ピクシブ百科事典

PPS-43

ぴすとれーとぷれめっとすだえばそーらくとぅりー

1943年にソ連軍が制式採用したサブマシンガン。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦中、ロシア労農赤軍サブマシンガンPPSh-41を大量に配備していたが、現場からはその重さと予備で持てるマガジンが少ないことに不満が出ていた。

1942年、ドイツ軍の包囲が続くレニングラード(サンクトペテルブルグ)市内の造兵廠で、火器不足を解決すべくアレクセイ・スダエフ技師設計のPPS(1943年よりPPS-42)が生産され、このサブマシンガンが優秀だったため、1943年、改良型のPPSh-43が赤軍に制式採用された。

プレス加工により生産され、ストックは折り畳み式。箱型マガジンを使用する。

基本データ

全長820mm/615mm(ストック折り畳み時)
銃身長243mm
重量3000g
使用弾薬トカレフ弾(7.62×25mm)
装弾数35発


関連イラスト

地獄のおんなコマンド
そこをどきな



関連タグ

サブマシンガン ソ連 PPSh-41

pixivに投稿された作品 pixivで「PPS-43」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158584

コメント