ピクシブ百科事典

渋谷凛

しぶやりん

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』のニュージェネレーションアイドル。
目次[非表示]

プロフィール


「ふーん、アンタが私のプロデューサー?……まあ、悪くないかな…。私は渋谷凛。今日からよろしくね。」
「プロデューサー、本当は私、少しだけ緊張してるんだ」
「……移動中にサイン頼まれたんだ。…私のファンだって……嬉しいな」

タイプクール
年齢15歳
学年高校1年生
身長165cm
体重44kg
BMI16.16
B-W-H80-56-81
誕生日8月10日
星座獅子座
血液型B型
利き手
出身地東京都
趣味犬の散歩
CV福原綾香
初登場2011/11/28(ゲーム稼働開始から)
CDデビュー2012/04/18(No.001)
ぷちデレラ実装2014/10/30
ぷちデレラ初期ステータスVo66/Da55/Vi55
ぷちデレラ最終ステータスVo4375/Da3700/Vi3700
「アイドルトーク」対象島村卯月北条加蓮本田未央相葉夕美
第1回総選挙19位
第2回総選挙5位
第3回総選挙1位
第4回総選挙9位(Co3位)

カード一覧

枚数:12種21枚+差分2種4枚
ローディングキャラ:4個(該当SRは太字で表記)

レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
N/N+ブラックゴシックドレス2630/954420/636無し無し
SR/SR+ニュージェネレーション148400/127208064/12212静かな闘志Coの攻守大/特大アップ
SR/SR+CDデビュー72835/42943780/5724Never say neverCoの攻守小/中アップ
SR+アイオライトゴシック1069006900エトワールプリズム全タイプの攻守大アップ
SR/SR+ピュアバレンタイン1711970/181268190/12402スウィートチャレンジCoの攻特大/極大アップ
SR/SR+夜宴の歌姫1913860/209889975/15106新たな決意Coフロント+バクメン1の攻特大/極大アップ
R/R+2ndアニバーサリー124305/65206510/9858メモリアルソングCoの守小/中アップ
R/R+2ndアニバーサリー・スマイル136300/95406195/9382同上CoPaの攻守小/中アップ
R/R+2ndアニバーサリー・ネコミミ148085/122445775/8746同上全タイプの攻大/特大アップ
SR/SR+ワンダフルマジック1914018/2122710553/15981願いの魔法CoPaの攻特大/絶大アップ
SR/SR+シンデレラガール2013440/2035213440/20352シンデレラソング全タイプのフロント+バクメン1人の攻守極大/絶大アップ
SR+クールサマーバケーション141012010005ブルーサマーメモリー全タイプの攻守大~極大アップ
SR/SR+アニバーサリープリンセス2015540/2353211550/17490ワンダフルな魔法全タイプのフロント+バクメン2人の攻極大/絶大アップ
SR+ドリームストーリー161213314203夢のかけら全タイプの攻守特大~極大アップ

概要

シンデレラガール


2011年11月28日『アイドルマスターシンデレラガールズ』の稼動初期から登場しているアイドルであり、チュートリアルで入手できるニュージェネレーションの1人。
愛称は「しぶりん」(作中では本田未央などからこう呼ばれている)。CDの持ち歌は「Never say never」。

15歳の高校1年生。実家は花屋。愛犬「ハナコ」の散歩が趣味で、過去にスロットイベントのチャンス演出として犬の散歩をしているところが流された。の方も好き。

ロングヘアーとすらっと伸びた脚が特徴。愛想の無さには自覚があり、ノーマル時の言葉遣いやポーズなどからはちょっと小生意気な印象を受けるが、プロデューサーに気を遣って声をかけるなど、心を開くといい子である。また、可愛い衣装は割と好き。
中途半端は嫌い、未央からは「完璧主義」と称される。それゆえに「何でも自分一人でこなそうとする所がある」とも言われている。

作中屈指の常識人であり、ぶっ飛んだキャラや芸人気質、天然ボケが入ってたりなどで積極的にツッコむことのないアイドルが多数を占める中では非常に貴重なツッコミ専のアイドルである。さらに弄られ属性も兼ね備えた苦労人でもある。
その立ち位置や人気から他のアイドルと共演する機会も多く、共演したアイドルに振り回されたり、周囲のノリに一人だけ付いていけなかったりすることが多々ある。

名前の由来については、登場当初から検索で出ることで話題になっていた、渋谷にあるラーメン二郎系インスパイア店の「凛」の可能性が高いと言われている。
また、デビュー曲のNever say neverについても、有名レディースファッション販売店「ネバーセイネバー」が渋谷区にある。

キャラメルFebriのインタビューによると、杏仁豆腐が当ゲームのイラストを依頼された際に一番最初に描かれたキャラクターが凛であったという。そのためかゲーム稼働当初からシンデレラガールズの看板娘の一人と見なされているようで、グッズやメディアミックスへの登場数はトップクラス。
本家アイマスにも進出し「シャイニーフェスタ」にゲストライバルとして登場している。

