ピクシブ百科事典

SM調教師瞳

えすえむちょうきょうしひとみ

「SM調教師瞳」は、スーパーファミコンにて発売されたソフト(メーカーの認可を受けていない作品)。
目次[非表示]

概要

 このゲームは西武企画により発売されたスーパーファミコン用のアダルトゲームであり、このゲーム任天堂の許諾を得ずして発売されたゲーム(いわゆる非公認ソフト)である。
 このゲームに関してはシリーズが存在する(Vol1、Vol2、2Remix、Vol3、番外編、番外編2)が、ゲームジャンルが異なることがあるため、以下の項目で解説する。

ゲームの解説

 このゲームはSMを題材とした作品であるが、シリーズによりジャンルが異なる。
 このゲームはスーパーファミコンの通常流通ではなく、主として通信販売、特殊な流通(個人的取引に近い形態)したと推測される。
 なお、この作品が「ジーコサッカー」と呼ばれる理由は、「ゲームソフトを発売する際、著作権問題回避のため、認可された中古ソフトあるいは新古ソフトの外部(カートリッジ)及び内部(基板及び各種チップ)を利用したが、その際市場に大量にだぶついていたソフトがこれだったため」ということである。

Vol1

 主人公である女子高生「瞳」が父親の借金のカタに売られ、ソープ嬢SMクラブの経営者になっていくと言うコマンド選択式のアドベンチャーである。
 オープニング画像は実写取り込みを使用したものの、ゲーム内においてはイラストを利用している(おそらくサイズの関係と利用できる実写素材がなかったためと推測される)。
 このゲームは一人のエンジニアにより開発されたとされ、ゲーム性や音楽などよりもむしろ「スーパーファミコンにおいて個人開発が可能か」と言う実験的な作品であるとされる。
 また、本数が他のものよりも少ないとされる。

Vol2、Remix

 前作はスーファミアダルトゲームと言うコンセプトが受けたのか、人気があったため、2が発売されたと推測される。
 ほぼ一人で開発していた前作と異なり、この作品から複数人物(イージェイ)により開発されるようになった。
 高校生でありながらヤクザの親分である主人公が、借金のカタに片思いをしていた女子高生「瞳」を奴隷にしてしまう……といったところから始まる調教シミュレーションである。
 ちなみに内容はかなりアレであり、特にR-18G(とくに流血系)描写がそこかしこに存在する(すごい理由で女の子は復活するのだが)。
 Remixに関しては、この作品の難易度を下げ、エンディング等を追加したものとされる。

Vol3

 主人公はSMクラブへ通うS男で、その素質を見込まれM女(複数)の育成を任されるという内容の調教シミュレーションである。前作と異なり、流血描写は鳴りを潜め、アブノーマルかつ、現実的なシチュエーションが増えている。
ちなみにこの作品では「瞳」は隠しキャラとしてしか登場しない。
 なお、この作品ではバッテリーバックアップによるセーブ/ロードが可能となっている。またこのソフト自体に初期バージョンと後期バージョンが存在する(これはプログラム見直しと材料調達の都合であると推測される)。
発売後16年経って、後期版のBGMの一部にバグがある事が確認されている。

番外編

 番外編は「Vol2」のスピンアウトである。このゲームに関してはアイコン選択式のアドベンチャーとなっている。

番外編

 『SM調教師 瞳 VOL.2』のヒロインである「瞳」の後日談である。このゲームは瞳の転校先の学校のクラスメイト、「まき」に瞳がいじめられたりする話である。R-18G描写が少ないとされ、長期にわたって販売されたとされる。

番外編2

 おそらく開発中に西武企画に何かあったらしく、このソフトは「りばーす☆きっず」という非公認ソフト(内容は脱衣オセロ、製作元は同じくイージェイ)を発売した「Jap!」という会社からの発売に変更され、カートリッジの形式が「親子カートリッジ(カートリッジの上にソフトをさすところがあり、正規ソフトをそこにさして起動することでプロテクトを回避する形式)」に変更されている。
 サブタイトル「まきのラブラブパニック!」でわかるとおり、前作番外編にて登場した「まき」が主人公である。
 なお、この作品ではR-18G描写が復活している(ライバルをばらばらにして……とかだった気がする)。
 発売元変更などのため、出回り数が少ないとされる。

そのほか

 このゲームの開発したツールは「ADVP」と呼ばれるツールであるとされる(出典:オークラ出版から出版されていた裏ゲーム読本)。
 また、グラフィックはMSXにて開発されたと推測される。
 このツールはスーパーファミコンの開発以外にMSXWindowsプレイステーションのソフトの開発も可能であるとされた。
 そのため、このゲームにはMSX(2)のディスク版が存在(2の体験版は確認)する。また、3に関してはプレステ版が予告されていた(ただし、これはプロテクトそのほかの問題により発売されることはなかった。Windows版も計画にあったとも)。
2012年の段階で既に開発会社自体は消滅と同時に当時の開発環境も失われてしまっているという。
ソフトの流通に関しては、通信販売がメインであったがパチンコ店の景品としても流通されていたようだ。

関連項目

西武企画 アダルトゲームのメーカー・ブランド一覧

外部リンク

Wikipediaの参照した項目
GEROMIX(2などの音楽とグラフィックを担当した「えろばげろみ」氏のサイト)

pixivに投稿された作品 pixivで「SM調教師瞳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145652

コメント