ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

KADOKAWAの漫画雑誌「ヤングエース」に2009年から2017年にかけて掲載された。単行本は全9巻。

「ヤングエース」が「少年エース」の月1増刊枠だった頃から(それも第1号から)連載されたが、作者が「少年エース」にも連載を抱えていることもあってか、途中から隔月連載に切り替わった。

あらゆる面で幼稚な高校生・島津朔邪の「お守り」のバイトをすることになったのはよかったが、それが元で、朔邪の妖魔退治、さらには島津家のお家争いに巻き込まれることになってしまった少年・浅野真一郎の姿を、かなりどキツいお色気を交えて描く。

登場人物


※ネタバレがありますのでご注意ください。

ヨーロッパに放浪の旅に出てしまった両親(ちなみに夫婦で手品師をしている)のせいで赤貧洗うが如き生活を余儀なくされていた所、担任教師の相馬撫子に「いいアルバイトあるよ」と言われ、島津朔邪の「お守り」をすることになったが、朔邪の精神年齢の極端な低さと、やたら妖魔に襲われる環境、さらには島津家の後継者争いに悩まされてしまう。だがその一方で、自身に隠された、それはそれは恐ろしい「才能」が覚醒し、それによって自身や朔邪達を救うことになっていく。
島津家37代目の当主だが、あくまでも「」当主。従妹の須世璃と激しい世継ぎ争いを繰り広げているが、須世璃の方が支持者が多く、不利な状況下にあり、心理的に追い詰められている。弓を使って妖魔を退治する。表向きは清楚でりりしい高校生だが、あくまでも猫をかぶった状態であり、実は様々な面でお子ちゃま。さらにキレやすい。ただし、母・伽邪が、敵対する西洋魔術師の一族の男性と結婚してしまったことで一族から袋叩きにあってしまった上、その両親が小学生の時に行方不明になってしまったことで抱いてしまった一族に対する恨みから、ああいう屈折した人格になってしまった感は否定出来ない。
朔邪の従妹で次期当主候補。寡黙の少女で生粋のお嬢様育ちと言う事もあってか一般常識が欠けている所もある。鎌鼬とかいうイタチと管狐とかいうキツネをペットとして飼っており、特に鎌鼬は妖魔退治にも使っている。朔邪と比べて豊満な体型の持ち主で、それを悪用して真一郎に迫る事もある。隙あらば朔邪の寝首をかっ切ろうとしているが、これは、自分の母が、朔邪の母・伽邪に当主の座を奪われた上、よりによって伽邪が、敵対する西洋魔術師の一族の男性と結婚してしまったため。しかもその母の、傍目から言えば理不尽かつ洗脳としか言いようのないスパルタ教育のせいで、自己を押し殺すことを余儀なくされていた。後に真一郎を襲った母親に対し「てめえなんざワシのオカンじゃねぇ!!」(要約)と見捨て、ある意味リベンジを果たした。
真一郎が通う高校の教師で、彼の担任教師。だがこれは表向きの顔であり、これとは別の「本職」がある。真一郎を島津家の当主争いに巻き込んでしまった「張本人」。
須世璃の付き人で家事全般をこなす。治療系の符術を使う。
真一郎にくっついて回る猫耳少女。それもそのはず、その正体は化け猫。真一郎に対し、朔邪に殺されかけた所を助けてもらった恩義がある。
島津家を恨む少女型人造人間。妖魔を操って執拗に朔邪達を襲いかかる。
常に仮面を付けている男。イスカとコンビを組んでいる。伽邪の父・島津(朝比奈)時春と、何らかの関わり合いがある模様。

テレビアニメ

アームスの手によってアニメが製作されており、2015年1月からTOKYOMXテレビ埼玉千葉テレビテレビ神奈川三重テレビ岐阜放送サンテレビAT-XおよびBS11、ついでに虎ノ門の方のテレビ局の系列局約1局で放送された。全10話。
なお、アニメは原作と違いエログロのジャンルである。

外部リンク

アニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ISUCA-イスカ-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59911

コメント