ピクシブ百科事典

SCP-1748

どらごんのおきみやげ

item# SCP-1748 The Dragon's Legacy(ドラゴンの置土産) Object Class: Keter

SCP-1748とは、SCP財団が収容しているオブジェクトである。

概要

海外のシェアワールド「SCP_Foundation」に登場するオブジェクトの1つ。
いわゆる現象系オブジェクトであり、CDやレコード、オーディオカセットなどの異常性として現れる。影響を受けた媒体は再生機器にも入れてないのに音を発し、ロシアの音楽家であるゲオルギー・スヴィリードフの楽曲「吹雪」の第9楽章である"冬の道"を延々とループ再生する。原理は案の定不明。

ちなみに曲自体はこんな感じ。


勘のいい人はここで認識災害やらミーム汚染やらを想像するだろうが、楽曲自体は別に普通であり、聴いても特に何も起こらない。

ところがこいつは楽曲中の最も音量の大きい部分(上記動画の1:57~2:00の辺り)を一定以上の人間が聴いていなかった場合、次のループでの音量を4~7%上昇させるという特性を持っているのだ。しかもその際、次のループで聴かなきゃいけない人数が指数関数的に増加するというおまけ付きである。

・・・今大したことないと思ったかもしれないが、指数関数的に増えるというのがどれだけやばいことか、「バイバイン」を知っている人ならわかるはずである。具体的に言うと、

10人で聴かなきゃいけない。

8人しか聴かなかった。

音量UP 次は20人で聴かなきゃいけない。

17人しか聴かなかった。

音量UP 次は40人で(ry

このように、繰り返すごとに人数がものすごい勢いで増加していくのだ。現在のこいつの音量は約41dB(話し声と同じくらい)、人数は17人となっているが、あと三回増加するだけでも120人を超える。

これだけでも厄介だが、実は音量の増加量にも問題がある。先述の通り1回の増加で1748の音量は数%しか上昇しない。音は全然大きくならないくせに、人数ばかり倍々で増えていくのだ。つまりこいつ、聴かなきゃいけない人数と音量の増加率が全く釣り合っていないのである。そのため数回ループが発生しただけでも収容が恐ろしく困難になる。

もしも1748が収容されずに増加ループを続けた場合、258.23dBで地球の人口を超え、完全に制御が不可能になる。(必要なループ回数はおよそ29回、時間にして一時間半にも満たない。
それ以降は1748の音量は際限なく上昇していき、最終的にはXKクラスシナリオ(地球がぶっ壊れるなど、もう人が住めなくなる終末)に発展すると予想されている。ほろびのうたなんてレベルじゃねぇ。

そのため財団は現在、17人のDクラス職員を用意し、16時間交代で永遠と聴かせ続けるという収容方法をとっている。業務中のDクラスは拘束した上に口を塞ぎ、会話や食事も許されない。わずかな雑音だけでも聞き漏らしにつながるからね、仕方ないね。
加えて、もしも1748の音量が増加した際はサイト全体に、最悪の場合は財団の全ての施設でこいつを生放送するという念の入れようである

「こんなやべーのとっとと破壊しちまえよ(GOC並感)」という人もいるだろうが、1748の媒体を破壊しても、近くにある別の媒体に転移するだけなので無意味である。さすがに世界中のCDやレコードを破壊するのは財団にも無理だし。枕ではしてただろって?あれはJokeだから・・・

関連タグ

SCP_Foundation レコード 音楽
SCP-1748 SCP財団日本支部

関連記事

親記事

SCP_Foundation えすしーぴーふぁうんでーしょん

兄弟記事

コメント