ピクシブ百科事典

TAKU

たく

TAKUはアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の登場人物である
目次[非表示]

CV:野島裕史

人物像

人気アイドル系ロックバンド『3代目スゴック』のリーダー。
担当はボーカルとリードギター。
黙っていればイケメンだが、自分の人気と容姿に鼻をかけ有名人なら何をしても許されると勘違いし、自らの座右の銘を「色恋は芸の肥やし」と語るなど、こと女性関係に対して節操が無いナンパ癖の持ち主であり、目的の為には手段を選ばない卑劣漢。
また、本人をして「三度の飯よりガンダムが好き」と豪語するほどに筋金入りのガンダムマニアであり、ガンプラビルダー・ファイターとしての実力もそれ相応に高い。
ガンプラバトルでは黒く彩られた∀ガンダムを愛機とし、専用のシールドをサーフボードに見立てて水上移動に対応するなど、柔軟な発想も持ち合わせている。

ガンプラをファッションとして取り入れたイベント「ガン・コレ」にてゲストとして招かれ、そこでカミキ・ミライを口説こうとするが、彼女の弟であるカミキ・セカイにイベントで催されるガンプララリーで勝てたらという条件を提示され、それを承諾。
ミライの扱うベアッガイFの性能の前に不利を悟りデートの約束を餌に買収したラリー参加者達をけしかけるが、それが逆にミライの独走状態を作り出す要因となり、これを阻止するべく実力行使に及ぶ。この際、ベアッガイFのママッガイを撃墜し一度は勝利を得るが、それがミライの逆鱗に振れ、彼女が体得していた次元覇王流を駆使したプチッガイの前に、∀ガンダムのコックピットブロックを破壊され、更に「卑劣」「邪(よこしま)」と断じられた上で敗北した。

余談

後の『HHイメージングビルダーズ』第9回のターンAガンダムシンの回に登場。『ガンダムビルドファイターズ炎』の清炎学園高校出身であることが明らかになる。ガン・コレでの敗北は相当堪えていたらしく、立ち直るのに相当苦労していたようだ。
また、ガンプラアイドルとしては最初からガンプラを手掛ける実力者として登場しながら、それと反比例に作中での卑劣な手段を厭わない人物像や、そのガンプラアイドルとしての座も彼を拒絶したミライにその座を結果的に奪われた後に挽回することなく出番が終わるなど、扱いはあまり良くない。

関連項目

ガンダムビルドファイターズトライ
キララ コウジ・マツモト…ガンプラに絡むアイドルつながり
カミキ・ミライ
ターンA

pixivに投稿された作品 pixivで「TAKU」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7917

コメント