ピクシブ百科事典

新田美波

にったみなみ

新田美波(にった みなみ)とは、ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するヴィーナス系アイドル。
目次[非表示]

プロフィール

「ふふっ、私がアイドルなんてなんだかドキドキします。あ、でもアイドルになったら学業に響いたりしないかな?パパに怒られちゃうかも…その時はプロデューサーさん、よろしくお願いしますねっ?」
「みなみ、決めますっ!」
「勉強もスポーツも、大好きですっ」

タイプクール
年齢19歳(大学生)
身長165cm
体重45kg
B-W-H82-55-85
誕生日7月27日
星座獅子座
血液型O型
利き手
出身地広島県
趣味ラクロス資格取得
CV洲崎綾
初登場2012/05/14(お仕事「神戸エリア」)
CDデビュー2013/05/22(No.019)
ぷちデレラ実装2015/08/31
ぷちデレラ初期ステータスVo58/Da60/Vi61
ぷちデレラ最終パラメータVo3850/Da4000/Vi4075
第1回総選挙13位
第2回総選挙28位
第3回総選挙43位
第4回総選挙24位
第5回総選挙23位
「アイドルトーク」高垣楓鷺沢文香速水奏

概要

2012年5月14日『アイドルマスターシンデレラガールズ』に実装された「神戸エリア」から初登場。19歳の現役大学生であり、勉強熱心で優等生的なキャラクター。文武両道を心掛けているらしく、ラクロスと資格取得を趣味としている。高校時代には生徒会に所属、大学1年次にはミスコンで優勝するなど、色々と経験豊富。しかしその裏には、本当は何をやりたいのかという迷いもあったようだ。

うちのパパ、海洋学者なんです。

家族の話題も多く、美波がパパと呼ぶ海洋学者の父親、家事スキルの高い母、高校生の弟がいる。『美波』という名前は父親による命名で、「ときに激しく、ときにやさしい、波のように」と海に因んで名付けられた。家庭内でも姉という立場にあるためか面倒見がよく、年下のアイドルや一部の年上アイドルの面倒を見たりすることも。

趣味のラクロスをはじめ、テニスや乗馬、水泳などスポーツは全般的に得意。そんなスポーツで培った健康的なプロポーションを生かすためか露出の多い衣装を着る機会も多く、本人もそのことを気にしている。もちろんあくまでお仕事であり、プロデューサーの個人的趣味とかそういった理由ではないはず。きっと。たぶん。なお露出が多いとパパから連絡が来るそうな。(海洋学者の父怒らせたりしないよう気を付けて!→アイドルの奇妙な冒険

もう一方の趣味である資格取得についても、アイドル業と大学生の両立という多忙な日々の中にありながら時間を見つけてはコツコツ勉強しているらしい。資格取得を目指す理由は色々な可能性に挑戦したいからであり、当初はアイドルもその中の一つだった。しかし仕事やレッスンを重ねるにつれて、徐々にアイドルへの思い入れが強くなっていく。

NITTA-CHANG

切れ長でタレ目がちな目元、ロングヘアーの髪型など、19歳らしからぬ大人っぽい雰囲気や色気を持っている。そんな雰囲気からか、曲のタイトルや衣装名にはヴィーナスヴァルキュリアなど女神の名を冠したものも多い。しかし本人はまだまだ子供と思っており、大人っぽいとか女神と言われても実感はなく、自分にはまだ釣り合わないと感じている。たしかに時折自分のことを「みなみ」、父親を「パパ」と呼ぶなど、子供っぽい一面も残している。

そんな自覚の無さのせいか、無防備に色気を振りまいてしまうシチュエーションや誤解を招きそうな発言も散見される。しかし本人はいたって素直で純粋なので、プロデューサーの理性が試されている、という注意が必要である。

第1回シンデレラガール選抜総選挙

[バースデイライブ]新田美波

2012年7月に実施された第1回シンデレラガール選抜総選挙では中間発表から最終結果まで変わらず13位を維持。12位以内のアイドルは皆2011年内に登場しており(ゲーム稼働開始日は2011/11/28)、また投票開始時点で全員レアカードが実装されていた。対して新田美波のレアカードは、投票終了前日になって登場した[サマーライブ]が初であった。2012年5月の初登場から7月の投票開始まで僅か2か月しかなく、その時点ではまだノーマルカードのみだった彼女の高順位は快挙と言える。

CDデビュー&ボイス実装

表紙絵(暫定)

2013年3月15日、『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 019 新田美波』としてCDデビューすることが発表された。初登場からCDデビュー決定まで10か月というスピード出世となった。同期デビューは日野茜赤城みりあ安部菜々輿水幸子。デビュー曲は『ヴィーナスシンドローム』。3月29日には担当声優が洲崎綾に決定したことが発表された。

Cool jewelries! 001

新田ちゃん

2013年9月25日発売の属性別アイドル5人組によるミニアルバム第一弾『Cool jewelries! 001』に選出。他のメンバーは神崎蘭子渋谷凛高垣楓多田李衣菜。全員曲の『NationBlue』と『ススメ☆オトメ』に加え、ソロで『亜麻色の髪の乙女』をカバーしている。

