ピクシブ百科事典

S800

えすはっぴゃく

本田技研工業がホンダ・S500、ホンダ・S600に引き続き、Sシリーズの第3弾として1966年1月~1970年5月の間に生産した小型スポーツカーである。略称は「S8(エスハチ)」。

初代 AS800/AS800C型(1966-1970年)
概要
それまでのSシリーズ同様、京浜精機製作所製の4連CVキャブレターと、等長エキゾーストマニホールドを装備している。縦置きされた水冷直列4気筒DOHCエンジンをフロントに積み、デフから先の動力伝達に2本のローラーチェーンを用いる後輪独立懸架が主な特徴。
シリーズ3作目となるエンジンは、ボア×ストロークがφ60.0mm×70.0mmまで拡大され、排気量は791cc、圧縮比は9.2:1となり、最高出力は70PS/8,000rpm、最大トルクは6.7kg·m/6,000rpmまで向上し、0 - 400m加速は16.9秒、最高速度は160km/hと発表された。エンジンフードの右側にはパワーバルジがあるが、これはダミーである(機械式インジェクションの搭載計画の名残ともされる)。
ボディータイプも従来通りの、オープンとシューティングブレーク風のクーペ2種類が用意された。
先述のとおり、当初はチェーンドライブであり、リアサスペンションはチェーンケース自体がトレーリングアームを兼ね、それにコイルスプリングを組み合わせた仕様だったが、1966年4月に一般的なコイルスプリングと4リンク+パナールロッドのリジッドアクスルの組み合わせとなった(ホンダはライブアクスル方式と呼称)。
1968年5月には海外向け(特に北米向け)を基本に国内向けに手直ししたS800Mが発売された。フロントディスクブレーキや13インチラジアルタイヤ、オートチューニングラジオ、ヒーター、サブマフラー、さらにフロントフェンダーにはターンシグナルランプが標準装備されている。S800Mでは国内向けはオープンのみでクーペは廃止された。
総生産台数は1万1,406台。

pixivに投稿された作品 pixivで「S800」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28035

コメント