ピクシブ百科事典

レントラー

れんとらー

レントラーとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.405
英語名Luxray
ぶんるいがんこうポケモン
タイプでんき
たかさ1.4m
おもさ42.0kg
とくせいとうそうしん / いかく / こんじょう(夢特性)


進化

コリンクルクシオ(レベル15) → レントラー(レベル30)

レントラー家



概要

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(第4世代)に初登場したポケモン。
ルクシオLv.30で進化することが出来る。

『DPt』のシナリオ序盤で捕まえられるコリンクの最終進化であり、ムックルムクホークとともに連れ歩いたプレイヤーも多いであろう。名前はトラだが姿はライオンという、なんだかややこしいポケモン。雄のほうが鬣が長い。

pixivにおいてはデンジとともに描かれることが多い。エレキブルだけは外せないとデンジ本人が口にしても、そしてアニメではデンジがライチュウと常に一緒にいても、なお一緒に描かれ続けることが多いようだ。

なお、ワルツの系列であるレントラー舞曲とはまったく関係ない。

ゲームでのレントラー

特徴して挙げられるのは高い「こうげき」である。もう一つの特徴として実は「いかく」込みならでんきタイプ最高峰の物理耐久もある。
だが第四世代では覚えられる電気物理技が貧弱なのでよさを100%生かせなかった。
そのため、かつてはでんきタイプの唯一王という不名誉な称号が与えられていたこともある。
しかしポケモンBWでは威力90の「ワイルドボルト」を手に入れ、火力が大幅に上昇した。が、反動技なので折角のでんきタイプ屈指の物理耐久が生きなくなってしまうという悩みが生まれてしまうことになった。そこで、とくこうもそこそこ高いので特殊型もそれなりにいけるうえ、今作で登場した新技「ボルトチェンジ」との相性もなかなか良い。結果として反動が痛いワイルドボルトよりもボルトチェンジの使用率のほうが高かったりする。もう少し(反動が無いとか追加効果があるとか)マシな技があれば良いのだが、相変わらず物理面が不遇気味なのは否定出来ない。
タイプ不一致だが三色キバも覚えるので不利な相手でも四倍弱点相手ならそこそこ対抗でき、かみくだくも覚えるため、ゴーストやエスパー相手にも使える。
すばやさはメタグロスと同速で最速スカーフで丁度130抜きになる数値なので上手く調整してあげよう。
でんきタイプにしてはそこそこ耐久もあり、特性「いかく」やじゅうでんでんじはなどをうまく使えばそれなりに耐久型でもいける。
特にいかくを考慮した際の物理耐久はかなりのもので、防御に特化すればこだわりハチマキを巻いたガブリアスの「じしん」まで耐えてしまう。
プラチナの教え技「でんじふゆう」で弱点をなくしたり、BWで「ふうせん」を持たせるのも効果的。

そして夢特性は「こんじょう」。発動すればエレキブルを抜いて非伝説電気タイプNo1の打撃力が手に入る。
具体的には、無補正の根性発動時の「ワイルドボルト」が補正ありガブリアスの「げきりん」と同等の威力になる。
そこにはかつてでんきタイプの唯一王と呼ばれていた頃の姿はもはや無い。
ただ、こんじょうは第5世代限定の特性であるため、レントラーの優秀なサブウェポン「ばかぢから」と共有できないのが残念。
まあ、レントラーはデフォの特性(いかく)でも十分優秀なので、旧作を送れる環境があるなら好みの問題になるだろう。

・・・と思われていたが、BW2より教え技が復活したため、再び「ばかぢから」の習得が可能に、これにより、「こんじょう」と「ばかぢから」の両立が可能となった。
同じく「こんじょう」をもらっても全く活かせない唯一王は、また1匹親友を失ってしまった・・・・・・。
・・・そもそもレントラーは唯一王と違い特性やステータス面、サブ技においてもそこそこ優れていた時点で十分に救済できるレベルだったとか言っちゃいけない。

本編以外では「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊」で、エレキ平原のボスとしてルクシオ8匹を従えて登場する。
ちなみに空の探検隊では主人公・パートナー候補にコリンクが選ばれたためか、ライボルトに変わっている。
しかし台詞はほぼそのままで、やっぱりレントラーのほうがしっくりくる。

その他、「ポケモンレンジャーバトナージ」において、当時世界に12人しかいないトップレンジャーの一人、セブンのパートナーポケモンでもある。

ちなみに色違いは、レントラー一族共々黄色と黒。とどのつまりピカチュウエレキブルと同じ配色であり、また、進化前のコリンクとともに、名前関連で鏡音リン鏡音レンが出てくることもある。

対決!
レントラー♂♀



アニメでのレントラー

DP編第59話「レントラーの瞳!」でジュンサーの弟子マーブルのポケモンとして登場。
電気技が使えないことに思い悩んでいたが、ピカチュウの電撃でチャージビームかみなりのキバを使えるようになった。態度は典型的なツンデレ
その後デンジの手持ちとしても登場するが、デンジはレントラーを一緒に連れ歩いているわけではなく、幼少の頃から一緒のライチュウを連れ歩く。
また「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」ではレントラーがダークライと戦い、悪夢にうなされるシーンがある。

2010年6月3日の放送では、デンジの切り札として登場した。アニメで嫁認定されたライチュウもゲームで嫁認定されたエレキブルをも抑えての起用だ!! すごいぞー、かっこいいぞー・・・・・・ライチュウ涙目・・・。

それから時が経ちXY編にて、レギュラーキャラ・シトロンの手持ちポケモンとして進化前のルクシオが加入。既にレントラーになることが決定しており、OPで一足早くその雄姿を披露する。
そしてXY62話でレントラーに進化し「エレキフィールド」を覚えた。が、シトロンが一足早くミアレシティへ向かうことになり早々にパーティから一時離脱することになる。
XY64話でOPに登場しているキモリを連れた少年(字幕ではショウタと表記)とジムバトルを行っているが、ワイルドボルト1発で勝利。
公式PVを見る限りサトシとのジム戦に参戦するようなので、本格的な活躍はそれまでお預けと思われる。

関連イラスト

威嚇
夕焼け



関連タグ

ポケモン一覧 でんきタイプ DPt ブースター

pixivに投稿された作品 pixivで「レントラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2202014

コメント