ダイスDEシンデレラ

新田ーニャ落書き

2015年4月1日のエイプリルフール企画として強化復刻した「ダイスDEシンデレラ♪2」に追加プレイヤーキャラとして登場。北欧神話のヴァルキュリアを彷彿とさせる「戦士を導くのが私の務めです」というセリフに、頭には羽飾り、鋼の鎧に身を包んだ装いで、手に持った槍はラクロス用のクロスをアレンジしたデザインとなっている。

カード一覧

枚数:13種25枚+差分1種2枚(太字はローディングキャラ付)

レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
N/N+クリアブライトネス112573/38973203/4851無し無し
R/R+サマーライブ104200/63603885/5884無し無し
SR/SR+笑顔の女神1711498/174118505/12880笑顔の魅力全タイプのバクメン10人の守 大/特大ダウン
SR/SR+制服の女神1710815/1637810395/15742恥じらいの笑顔Coの攻守 特大/極大アップ
SR/SR+CDデビュー105303/80314935/7474ヴィーナスシンドロームCoの攻守 中/中~大アップ
SR/SR+眠れる小悪魔1913283/201159555/14470誘惑の夢Coの攻 特大/極大アップ
SR/SR+シンデレラドリーム1914490/219429240/13992夢のチカラ自分の攻 極大/絶大アップ
SR/SR+レディアントヴィーナス2015015/2273810553/15981エンジェルブレスCoPaのフロント+バクメン1人の攻 極大/絶大アップ
SR/SR+3rdアニバーサリー136143/93038663/13119メモリアルディナーCuCoのフロント+バクメン1人の守 特大/特大~極大アップ
SR/SR+3rdアニバーサリー・S1811025/1669611130/16854同上CuCoの攻守 大~特大/特大~極大アップ
SR+ラブライカ161339812823夢のかけらCuCoの攻守 特大~極大アップ
R/R+ハイカラサクラ134673/70778453/12801春のお誘いCuCoのフロント+バクメン1人の守 中~大/大アップ
SR/SR+アディクティブメイド2114700/2226014595/22102エクスタシーモード全タイプのフロント+バクメン4人の攻守 極大/絶大アップ
R/R+スクールプール148610/130385775/8746夏のエールCoのフロントメンバー及びバックメンバー上位3人の攻 特大アップ / 特大~極大アップ

ノーマル(クリアブライトネス)

みなみちゃんぐ
新田ちゃん


神戸以降の各エリアやローカルガチャで入手可能。当時ノーマルとしては初のコスト11。特訓前はラクロスのクロスを持った姿で登場し、特訓後はレースクイーン風の衣装になる。後に衣装の名称はクリアブライトネスと公表された。

親愛度MAX時には、家族・友達・プロデューサーなど支えてくれる人々への感謝や、さらに先へ挑戦するチャレンジ精神を見せている。

サマーライブ

夏ですねプロデューサーさん!
サマーライブ!


2012年7月24日からのイベント「アイドルサバイバル in サマーライブ」にて、栗原ネネ三好紗南と共にレアカード化し、お揃いのTシャツ(特訓前)→セーラー服(特訓後・学生服ではなく水兵服)で登場。このトリオは後のイベントでもライバルユニットとして度々登場している。他のメンバー(椎名法子多田李衣菜小関麗奈)を含めても最年長のため、お姉さんのような気持ちなのか「紗南ちゃんもネネちゃんもカワイイっ♪ふふっ♪」と2人を見守るようなコメント。

イベント限定レアカード化とはいえ、なぜか使用コストが10に下がっており(性能はNより上)、スキルもなし、攻撃・防御力の性能もどっちつかずで、愛で使っていくキャラといえる。

露出度は相変わらず高め、ライブには家族も応援で来ているらしい…流石にプロデューサーの視線に気付いたのか、自分の衣装だけ他のアイドルに比べ露出が多くないかと疑惑の目を向けている。

笑顔の女神

コートの下は…
新春新田さん


2012年12月27日開催のイベント「新春アイドルプロデュース」にてついに上位報酬SRに昇格。同時登場SRは赤城みりあ、Rは塩見周子相葉夕美安部菜々。17コストSRであり、対バックメンバーの能力を下げる特技を持つ初めてのカード。特訓前はコート姿で共に初日の出を見ている姿。コート姿で健全なシチュなのになぜか必要以上に色気を感じてしまうのは気のせいだろうか。

特訓後はNの特訓後衣装を和風アレンジしさらに大胆にした衣装で新春ライブに臨む姿。「笑顔の女神」の二つ名通り色気たっぷりの笑顔でライブしている姿は、まさに女神。
だが、ガチャで大量におせちが手に入るため上位争いは修羅のごとく。参戦する人は相応の覚悟があるか試された。

ゲーム内で更新されている漫画『シンデレラガールズ劇場』第64話では赤城みりあ塩見周子から「甘酒飲んでるだけなのにすごい色っぽーい!」「あたしじゃ無理だなー」と評されており、どうやらアイドルたちの間でもセクシーという評判になってきていたらしい。

制服の女神

先生、教えてください…
新田美波


担当声優が決まった後の3月31日に始まった「制服コレクション2013」にてボイス付きのガチャSRになった。またしても女神である。同時登場SRは安部菜々小関麗奈、Rは丹羽仁美綾瀬穂乃香喜多見柚浜口あやめ

高校卒業済みの19歳なのだが、どうやらその制服姿(特訓前)は「プロデューサーが喜ぶだろう」と父親公認らしい。特訓後はライブ中に制服型の上着を脱いだところ…なのだが、何ゆえにスカートの模様と胸当ての柄が一緒なのかは分からない。

『劇場』94話では「新春アイドルプロデュース」でも共演した安部菜々と再び共演している。

CDデビュー

CDみなみ
新田美波ちゃんお誕生日おめでとう!!!!!!!!


