ピクシブ百科事典

Live_Groove

らいぶぐるーぶ

ここでは「スターライトステージ」で開催されているイベント形式について紹介する。
目次[非表示]

概要

イベントの流れ

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージで開催されているメドレー形式のイベント。
譜面に応じた難易度(DEBUT、REGULAR、PRO、MASTER)を選ぶと、メインの属性曲と全タイプ曲から3曲ランダムで選出されるので、それを順番にプレイしていく。流れとしてはイベント画面を開きLIVE開始をタップ→難易度選択→メインの属性と曲目が決まる→ユニット選択→ライブスタート、というもの。
曲と曲の合間にインターバルがあり、ここではオプション、演出設定を変更できる他に「休憩」を選択することで一時的にゲームを終了させることができる。このため一度に全てプレイする必要は無く、コンディションを整えて再開する、という活用法もあるのだが、ライブの途中記録がある場合はイベント再開以外の操作は原則できない。ちなみにメインの属性と曲目が決まった時、規定のマニーを支払うことで2回までなら違う属性に変えて再抽選することができる。
このLIVEではゲストが呼べない代わりに特定のアピール値(イベント名の「○○ burst」の○○の部分)に大幅なボーナスがかかるのでそれを踏まえてユニットメンバーを選定するのが肝要となる。

基本ルール

LIVEプレー中は左側にステージの盛り上がりを示す「ハコユレレベルゲージ」が表示される。これは獲得スコアに連動して数値が計測される。メドレー終了時までにこのゲージがLv.が17以上に達していればアンコールが発生して専用楽曲がプレイできるようになる。難易度「MASTER」限定でハコユレLv.21以上でメドレーを完奏するとアンコールが「スペシャルアンコール」に変わりそのプレイに限り専用楽曲の最大難易度「MASTER+」が選択可能となる。
アンコール前のインターバルでは「休憩」の他に「回復」コマンドが使える。「回復」ではスタージュエルを25個消費することでライフを全快できる。
プレイ後、スコアランク、ハコユレレベルに応じてイベントポイントが手に入り、アタポン形式と同じくポイント到達・ポイントランキング・ハイスコアランキングでそれぞれ報酬が手に入る。ただし、メドレー途中で失敗してリタイアするとイベントポイントは全く手に入らないので注意。(アンコールでリタイアした場合はメドレーの分は保証される)
ハイスコアランキングはアンコール楽曲のスコアが記録される。またこれの報酬はアタボン形式と同じく「トロフィー」である。

LIVE Grooveにおけるスペシャルコミュ

搭載当初はスペシャルコミュは用意されていなかったが、LIVE Groove Dance burst(#1)以降から用意されるようになった。ただVocal(#3)で実装されていない点を踏まえるとアンコール楽曲によって変わってくるものと思われる。
スペシャルコミュが用意されている場合、解放に必要なイベントポイントはアタボン形式と同じ。
アタポン形式のストーリーコミュが「一度作られたユニットの再結成」と描写されているのに対し、LIVE Grooveは「一から作り上げていくユニットの過程」と見る事が出来る。

最近のイベント

LIVE Groove Vocal burst(#6)

桜の頃


開催期間2017/ 2/28 15:00~2017/ 3/ 9 20:59
重視パラメータVocal
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲桜の頃
10000pts報酬[桜の頃]道明寺歌鈴(SR)
20000pts報酬(上位報酬)[桜の頃]依田芳乃(SR)
MASTER+:Lv.29一部のスライドで荒ぶっている箇所があるものの、全体的にはフリック中心のレベル相応譜面で落ち着いているのでフリック抜けに注意することでクリアの可能性が高まる。テクニカルだが視覚トラップは「MASTER」よりずっとマシなので自信があれば回復系特技を持つアイドルを1~2人連れて挑戦してみよう。

今回の新曲は夜桜にしみる和風バラード。ただ難易度「MASTER」が後述のトラップ満載せいでより複雑で難しい「MASTER+」の方がプレイしやすいという逆転現象が起きている。
今回の「MASTER」は単調な長押し→複雑なフリックが主体。しかし連結フリックが別のレーンから横断するトラップが露骨に増えており、ノーツスピードに依存していたプレイヤーを苦しめる。二重フリック(ホールドのおまけ付き)も多めであり、クリア狙いはギリギリ難易度相応、フルコンは詐称とかなり極端な譜面に仕上がっている。
これはいつもより少し遅めのスピード設定にするだけでもかなり見やすくなるので、認識できない時は試してみよう。


過去に行われたイベント

LIVE Groove Vocal burst(#1)

水本さん取れた記念に前に水本さん取った記念に描いた絵
ゆっこちゃんかわゆしっ


開催期間2015/10/31 15:00~2015/11/ 8 20:59
重視パラメータVocal、のはずだった
スペシャルコミュなし
アンコール楽曲夢色ハーモニー
10000pts報酬[湯けむりサイキッカー]堀裕子(SR)
上位報酬[クラシカルハーモニー]水本ゆかり(SR)
MASTER+:LV.29初めて登場したMASTER+譜面。以前のMASTERの難しいものさえ霞んでしまう複雑な配置に多くのプレイヤーは悲鳴を上げていた。終盤で襲ってくる昇り龍などと形容される連続折り返し長フリックと二重フリックがプレイヤーに与えたインパクトはわけのわからないものと言えるにふさわしいものであった。
初めて開催されたLIVE Grooveイベントだが、バグが多発した中で開催されたため事実上のβ版イベントとなってしまった。重視パラメータがこの表記になっているのは、実際のライブでVoアピール値ボーナスがバグで反映されていなかったことによるもの。

LIVE Groove Vocal burst(#2)

二宮飛鳥
SR+のことかー!


開催期間2015/12/ 4 15:00~2015/12/13 20:59
重視パラメータVocal
スペシャルコミュなし
アンコール楽曲流れ星キセキ
10000pts報酬[はりきりお嬢様]西園寺琴歌(SR)
上位報酬[深淵への招待]二宮飛鳥(SR)
MASTER+:LV.29超高速階段と流星群を彷彿とさせるフリックが特徴的だが認識しやすい分難度はやや弱め。しかしながらそれでも手持ちのプレイに優しくないものであった。
前回のLIVE Grooveイベントがバグだらけで散々たる有様であったことから、重視パラメータを変えずに改めて開催された。
このイベントからマニーを使って楽曲を再抽選できるようになった。

LIVE Groove Dance burst(#1)

Cinderella Party!!


開催期間2015/12/28 15:00~2016/ 1/ 8 20:59
重視パラメータDance
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲ゴキゲンParty Night
10000pts報酬[ゴキゲンParty Night]多田李衣菜(SR)
上位報酬[ゴキゲンParty Night]本田未央(SR)
MASTER+:LV.298分の同時押しラッシュが主体でアイコンの総数は900以上。連続フリック→X字フリックというトリッキーな配置はあるものの、総合的に手持ちのプレイに優しい完成度の高い配置であり、少し簡単なものといえる。
サブタイトル(楽曲名)が付いた唯一のLIVE Grooveイベント。CINDERELLA PARTY!のコラボイベントとして開催された。
デレパのイメージを上手く取り入れたスペシャルコミュは必見。詳しくは楽曲記事を参照のこと。

LIVE Groove Visual burst(#1)

LiPPS


<
開催期間2016/ 1/31 15:00~2016/ 2/ 7 20:59
重視パラメータVisual
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲Tulip
10000pts報酬[Tulip]塩見周子(SR)
上位報酬[Tulip]宮本フレデリカ(SR)
MASTER+:LV.30わけのわからないもの再襲来。複雑なフリックが大量に配置されており、特に長押しフリックが密集する様は花を思わせるが、譜面を覚えないと序盤で枯れかねない。終盤の連続クロスフリックは以前のMASTER+譜面を凌駕する認識難であり、無対策だとどうしようもないものに見えてしまうことも。「ライフ回復」は勿論のこと「ダメージガード」持ちのアイドルがいるのであれば惜しまずにセットするべきとされた。
アンコール楽曲の難易度インフレが顕著であり、MASTER+の譜面レベルは最大値の30に到達、MASTER(Lv.26)も下手すると詐称に匹敵しかねない。
また、PROにおいてもラストでPROの譜面に不相応なフリックとタップの複合ノーツがあるなど油断できないものであった。

LIVE Groove Vocal burst(#3)

クールタチバナ
だちゃん


開催期間2016/ 2/29 15:00~2016/ 3/ 8 20:59
重視パラメータVocal
スペシャルコミュなし
アンコール楽曲Absolute NIne
10000pts報酬[秘めた輝き]原田美世(SR)
上位報酬[オンリーマイフラッグ]橘ありす(SR)
MASTER+:LV.30認識難に特化した前回とうって変わって、高密度で攻める物理型となった。アイコン総数が999に達するなど、別の意味でLv.30の風格を十分に満たしているといえる。道中は様々な連打を要求されるので体力配分には気をつけたいところ。フリックが見切りやすいのが唯一の救いか。ただし序盤とラストにあるタップとフリックの複合ラッシュがかなりの脅威。生半可な実力だと分かっていても捌ききれないことも。手が止まるものならここだけでライフが一気に枯渇してしまう。
MASTER+は相変わらず猛威を振るっていたがMASTERがレベル相応の譜面であったためハイスコアランキングのボーダーが凄いことになった。(「Tulip」の反動も少なからずある)
アンコール楽曲が今までリリースされたものからの抽出であるためスペシャルコミュは無し。

LIVE Groove Dance burst(#2)

ハイファイ☆デイズ


開催期間2016/ 3/31 15:00~2016/ 4/ 7 20:59
重視パラメータDance
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲ハイファイ☆デイズ
10000pts報酬[ハイファイ☆デイズ]佐々木千枝(SR)
上位報酬[ハイファイ☆デイズ]龍崎薫(SR)
MASTER+:LV.28他の難易度が全体的に簡単な譜面となった影響を受けたせいかMASTER+でもLv.28で登場。短い同時押しラッシュ、弱連打、2個フリックが主体であり、全体的にMASTERのLv.28より少しだけ難しい程度に落ち着いている。といっても二重フリックの頻度はやや多めであった。ちなみに2つめのサビ直前の二重階段フリックでちゃっかりクロスフリックが1個混ざっている。流石と言わざるを得ない。
今まで開催されたLIVE Grooveイベントの中でアンコール楽曲の難易度が最も低く、MASTERはLv.24、最大難易度と謳われるMASTER+でもLv.28となっている。
(物量はそれなりにあるらしい)
このイベントからは限定ミッションにも対応したことでいつも以上にスタージュエルが集めやすくなり、またハコユレレベルによる獲得イベントpt補正がハコユレLV50までに拡大したため、上手くスコアを稼ぐことでより多くのイベントポイントが獲得できるようになった。
楽曲記事の他、L.M.B.Gの記事も併せて参照のこと。

LIVE Groove Visual burst(#2)

生存本能ヴァルキュリア


開催期間2016/ 4/30 15:00~2016/ 5/ 8 20:59
重視パラメータVisual
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲生存本能ヴァルキュリア
10000pts報酬[生存本能ヴァルキュリア]高森藍子(SR)
上位報酬[生存本能ヴァルキュリア]新田美波(SR)
MASTER+:LV.30譜面傾向はAbsolute NIneと似ているが、全体の平均密度はこれまでの中でかなり高め。ただし複合ラッシュといった極端な難所はあまり見られず、どちらかといえば今までの復習といえる。アップテンポ+乱打、長押しとフリックの複合を中心に高度な総合力が問われるものであり、いかに集中力を切らさずにプレイできるかがポイントであった。幸い認識難な箇所はなし。
GWのイベントということで大盛況。また報酬アイドルが人気の高い美波さんだったせいでいつも以上にイベントptボーダーが跳ね上がった。
1日限定スタミナドリンクのイベントログインボーナスはこのイベントから搭載され、以降はシンデレラキャラバンでも採用されている。

LIVE Groove Vocal burst(#4)

炎陣


開催期間2016/ 5/31 15:00~2016/ 6/ 7 20:59
重視パラメータVocal
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲純情Midnight伝説
10000pts報酬[純情Midnight伝説]藤本里奈(SR)
上位報酬[純情Midnight伝説]向井拓海(SR)
MASTER+:LV.29折り返しフリックが大量配置されているのが特徴的。相変わらず物量は多いが交互連打と乱打がメインなので視認性は良い方である。フリック抜けでのMISS乱発だけはご用心。
アンコールのステージグラフィックがかなり凝っており、特攻隊長の経験を持つ拓海さんのセンスが際立っている。譜面としては久々にLv.29のMASTER+が登場。MASTERはLv.25と比較的易しめだがラストの高速折り返しフリックだけは注意しよう。
ちなみにVocal burstにおいて初めてスペシャルコミュが搭載されたイベントである。また、新アイテム「想い出の鍵」が報酬として登場した。

LIVE Groove Dance burst(#3)

you are my destiny…


開催期間2016/ 6/30 15:00~2016/ 7/ 7 20:59
重視パラメータDance
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲Love∞Destiny
10000pts報酬[Love∞Destiny]北条加蓮(SR)
上位報酬[Love∞Destiny]佐久間まゆ(SR)
MASTER+:Lv.29フリックに特化した譜面ゆえにコンボが繋ぎづらい。ただ高速ジグザグ配置がやや多めなので事前に「TrancingPulse」のMASTERで練習しておくとプレイしやすくなる。サビの断続的なフリック配置は「つぼみ」のMASTERで出現する低速スライドを意識したものだが、これも大半がジグザグ配置なので低速でなぞるより、フリック単体で弾くように捌いた方がコンボが繋がりやすいかもしれない。「純情Midnight伝説」以上に端末スペックの影響を受けやすいため低スペックの端末で挑むときはフリックだけは早めに捌くことを意識した方がいい。ちなみに個人差はあるもののスピード設定を少し速めにして視認性を確保する方法も有効。

今回のアンコール楽曲とはこれまでとは異なるR&Bのナンバーであり、ディープな曲調でありながらも落ち着いた雰囲気を引き出している。譜面は相変わらずだが...
このイベントよりリハーサルチケットを使用してアンコール楽曲の練習ができるようになった。また、一つ前のイベント「咲いてJewel」からptランキング報酬が増枠されたことを受けてLIVE Grooveもこのイベントから120000位までptランキング報酬が貰えるようになった。

LIVE Groove Visual burst(#3)

デレマスろぐ3


開催期間2016/ 7/31 15:00~2016/ 8/ 8 20:59
重視パラメータVisual
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲サマカニ!!
10000pts報酬[サマカニ!!]日野茜(SR)
上位報酬[サマカニ!!]川島瑞樹(SR)
MASTER+:Lv.30一言で言うと、「全ての過去が譜面になった」。長押しとフリックのコンビネーションを皮切りに「LEGNE」(MASTER)のラストで出てくるジグザグフリック+刻み単押しの強化版、交互連打、高速同時押しと難関の詰め合わせであり、一つでも苦手な要素があると苦戦は避けられない。難読要素は少なめで理解は容易だがタップできない、なぞれないことからデレステ版「わけはわかるもの」といえるだろう。iPad据え置きでもかつての最大難易度であったTulipのMASTER+を少し上回る難しさであり、手持ちのプレイだと「糞譜面」に相当する極殺クラスの難易度に化けてしまうことも。
披露された新曲は直球で夏をイメージしたお馴染みのアイドルソングだが、MASTER+の難易度インフレが久々に顕著となったイベントとなった。
MASTERは「Tulip」よりは少し易しめだがそれでも結構難しく、MASTER+に至っては手持ちのプレイに限り「死ぬがよい」といわれるほどの難しさであった。
システムの変更点としては一つ前のイベント「きみにいっぱい☆」から搭載されたイベント称号報酬がこのイベントから搭載されることになった。そして長らく適用外であったデイリー・ウイ-クリーのクリア系ミッションにもようやく対応となった。(LIVE Grooveを成功するだけでも楽曲クリア回数がカウントされる)

LIVE Groove Vocal burst(#5)

デレマスlog①


開催期間2016/ 8/31 15:00~2016/ 9/ 8 20:59
重視パラメータVocal
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲BEYOND THE STARLIGHT
10000pts報酬[ビヨンド・ザ・スターライト]緒方智絵里(SR)
上位報酬[ビヨンド・ザ・スターライト]城ヶ崎莉嘉(SR)
MASTER+:Lv.29全体の平均密度は高めだが発狂配置が少ないことから、手ごたえはあるが意外にも良心的な譜面となった。純粋な地力が試される。基本は8分同時押しラッシュの対応力+αが要求されるので、パステルピンクな恋(MASTER)が安定していれば回復を1人積むだけでもクリアは安定する。ただ序盤に長押しと刻み8分タップの複合が長く続く箇所があるのでそこは落ち着いて捌いていこう。その代わりコンボを繋ぐとなれば交互連打、イントロと後半のフリックラッシュでコンボブレイクしやすい。回復なしで挑むときは心してかかるように。ちなみに交互連打は毒茸伝説(MASTER)と同じ連打速度が要求される。
稼働1周年のお祝いの時期に披露された新曲はこれまでの集大成+次なるステップに進むための希望に満ち溢れた意欲作。
MASTER+の譜面については久々に慣れたプレイヤーに優しく、譜面の完成度は高い。パステルピンクな恋のMASTERを安定クリアできる実力があれば問題ないほどであった。

LIVE Groove Dance burst(#4)

あいくるしい


開催期間2016/10/31 15:00~2016/11/08 20:59
重視パラメータDance
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲あいくるしい
10000pts報酬[あいくるしい]速水奏(SR)
上位報酬[あいくるしい]小早川紗枝(SR)
MASTER+:Lv.28今までのMASTER+譜面の中で最もアイコン数が少なく、一部難しい箇所はあるものの半分近くがレベル28相応とは思えない配置となっている。Aメロ後半とサビは長押し終点のフリックで少し見切りにくい箇所があるのでノーツスピードをかなり速めにしている人は慌てて逆方向に指を動かさないように。終盤は同時押しを絡めた8分ラッシュとフリックの複合を捌くことになるが、楽曲自体のスピードがやや遅めなのでクリア狙いであれば凄まじい脅威にはならないはず。
Live Paradeを挟む形で久々に開催されたLIVE Grooveイベント。今回のMASTER+が「咲いてJewel」より易しい譜面であったことから各種ランキングが凄まじいものになっている。
ちなみに楽曲は「愛しき人との出会いから始まる物語」を題材としたバラードであり、原曲バージョンはDVD/BD5巻の特典CD「346Pro IDOL selection vol.3」に収録されている。

LIVE Groove Visual burst(#4)

命燃やして 恋せよ乙女


開催期間2016/12/31 15:00~2017/01/09 20:59
重視パラメータVisual
スペシャルコミュあり
アンコール楽曲命燃やして恋せよ乙女
10000pts報酬[命燃やして恋せよ乙女]片桐早苗(SR)
20000pts報酬(上位報酬)[命燃やして恋せよ乙女]高垣楓(SR)
MASTER+:Lv.29独特のズレ配置がかなり多くなり長押し、フリックの絡みが増えたことで難読性が強化されているが全体的にはレベル適正より少し優しめの範囲で収まっている。ただサビは典型的な初見殺しが4回襲ってくるので油断するとこれだけで即死してしまう恐れがある。「つぼみ(MASTER)」のサビに出てくるフリック+単押しのつづら折りを高速で捌く、というものだが高速+往復のせいで誤爆が誘発しやすい。タップ反応範囲はターゲットアイコンだけでなく上の部分でも反応するなど案外広めなので、これを上手く活用していこう。ちなみにiphoneなど端末が小さいと明らかに不利。指同士がぶつからないことを祈るしかない。

新年を飾るLIVE Grooveイベント第2弾であり期間は去年より1日長くなっている。内容は様々な実験的要素が備わっているバラエティ満載のイベント、である。
新曲はこれまで見られなかった「アイドル演歌」。年季の入った5人(永遠の17歳を含む)が和の想いを込めて熱唱するものであり、これまでとは一味違う魅力を引き立てている。
譜面については難易度MASTER以降でズレ配置が本格的に登場。同時押しの要領で捌く「あんみつ」が非常に有効だが、同時押しを示すマーカーが表示されないため初見では乱打と勘違いすることも。
MASTER+で出てくるサビの初見殺しは衝撃的。手持ちプレイだと実験型譜面に化けるので要注意。

このイベントからイベントログインで入手できる当日限定のスタミナドリンクがグレードアップ。スタミナを50ポイント回復できるようになった。そして…このイベントでもついに上位報酬のSレアが到達ポイントでも貰えるようになったのである。(イベントptランキング上位であればさらに貰える)

pixivに投稿された作品 pixivで「Live_Groove」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16158

コメント