各種カード

ノーマル

渋谷凛
凛ちゃん


クール属性を選んだ際は最初のチュートリアルで出会うことになる。残念ながらノーマル、しかも2コス同盟の1人なだけにゲーム内の能力は最弱ランク。しかし1周年を迎えた2012年11月に、このカードと[ニュージェネレーション]が島村卯月本田未央前川みくと共にボイス実装第一号となったこともあり、ファンには欠かせない一枚。pixivでもこの制服姿で描かれたイラストが最も多い。
また時期は不明だが、チュートリアルが大幅に変更されたことで、より彼女との触れ合いが強調されるようになった。台詞はこのために新たに用意され、さらにボイス付きとなっている。

ニュージェネレーション

rin
渋谷凛


2012年1月13日にプラチナガチャにSR版が追加。課金ガチャから出るものしては765プロ出身アイドル以外で初のSRであり、「シンデレラガール」と呼ぶに相応しい一線級の能力を持つアイドルとなった。
二つ名の[ニュージェネレーション]は後に卯月と未央にも同じ二つ名を持つカードが登場し、彼女達3人が主役の漫画のタイトルとなった。また、後に登場した[恥じらい乙女]神谷奈緒、[煌めきの乙女]北条加蓮のSR+とユニットを組んでいるかのようなイラストも特徴的。
特訓前は休日に実家の花屋を手伝っていたところに偶然プロデューサーが訪れたらしく、愛犬ハナコの姿も見ることができる。特訓後の衣装はN+のものに肩出し等のアレンジが加えられている。

最初期のカードであるため、現在では後に登場する[ピュアバレンタイン]を含め性能面で上回るカードが続々と登場し、課金廃人層が主力として使うには少し難しくなってきた。それでも、値下がりによってかつて手が届かなかった無(理をしない)課金層でも入手できるようになったという点では、少なくない数のユーザーが第一線で採用し続けており、彼女の人気と性能はまだ色褪せていない。

CDデビュー

Never say never
凛として渋谷


[ニュージェネレーション]の登場と前後して『シンデレラガールズ』のTVCMが放映される。その中で凛が、今作初出アイドルでは初となる声付きで登場し、話題となった。
当初は声優が公表されておらず、関係者にも秘匿するよう指示されていた。

その後、CDシリーズ「CINDERELLA MASTER」の発売が決定し、双葉杏三村かな子高垣楓城ヶ崎莉嘉と共に、CD化第1号としてCDデビューするメンバーへ選抜される。
しかもナンバリングは堂々の「001」となり、SR化、CM出演に続きシンデレラガールズの顔役として認知されていく。声の担当についてはこれが声優、歌手デビューとなる正真正銘の新人、福原綾香であることが発表された。

2012年4月18日に発売されたCDには期間限定(現在は使用不可)のシリアルナンバーが封入されており、CD限定のSRを入手する事ができた。ただし性能は心許なく、ファンサービス的な面が強い。
特訓前はCDジャケットのイラスト、特訓後はガールズバンド風というコンセプトでの撮影らしくベースギターを抱えている。ベースは未経験だったようだが「ベースって面白いね」「ベースは、フリだけ。…今はね」とコメントしており、興味を持って練習し始めた様子。
その成果はアンソロジー付属のドラマCDにて知る事が出来る。ちなみにギターにも興味を見出だした模様。
CD内のトークでは告白の演技がクールすぎて上手くいかずNGを出すなど、初々しい面を見せた。

アイオライトゴシック

ローソンコラボライブ(+c83宣伝)
てんしぶりん


2012年10月30日からのローソンとのコラボキャンペーンにて手に入ったSR+(SRは存在しない)。残念ながら性能は低めだが、ボイスは実装されている。大手企業が絡んだ仕事だからか流石にドキドキするそうだが、素敵なステージを用意してくれたプロデューサーに感謝し、全力で駆け抜けることを誓っている。
キャンペーンの対象商品だったコーラコーヒーをくれる台詞があるが、当のプロデューサーにとっては彼女を当てるべく既にそのコーラコーヒーを飲みまくっていたため、あまり嬉しいものではなかったのかもしれない…

仲良しの加蓮には[アニバーサリーゴシック]、奈緒には[アトラクトゴシック]という、「ゴシック」の名を含むカードがある。ニュージェネレーションのようなユニット描写はないものの、秘かにお揃いのアクセサリを身に着けており、彼女たちの信頼関係の深さが垣間見ることができる。
また、好きな色はという台詞がある。青でなく蒼。ちょうどこの衣装の様な色の事なのだろう。

ピュアバレンタイン

バレンタイン凛ちゃん
×××


2013年1月31日、ガチャイベント「バレンタインパーティー」にて再登場。台詞にはもちろんボイス付き。
今回は卯月未央との[ニュージェネレーション]トリオの絡みが前面に押し出されている。特訓前は卯月の家で3人一緒に手作りチョコを作っている姿。エプロンは卯月の母から借りたもの。ゲーム内で更新されている漫画『シンデレラガールズ劇場』でもその様子が更に詳しく描かれている。
特訓後はイベントのリハ中で、新しい衣装に身を包みその手には劇場で卯月と未央と一緒に作り上げた手作りチョコ。その顔はちょっとはにかみ気味で恋する乙女のよう。初期の無愛想な態度はどこへやら。[ピュアバレンタイン]の二つ名は伊達ではない。

