石創造の三段階の過程の各段階に対応しているのに対し、「キトリニクス」に対応する過程はないが、「恒星の寿命が近付くにつれ光の色が白から黄色、赤へと変化していく」活動を「白化(アルベド)」と「赤化(ルベド)」の中間過程に見立てていると思われる。

カードとしての能力

通常魔法
原始太陽ヘリオス」を生け贄に捧げ、デッキ手札より「ヘリオス・デュオ・メギストス」1体を特殊召喚する。

関連タグ

黒の過程‐ニグレド
白の過程‐アルベド
黄色の過程‐キトリニクス
赤色化‐ルベド

遊戯王GX 遊戯王デュエルモンスターズGX
アムナエル
恒星 主系列星
錬金術

pixivに投稿された作品 pixivで「黄色の過程‐キトリニクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント