ピクシブ百科事典

UAZ

わず

ロシアの自動車メーカー。
目次[非表示]

Ul'yanovskiy Avtomobil'nyy Zavod(ロシア語表記:Ульяновский Автомобильный Завод)の略。
ソ連の自動車設計局で、現在は資本主義化により独立した法人になっているロシア自動車メーカー。

概要

共産圏の自動車事情の例に漏れず、1952年に設計された軍用オフロードカーUAZ-469のと、そのシャシーをベースにした商用車(トラック、ワンボックスバン)を50年以上フルモデルチェンジせずずーっずーっとずーっと生産してきた。

しかし粗末さばかりが目立つ乗用車と異なり、整備が容易で頑健、不整地走破能力に優れ、実用性も高いと言う特徴を持っている。
この為、モデルチェンジスパンの長い西側商用車と比しても、トータルの評価ではそれほど劣るものではなく、ソ連崩壊以前から西側にも輸出されてきた。

ソ連崩壊後は西側のVWトヨタグループと提携し、ロシア国内向けに西側スタイルのオフロードカーの設計・生産を行っている一方、伝統的なモデルも軍を始めとして一定の需要があり、エンジンなどパワートレーンの改良を施されつつ生産が続けられている。
ただ、輸出においては他のロシア車同様西側スタイルの車種は劣化コピー感が拭えない事から輸出例は皆無に近く、逆にロシアの大地に適応した頑健さと独特のスタイルを持つ伝統的なモデルの方が人気が高い。

UAZ車の特徴のひとつに、西側では1970年代には使用されなくなったクランク棒による人力始動が可能という点がある。
これは技術的に遅れていたからではなく、ロシア(特にシベリア)の極寒地ではバッテリーが充電状態に関わらず化学反応を起こさなくなって放電しなくなってしまうことがある為。
ただし現在の西側スタイルの車種では搭載していない他、伝統的なモデルでもEUの排出ガス規制「ユーロ3」に対応した新型エンジン搭載車では廃止されている。

著名な製品

UAZ-31512

青春のブーツ


UAZ-469の大マイナーチェンジ車。EUにはUAZ ハンターとして輸出されている。日本では形式登録されていない。


UAZ-3303 / UAZ-3909

このトラックいっぱいのガーベラを
モスクワのロバ


UAZ-469 / UAZ-31512のシャシーを用いて設計された、小型キャブオーバートラック・ワンボックスバン。
日本でもUAZ-JAPAN(本国のUAZとは直接の資本関係にはないた代理店)が輸入を行っており、約250万円前後と商用車らしいリーズナブルな価格で購入することが可能。
日本で最初に形式登録認定を受けたのは2005年モデルでUAZ純正のOHV2400ccガソリンエンジンで日本の排出ガス規制を通過しての登録認定だったが、UAZ-3909については残念なことに2010年モデルからはクランク始動のできないユーロ3対応エンジン車に切り替わってしまった。
余談だが、秘密結社鷹の爪で鷹の爪団が所有しているトラックがこれである。

関連タグ

ソビエト社会主義共和国連邦 赤いpixiv 秘密結社鷹の爪

pixivに投稿された作品 pixivで「UAZ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9828

コメント