プレイヤー間の通称は「バレ凛」。能力も攻撃力18126と凄まじい数値の上、アイドルではないマスタートレーナーを除くと初の極大アップ確定の特技を持つという、破格のステータスを誇る。
彼女としては久々の強SRな上に、緒方智絵里など他の人気アイドルも登場したことや当時のイベントで特効3倍補正が付いたこともあり、多くのユーザーが血反吐を吐きつつガチャを回したという。

夜宴の歌姫

どっちが好きなの?
渋谷


2013年10月31日からのガチャイベント「月夜の温泉ガチャ」にて登場したSR。
特訓前は満月が輝く中温泉に入浴中の一コマ。背景に映っている先客の川島瑞樹高垣楓と何らかの約束をかわした様子だが、今後の伏線なのだろうか?
特訓後は湯上りで心機一転し、和風のライブ衣装を纏い卯月、未央と共にステージに臨もうとしているところで、セリフからはプロデューサーや仲間たちとの絆を強く意識している事が感じ取れる。自分独りではなくみんながいるからこそ輝ける…そう自分を表現する凛はまさに夜空の月が如くステージを眩く照らしてくれることだろう。

9月末に解禁されたばかりのコスト19だけあって性能は抜群で、攻撃力20988という大台を叩きだしている。「LIVEツアーカーニバル in スペースワールド」と「新春LIVEツアーカーニバル」では同時にSレアとして登場した佐久間まゆ堀裕子と共にユニット「月夜の歌姫」として登場。ニュージェネ、トライアド以外でのユニットという意外な組み合わせとなった。
また後に奈緒、加蓮ともに[夜宴の○○]という同じ名を含んだカードが登場。名称の他に和装、飾りなどに同じデザインが見られる。和服に対しての感想も何の因果か3人揃って「動きづらい」

2ndアニバーサリー

ニュージェネレーション
2周年おめでとうございます


2013年11月28日、2周年記念イベント「アイドルプロデュース the 2nd anniversary」にて卯月、未央と共に初のレア化。
特訓後の衣装はニュージェネレーション3人おそろいのデザインで、凛は蒼を基調としたカラー。

イベント内での台詞からは、への熱い自信と高い意識を感じることが出来た。また実家が花屋だけに花に関する話題も多かった。
楓さんのオヤジギャグが伝染してしまったのか「一緒衣装」と無意識に口走り楓さんみたいだと指摘され、何のことか気づいていないという凛らしからぬ天然ボケな反応も見せている。今までクールなツッコミ専で通していた彼女も個性的なアイドル達に囲まれていくうちに自然と毒されてきているのかもしれない。
長電話は苦手のようで、卯月はそのことを汲んで凛との電話は手短に済ませているらしい。

通常版、おなじみシャッターチャンス景品のスマイル、そして中間・最終上位景品のネコミミの3種類のバリエーションが存在し、ネコミミは先月末に解禁されたばかりのコスト14レア。
ネコミミの布教元は、同じくプロデュース対象だった前川みく

ワンダフルマジック

輝き
引けませんでした


2014年3月31日「WONDERFUL M@GIC!!開催記念ガチャ」第6幕にて前回に続き卯月、未央と共に登場。Sレアはこれで通算6枚目となる。
特訓前は虹をバックに蒼いワンピースで草原に佇み、特訓後は他のWM組同様のコンセプトの衣装となっている。3人とも属性と同じカラーのお揃いの帽子を被っているのがポイントか。
思い出エピソードでは、当初はアイドルの世界に興味がなかったことが明らかになる。しかしその後アイドルとしてデビューし多くの事を知った、もしくは教えられた事でその認識は大きく変化したようだ。
それこそ本人が「こんな熱くなれるものがあるなんて知らなかった」「忘れることも辞めることもできない」と言うほどである。
そして彼女はその「熱くなれるもの」をより望み、そのために歌い、走り続けることを再認識させてくれる。その結果は後述の第3回総選挙に繋がったのかもしれない。

ローテーションの関係で仕方ないとはいえ、諸星きらりと同じく月末3連続1番手とはならなかった。ただしステータスは月末2番手としてはかなり久々の攻撃型となっており(1番手の卯月より攻撃値は低い)、クール・パッション系の攻撃値を上げる特技「願いの魔法」を持つ。ガチャと同時期に開催された第6回ドリフェスはこの二属性にパワー持ちが多いため、Cu単色の卯月よりも使い勝手が良いとされた。

シンデレラガール

°˖✧◝しぶりんは俺のシンデレラ°˖✧◝
凛ちゃん


2014年6月17日、「シンデレラガール渋谷凛リミテッドガチャ」にて登場したSR(後に恒常化)。同時登場Rは相馬夏美
その名の通り、凛が「第3回シンデレラガール総選挙」で栄冠をつかんだことによって生まれたSRカードである。
特訓前は学校の教室。夏服教室の机に座り、窓からの風を受けて涼しげ。爽快感と達成感に包まれている。脚の広げ方はちょっと大胆。『シンデレラガールズ劇場』326話は、かつての自分と今の自分が向かい合うというリリカルなもの。
特訓後はこれまでの[シンデレラガール]がそうであったように、シンデレラのお城で光り輝く衣装をまとっている。イラストには上半身しか映っていないが、台詞によると足にはやはりガラスの靴を履いているらしい。ここまで来れたことに対しプロデューサーとファンに最大の感謝を述べ、これからも歌い続けたいと語った。

クールサマーバケーション

しぶりんと海の日
なつしぶりん


2014年8月10日より行われた「エンジョイサマーログインキャンペーン」にてログインしたプロデューサー全員に配布された。特訓前の存在しないSレア+となっている。ボイス付き。
黒ビキニ水面に身を浮かべている海水浴のイラストで、台詞によるとトライアドプリムスの二人と一緒に来ている。

アニバーサリープリンセス

アニバーサリーしぶりん
無題


2014年11月28日からの「アイドルプロデュース the 3rd Anniversary」で上位報酬SRが登場。
3周年を祝した豪華パーティーというシチュエーションで、イベントでは日野茜新田美波小日向美穂城ヶ崎美嘉と同じくプロデュース対象としてコミュニケーションを取ることができた。
ただし、今回の凛はプロデュースゲージという初採用のシステムだった。これは他の4人のコミュを成功させるとゲージが貯まり、MAXになると凛のコミュが発生するというもの。手間はかかるが、イベント期間が長かったこともあり、他のアイドルのついでにコミュニケーションをしていれば絆レベルを上げきることは可能だった。
ただし問題があった。他のアイドルと楽しくコミュニケーションしているときでも、ゲージが貯まると強制的に凛のコミュになるのだ。チャンスタイム発生で急いでいても問答無用。まるで他のアイドルとの会話をさえぎっているようだと話題になり、プロデュースゲージは嫉妬ゲージとも呼ばれた。

3rdアニバーサリーアイプロ



また、コミュの中で他の4人との会話が展開することもあった。
茜に対しては、ハイテンションではしゃぐ姿を「そんなにあわてて食べなくても」となだめるも、茜の勢いが余って凛の指まで食べてしまうという椿事に。凛はその姿に愛犬のハナコを重ねていた。
美波に対しては、パーティー準備のまとめ役を務めたことに「お疲れ様」と感謝を述べた。夜の部では美波の圧倒的なフェロモンを前に「夜の美波はオトナっぽい」とコメント。
美穂に対しては、美穂のデザインしたクマの招待状が素敵だったと褒めた。また、美穂が何か困っていそうだと察してあげたり、会場が船の上なので落ちないように気をつけたり、心配するような台詞が多かった。
美嘉とは「デレラジ」などを通してすっかり打ち解けているだけに、フランクなやりとり。『シンデレラガールズ劇場』425話も参照。
さらには過去の「アイドルプロデュース」についても思い出話として触れていた。

SRカードについて。特訓前はイベント後半の舞台となった夜の船上で、ガラスの靴を受け取っている。あまりにもできすぎた舞台に、プロデューサーを「ロマンチスト」と称する。
特訓後は大歓声を背に、白い衣装でライブ。普段は不器用で言葉が足りない自分だが、嬉しいと饒舌になるという。

ドリームストーリー

2周年おめでと!!!!


TVアニメと連動してゲーム内で行われた「フライデーナイトフィーバーキャンペーン」第3弾の特典として、第3話終了後に配布された限定SR。最初から特訓後の状態である。
イラストはお願い!シンデレラのCDジャケットやアニメーションPVと同じクールカラーのドレス姿。
セリフもアニメ版の設定を踏襲しており、初々しいものとなっている。

シンデレラガールズ劇場出演歴

ガチャ、イベント

25神谷奈緒、北条加蓮[煌めきの乙女]北条加蓮ガチャ追加
55島村卯月、本田未央1周年記念クリスマスパーティーガチャ
75島村卯月、本田未央バレンタインパーティーガチャ
141島村卯月、月宮雅、本田未央パーフェクトスターSTEPチャンスガチャ
176島村卯月、川島瑞樹、高垣楓、本田未央月夜の温泉ガチャ
202島村卯月、本田未央アイドルプロデュース the 2nd Anniversary
227島村卯月、本田未央はじけて♪サマー水着パラダイスリミテッドガチャ
228島村卯月、塩見周子、本田未央同上
271、272島村卯月、本田未央WONDERFUL M@GIC!!&総選挙開催記念ガチャ
273島村卯月、三村かな子、双葉杏、本田未央、城ヶ崎美嘉、城ヶ崎莉嘉、諸星きらり同上
326(なし)シンデレラガール渋谷凛リミテッドガチャ
425城ヶ崎美嘉アイドルプロデュース the 3rd Anniversary
426神谷奈緒、北条加蓮3周年記念クリスマスパーティーガチャ
拡大版1話省略アイドルプロデュース the 2nd Anniversary


デレラジ

話数共演アイドル
35島村卯月、城ヶ崎美嘉
52島村卯月、三村かな子、城ヶ崎美嘉、城ヶ崎莉嘉
58島村卯月、双葉杏、前川みく、城ヶ崎美嘉
74島村卯月、小日向美穂、本田未央、城ヶ崎美嘉
81島村卯月、多田李衣菜、城ヶ崎美嘉、諸星きらり
109島村卯月、赤城みりあ、城ヶ崎美嘉
112島村卯月、安部菜々、城ヶ崎美嘉
121島村卯月、城ヶ崎美嘉、日野茜
151島村卯月、新田美波、城ヶ崎美嘉
160島村卯月、川島瑞樹、城ヶ崎美嘉
174島村卯月、高森藍子、城ヶ崎美嘉
184島村卯月、緒方智恵理、城ヶ崎美嘉
204島村卯月、白坂小梅、城ヶ崎美嘉
268島村卯月、アナスタシア、城ヶ崎美嘉
290島村卯月、小早川紗枝、城ヶ崎美嘉
297島村卯月、神谷奈緒、城ヶ崎美嘉
303島村卯月、星輝子、城ヶ崎美嘉
312島村卯月、北条加蓮、城ヶ崎美嘉
318島村卯月、堀裕子、城ヶ崎美嘉
322島村卯月、城ヶ崎美嘉、千川ちひろ
338島村卯月、姫川友紀、城ヶ崎美嘉
343島村卯月、佐久間まゆ、城ヶ崎美嘉
347島村卯月、鷺沢文香、城ヶ崎美嘉
352島村卯月、本田未央、高森藍子、城ヶ崎美嘉
392島村卯月、城ヶ崎美嘉、十時愛梨


新エリア解禁

話数共演アイドルエリア
34島村卯月、太田優、松尾千鶴、本田未央、星輝子、首藤葵福岡エリア
47島村卯月、丹羽仁美、橘ありす、森久保乃々、本田未央、片桐早苗名古屋エリア
70島村卯月、棟方愛海、白菊ほたる、アナスタシア、本田未央、堀裕子北海道エリア
88島村卯月、藤本里奈、早坂美玲、大和亜季、本田未央、西島櫂仙台エリア
111島村卯月、大原みちる、鷺沢文香、結城晴、本田未央、キャシー・グラハム愛媛エリア
133島村卯月、長富蓮実、遊佐こずえ、八神マキノ、本田未央、冴島清美沖縄エリア
154島村卯月、有浦柑奈、ライラ、岸部彩華、本田未央、的場梨沙長崎エリア
209島村卯月、大沼くるみ、二宮飛鳥、本田未央、財前時子、槙原志保静岡エリア
246島村卯月、一ノ瀬志希、柳清良、浅利七海、本田未央、佐藤心長野エリア
311島村卯月、乙倉悠貴、ケイト、本田未央、依田芳乃岡山エリア
382島村卯月、桐生つかさ、本田未央、並木芽衣子福井エリア


楽曲、その他

話数共演アイドルテーマ
5双葉杏、城ヶ崎美嘉CINDERELLAMASTER第1弾
21島村卯月、三村かな子、前川みく、双葉杏、神崎蘭子、諸星きらり、千川ちひろ第1回シンデレラガールズ選抜総選挙
98島村卯月、三村かな子、小日向美穂、双葉杏、多田李衣菜、神崎蘭子、本田未央、城ヶ崎美嘉、城ヶ崎莉嘉、諸星きらりお願い!シンデレラ
143島村卯月、輿水幸子、高垣楓、神崎蘭子、アナスタシア、本田未央輝く世界の魔法
276島村卯月、前川みく、安部菜々、多田李衣菜、白坂小梅、新田美波、赤城みりあ、城ヶ崎莉嘉、諸星きらり、日野茜1stLIVE「WONDERFUL M@GIC!!」
単行本第1巻書き下ろし1島村卯月、本田未央


ダイスDEシンデレラ

しぶりんちゃんさん。


2014年4月1日のエイプリルフール企画として1日限定でミニゲーム「ダイスDEシンデレラ」が実装された。
凛はプレイヤーキャラの1人として、デフォルメされたファンタジー物の魔法剣士の姿で登場している。
翌年の2015年のエイプリルフールでも「ダイスDEシンデレラ2」として再実装。凛も新たなイラストで再登場した。

グランブルーファンタジー

魔法剣士りんりん


2014年10月14日には、「グランブルーファンタジー」のコラボイベント『シンデレラファンタジー』の限定プレイヤーキャラとして、ダイスDEシンデレラの衣装そのままに新たにキャラデザを描きおこされて参戦。
イベント開始直後から無条件で仲間入りし、イベント中に信頼度が1000に到達していればイベント終了後も仲間から外れない仕様となっていた。
ファンタジー映画の撮影のために上記の衣装をまとっていたが、共演者の卯月蘭子とともに突然謎の光に包まれ、グランブルーファンタジーの世界に迷い込んでしまったという設定。
目が覚めるやいなや、緑色のバカっぽい未確認生物に襲われたり、剣を振るとい炎が出たりと、目の前に起こる非現実の数々に困惑する凛だったが、そこを通りかかった主人公一団に助けられ、散り散りになった仲間2人と再会して元の世界に戻る方法を見つけるために同行することになる。
蒼だけに属性は水で、イベント限定のボスが火属性かつ歌・楽器系でバーストゲージが大幅に削れるため、イベント攻略には使い勝手のいいキャラであった。

アニメ

  • 輝きの向こう側へ!』の放映前CMでニュージェネレーションの1人としてナレーションを担当。本編エンディングにも一枚絵のみ登場。街中ディスプレイで踊る765プロアイドルを見ながら、颯爽と街を歩いていた。
  • ゲーム稼働開始2周年記念として公開されたアニメPVに登場。


テレビアニメ版

シンデレラガールズ
第一歩


テレビシリーズでは島村卯月本田未央と共に物語を引っ張る主人公の1人として第1話から登場。
本編開始時点ではアイドルとは無縁の花屋の娘だったが、「シンデレラプロジェクト」の補欠として346プロプロデューサーのスカウトを受ける。
当初はアイドルにまったく興味がなく、不審者扱いされるほどしつこく勧誘してくるプロデューサーに苛立ち、呆れていたが、同行した卯月がアイドルへの夢を語る姿や、プロデューサーの「今までと別の世界が広がっている」という言葉に心を動かされ、アイドルとして活動することを決意。
美嘉のライブのバックダンサーで初舞台を経験した後、卯月・未央と共にユニット『New generations』としてプロジェクトの中でも真っ先にCDデビューを果たす。

NEW GENERATIONS
しぶりん



これまで語られるばかりだったプライベートも映像で描写され、学校に仲のいいクラスメイトがいる様子も描かれている他、母親も登場している(声優大地葉)。

元々アイドルを目指していた卯月や自分からオーディションに飛び込んできた未央とは違い、プロデューサーに導かれるままアイドルになったため、三人の中ではある意味最も『普通の女の子の視点』を持っていることが強調されて描かれており、シンデレラプロジェクトのメンバーの中では数少ないツッコミ役として活躍する。
その一方、それまで経験も興味も無かったアイドルの世界に入り込んでいくことに対して期待と同時に不安や戸惑いを感じていることが描写されているのも特徴。
特に第6~7話にてデビューライブの一件から未央が事務所に一時来なくなってしまった件では、自分をアイドルに導いたプロデューサーが彼女を引き止めきれず、また自分達の処遇についてはっきりとした態度を示せなかったことに対して戸惑いと失望を見せており、「プロデューサーは自分達と向き合うことから逃げているのではないか」と指摘。自身も事務所を出奔してしまう。
その後、卯月の言葉で迷いを吹っ切ったプロデューサーと改心した未央に謝罪された時には、アイドルとしての自覚と覚悟の固まらぬままごく短期間でCDデビューにまで来てしまったことに困惑し、今後自分達がどうなっていくかもわからないことに恐怖を感じていた自身の心情を吐露している。

デビューライブでの騒動を乗り越えて以降は精神的に成長して周囲を見渡す余裕も生まれている模様。
プロデューサーの欠点を知っていることから、メンバー達に積極的に歩み寄るよう努力するようになった彼とメンバーの仲を取り持つ役割をそれとなく務めるようになっている。
そしてメンバー全員で参加したサマーフェスの様子が描かれた13話では美波の心因性発熱や天候不良といったトラブルに見舞われるも、未央と卯月らと共にそれまでの成長を見せるかのように全力で、なにより笑顔でステージに臨み、遂にデビューライブのリベンジを果たした。
フェス終了後、プロデューサーに感想を問われた時には「楽しかった、と思う」と穏やかな笑顔で答えており、また、3話の初舞台ではまだ夢のように感じていたアイドルの世界を実感として捉えられるようになったようである。

…ちなみに10話で行方不明になった凸レーションの代役として出演させられそうになり、そのため彼女らのコスチュームであるPa衣装PikaPikaPoPを着るハメになったのだが…

パッション!


諸星きらりの衣装であろうか?

アイドルマスターワンフォーオール

しぶりーん


アイドルマスターワンフォーオールにおいて、DLCのスペシャルゲストとしてかねてから登場が期待されていたが、島村卯月に続く形で2月28日ついに登場。
S4U!モードで、「Never say never」を鑑賞できるほか、専用のフェスのお仕事が追加され、対戦することができる。
紫の花をあしらったゴシックドレス風のオリジナル衣装に加え、アイマスのステージPVでは初のスタンドマイクが取り入れられており、SR+[ニュージェネレーション]のイラストを彷彿とさせる。

他のアイドルとの関係

ニュージェネレーション

「各属性でのアルバムの先頭に位置するコスト2アイドル」という共通点を持つ島村卯月本田未央とのトリオ。凛→卯月→未央の順で「"ニュージェネレーション"」の称号を持つSRが登場したが、足並みが揃わなかった為に2012年当時の二次創作では卯月や未央がそれぞれ不憫・不遇ネタで弄られる等、時期によって度々力関係が変化していた。
漸く3人揃ってからはそうした扱いもある程度安定し、公式でも上記[ピュアバレンタイン]カードや漫画『アイドルマスターシンデレラガールズニュージェネレーションズ』など3人の友情や絆が描かれる場面が増えてきた。また、新キャラが登場した際には、『シンデレラガールズ劇場』で彼女たち3人がインタビューした後にオチをつけるのが恒例となっている。

なお、3人中2人で出てくる頻度としては、公式でも二次創作でも「卯月と凛(うづりん)」>「卯月と未央(うづみお)」>「凛と未央(りんみお)」といった感じになっている。

NG同士の背景出演も盛んで[ピュアバレンタイン]や[夜宴の歌姫]で未央や卯月の姿が確認できるほか、凛自身も[パーフェクトスター]本田未央と[はじけて♪サマー]島村卯月のカードに水着姿で登場しており、[クールサマーバケーション]でこの姿でのカード化が果たされた。

トライアドプリムス

神谷奈緒北条加蓮とは公式でトリオを組んでいるような描写となっていることが多い。当初[ニュージェネレーション]での凛自身は特に触れていなかった(もしくは関係自体考えられていなかった)のだが、後に奈緒と加蓮がSR化した際、両者に関係を匂わせる台詞があり、また3人のSR+イラストを並べるとユニットのような統一感がある。
当初は3人のユニット名への言及はなく、タグとしては3人の名前を繋げた「りんなおかれん」が普及していた。ユニット名が明らかになったのは、イベント「ライブツアーinイタリア」から。
2周年記念として公開されたPVアニメーションでは他のCDデビュー済みアイドルに混じってまだ声が付いていない彼女たちが凛と共演している。後に奈緒と加蓮がCDデビュー第6弾のクール枠として正式発表され、今後ますます活躍の機会が増える事だろう。

意外と気付かれにくいが10cm以上の身長差があり、奈緒が154cm・加蓮が155cmなのに対して凛が165cmなため、3人で並ぶと最年少にもかかわらず頭ひとつ抜け出す形となる。

趣味・実家関連

同じ犬好きの水木聖來は、お互いの飼い犬を見せ合い写真を撮ったと発言している。他に犬好きアイドルといえば太田優もいるが、残念ながら彼女との関係は現在確認されていない。
実家が花屋ということで花好きの相葉夕美が自宅に訪れており、「凛ちゃんのおうち、スゴイんだよ!」との発言がある。彼女は押し花作りが趣味の西園寺琴歌とも仲が良いようなので、凛とも交流があると考えられよう。
また、前川みくからは共演するたびネコミミを付けさせられている。始まりはデレラジ劇場にて、「しぶにゃん(こ)」の呼び名と共に付けられた。2回目は上記の2周年アイプロにて、ねこみみ布教を企てたみくの手によって再び付けられている。犬と猫という真逆の動物が好きな二人だが、凛は猫も好きと言っていることもあり仲は悪くないようである。→みく凛

CD・声優関連

CDデビューの際には、同じCM1期生となる双葉杏三村かな子高垣楓城ヶ崎莉嘉と共に登場するイラストも見られた。シンデレラガールズ劇場第5話でも杏、莉嘉と共演している。ゲーム内での絡みが特にあるわけではないが、人気キャラ揃いのため、メディアミックスや二次創作では一緒に登場する場面が割と多い。
番組公式ラジオ「デレラジ」でそれぞれの担当声優がパーソナリティを務めている関係から、卯月と共に城ヶ崎美嘉と3人で絡んでいるイラストも度々見られる。

シンデレラガール総選挙

第1回シンデレラガール選抜総選挙においては、SR化やCDデビューを果たしていたものの、逆に貴重なSR枠を使ってアピールせずとも今後の活躍が約束されていると受け取られた節があり、他メディアへの露出もまだ少なかったためか、第19位という結果であった。勿論100人以上のライバルがいる中での順位なので、これでも十分健闘しているのだが、ここで満足する彼女ではなかった。

