ピクシブ百科事典

BugFables

ばぐふぇいぶるず

BugFablesとはパナマ生まれのRPG。副題は「~ムシたちとえいえんの若木~」。
目次[非表示]

概要

虫たちが擬人化された世界観をもつアドベンチャーRPG。
パナマのゲームメーカーであるMoonsprout Gamesのもとで開発され、Dangen Entertainmentから発売された。
Steam/windowsにて2019年11月21日に発売され、
switch、PS4、XBOX Oneでのコンシューマ版も2020年5月28日に発売された。
価格はsteam版が2050円、switchとPS4が2750円、Xbox版が2900円。

海外製の作品だがもともと日本語に対応している。
英語・スペイン/ラテンアメリカ語にも対応。
プレイ時間は寄り道しなければ10~20時間ほどで、
すべてのクエストを達成しようとすれば数十時間は軽く超えてしまうボリュームである。

小さな大冒険

【BugFables】ついったーまとめ①


アリやミツバチなど多様な虫たちが暮らすバグアリア大陸。
ここでカブトムシのカブ、ミツバチのヴィー、ガのリーフら主人公たちは
無限の生命をもたらすという「えいえんの若木」をめぐる冒険に挑むというストーリー。

絵柄はシンプルでかわいらしいものだが、
ストーリーに関わるキャラはもちろんのこと
敵キャラと兵隊以外のモブキャラもひとりひとり別に作成する(つまり同じ顔をした住民がいない)、
設定ボタンで聞けるチームの会話をすべての場所と固有キャラごとに作成してあるなど、
徹底的に作りこまれた世界観とテキストが特徴。

登場する虫は主だったものでアリ、ハチ、カブトムシ、カマキリ、テントウムシのほか
マイナーなものまで幅広い。虫好きのひとならより楽しめるだろう。
ゲームバランスも絶妙であり、特にハードモードでの難易度設定は
硬派なゲーマーもうならせるほど芸術点が高い。

ペパマリライク

往年の任天堂ユーザーの方ならPVを見てこの作品がペーパーマリオシリーズに
大きな影響を受けていることにすぐ気づくだろう。
しかしシステムと雰囲気はペパマリオマージュでかなり寄せてあるものの、
ストーリーとキャラクターは独自性が強く、まったく別の作品である。
むしろペーパーマリオを記憶を消して最初から遊びたいというような
思いを持つ方にもおすすめできる作品である。


メインキャラクター

カブ(Kabbu)

バグフェイブルまとめ


緑色のカブトムシ。
真面目なしっかり者。チームのまとめ役。
ツノで障害物を壊したり、敵を攻撃したり出来る。

ヴィー(Vi)

Viちゃん


ミツバチの少女。
生意気でお金にうるさいが有能。ムードメーカー。
ブーメランならぬ「ビーメラン」が武器。

リーフ(Leif)

バグフェ


蛾の青年。
謎多き魔法使い。割と辛辣なツッコミ役。
氷の魔法で物や敵を凍らせることができる。

trailer



関連イラスト

BugFablesツイログ
バグフェのまとめ



関連タグ

ゲーム RPG
バグフェイブルズ(表記ゆれ)

外部リンク

Dangen Entertainment
steam|Bug Fables: The Everlasting Sapling
Nintendo Switch|Bug Fables~ムシたちとえいえんの若木~
PS4|Bug Fables
Xbox One|Bug Fables

関連記事

親記事

インディーゲーム いんでぃーげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「BugFables」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87695

コメント