第2回シンデレラガール選抜総選挙においては速報で第4位、最終結果においては第5位と、第1回から大幅に順位を上げた。今や彼女は、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の看板娘の地位を不動のものにしたと言えよう。
一概に言えないが、デレラジのパーソナリティーやローソンとのコラボ、コミカライズ作品での活躍など、ゲーム以外での露出が彼女の魅力を大多数に知らしめ、今回の躍進に繋がったのではないかと思われる。前回開催時点では貴重だったSRも既に多くのアイドルが達成し、複数枚SR化したアイドルも増えた為、あまり重要視されなくなった面もあった。また、上位5人がユニットでCDデビューし、ボイス未実装のアイドルには新たに声があてられるという特典もあって、彼女を含めた前述のユニット「トライアドプリムス」の上位入りを望む層からの得票が、凛の順位を押し上げたとも言われている。
なお、「輝く世界の魔法」でCDデビューを果たした上位5人のユニットは、中二病外国語交じりで喋るハーフ親父ギャグ好き自称・カワイイといったキャラクターの濃いアイドルで占められており、一部では唯一のツッコミ役とも言われた。実際『シンデレラガールズ劇場』第143回では、強烈な個性をもつアイドルに囲まれて疲弊しきった姿が描かれた。頑張れ、しぶりん。
これを受けて制作された、「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cool jewelries! 001」に収録されたボイスドラマでは、他のアイドルが親父ギャグ好きに倒されていく中で最後まで生き残っている。

月末ガチャの追い風が予測されていた第3回シンデレラガール総選挙では遂に速報1位に躍り出た。とはいえすぐ下に開催中のイベントで上位報酬に抜擢された緒方智絵里が控えている以上、決して気を抜けないことは確かであった。シンデレラガール第3号の座を射止めるか否か、多くの凛担当プロデューサーが結果発表まで固唾をのんで見守っていた。

そしてついに……
最終的に253,329票を獲得、見事シンデレラガールの称号を勝ち取ったのである。これによって全体順位上位5名(凛のほか、安部菜々緒方智絵里島村卯月本田未央)のユニット、各タイプ別順位上位3名計9名(凛と前述の4名に加え、クールから高垣楓鷺沢文香、パッションから姫川友紀高森藍子)のユニット双方に参加し、それぞれのCDを発売することが決定した。
サービス開始から約2年半、ずっとトップアイドルの座を目指して駆け続けてきた彼女がついに辿りついた境地である。こうして第3回選抜総選挙は、多くの凛担当プロデューサーが感涙にむせぶであろう結果となったのだった。
発売されたCD「We’re the friends!」では上位5名の組み合わせでドラマパートにも出演。発売直前にゲーム内で公開されたスペシャルエピソードにも5人での様子が描かれており、総じていつもの墓穴が発端で他メンバーに振り回される菜々を哀れむような目で見守る立場となった。

第4回シンデレラガール総選挙では9位にランクイン。連覇はならなかったものの、クール系3位をマークし、タイプ別順位上位3名計9名のユニット曲参加を果たしている。直後の総選挙でトップ10を維持したのは歴代シンデレラガールとしては初。この辺はモバマスの顔役たるニュージェネレーションの面目躍如と言った所であろう。

他企業とのタイアップ

ローソンで働く渋谷凛、GIFアニメ


2012年10月30日~11月12日まで開催されたローソンシャイニーフェスタ・シンデレラガールズのタイアップキャンペーンでは、シンデレラガールズから凛がキャンペーンガールに選ばれ、グッズやカード用の新規イラストが描き下ろされた(各種カード>アイオライトゴシックを参照)。
限定カード抽選の確定演出では、ローソンの制服を着てレジに立つデフォルメ凛の姿を見ることができた。

しぶりんの瞳が、カギになる


2015年5月28日~7月31日まで開催の富士通ARROWSとアイマスのタイアップキャンペーン「ARROWS M@STER」では、シンデレラガールズからのキャンペーンガールとして抜擢された。ちなみに本家からは四条貴音、ミリオンライブ!からは伊吹翼が選ばれている。

参加ユニット


関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
名前渋谷 / / しぶりん
楽曲Never_say_never / 輝く世界の魔法 / 蒼穹
個別しぶにゃん / 凛わんわん / 荒ぶる凛ちゃん / 蒼歴史 / しゃぶりん / ポジ凛 / ホモ凜 / 8月10日は渋谷凛ちゃんの誕生祭
カップリングりんなお / 凛かれ / かえりん / りんせいら / 蒼い魂の色 / うづりん(りんうづ) / 凛かな / みく凛 / しぶあん / 凛まゆ / りんみお / りんみか/ 武凛 / ちはりん
集合ニュージェネレーション(2コス同盟) / トライアドプリムス(りんなおかれん) / シンデレラガールズ / シンデレラプロジェクト / CM1期生 / デレラジ(デレラジ組) / デレマス15歳組 / 姫川会 / PKヴィオレット / 蒼の系譜 / 蒼黒の美声楽団
その他女子高生(JK) / ロングヘアー / ピアス


同年齢アイドル

Cu水本ゆかり/五十嵐響子/大原みちる/前川みく/桃井あずき/小早川紗枝/楊菲菲/栗原ネネ/村松さくら
Co大石泉/松尾千鶴/アナスタシア
Pa本田未央/喜多見柚/星輝子/星井美希/水瀬伊織/野々村そら/喜多日菜子/キャシー・グラハム/浜口あやめ/土屋亜子/冴島清美

外部リンク

渋谷凛とは (シブヤリンとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「渋谷凛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63104399

コメント