2013年5月22日に発売されたCDに、ジャケットのイラストを基にしたSRが貰えるシリアルコードが特典として封入された。ただし他のCDデビューSR同様に性能は低く、実戦用というよりはファンサービス。特訓前はハイビスカス柄のビキニ。特訓後は四葉のクローバーシロツメクサの花輪をあしらったパレオ

同期デビュー5人の中では肌の露出が一番多く、「衣装っていうより水着……」と気にしている。愛と美の女神ヴィーナスをイメージした曲に合わせたのか、『浜辺のヴィーナス』というコンセプトの衣装らしい。CD発売記念キャンペーンのログインボーナスに登場する際にも、前日の安部菜々から「とーってもセクシーで健康的なナイスバディのあの子」というコメントで紹介された。

また『NO.1』と書かれたビーチボールを持っているが、よく見ると反対側には『YES』と書かれている。これは表面の『NO.1』と合わせて『Yes No.1』と表されるものと思われるが、美波の脚で.1の部分が隠れてしまい『NO』が強調されて見え、それが「YES/NO枕」を模している形になってしまっている。公式側からもそんなキャラ扱いをされているのか…色気を強調して売っていこうという考えの元なのかも知れないが、CD内のラジオパートではなぜか何度も「ラクロス」を言い直しさせられているので、やっぱりそういう意図で…

『劇場』115話ではCD発売記念イベントで疲れたみりあを心配したり、うたた寝した幸子を優しく運ぶようプロデューサーに声をかけたり、車内で眠る茜・みりあ・菜々(幸子は助手席)に寄りかかられ、みりあに膝枕しながらニコニコしていたりと、最年長()ということでお姉さんらしい一面を見せている。

眠れる小悪魔

新田ちゃん
ミナミン


2013年10月9日からの「新・悪魔っ娘リミテッドガチャ」にて4度目のSR化。同時登場Rは間中美里

特訓前はブレザーを脱ぎワイシャツ姿で、ソファで横になった寝起きの表情…。資格の勉強でお疲れだったのか事務所のソファで眠ってしまったらしい。スカートが短く絶対領域を惜しげもなく晒しているうえ、肩を出し胸元もネクタイが緩みシャツのボタンも1つ2つ外れている…と、露出そのものは然程高くないのだが目のやり場に困るレベルで色っぽいのはどういうことなのか。4コマではこの状態から眠ってしまい間中美里に「トリックオアトリート」と書かれた布をかけられてしまったがもうトリック必至としか言いようがない。これに耐えたプロデューサーは聖人君子か何かではなかろうか…。

特訓後は、その名の通り悪魔的な衣装と頭に角。だが頬を染め、胸の谷間も際どくヘソ出しの衣装で誘うような視線を向ける姿は正に小悪魔。こんなのに誘われたらたまったものではない。むしろサキュバスそのものである。

シンデレラドリーム

シンデレラドリーム 新田美波
美波ハッピーバースデー


「第15回プロダクションマッチフェスティバル」イベント終了後の2014年2月25日、シンデレラドリームチケット30枚のスカウト対象に追加された。能力的には、既に30枚スカウト組として追加済みの高森藍子と同じく、コスト19の攻撃型ステータスと、自分の攻絶大アップ、および2014年5月までに開催された「ドリームLIVEフェスティバル」でのパワー持ちカードであった。

「最初はほんの少しの好奇心だった」「一歩を踏み出すことが大事」と自身のアイドル生活を振り返りつつ、「次は皆に夢を見せてあげたい」と夢の続きへの展望を語っている。

レディアントヴィーナス

まとめ5
新田美波に踏まれたい


2014年8月20日からの同名ガチャでSRが追加。同時登場Rは喜多見柚

夏休みは家族みんなで避暑地に行くのが恒例行事だったが、今年はアイドル業が忙しいだろうからと置いていかれてしまったらしい。というわけで特訓前は、避暑地で涼やかに読書している姿である。家族には「お仕事」と言ってあるとか。もしかしてプロデューサーと二人きり……? 『劇場』363話はこのときの様子で、本来のキャラ設定を思い出し、プロデューサーとスポーツ三昧。いたって健康的である。

特訓後はファンタジックな衣装(俗に「バハ枠」と言われる)で、両腕を鎖で拘束された「囚われの女神」を演じている。ジャスミンの花が舞う中、ヴィーナスシンドロームの歌詞を引用した言葉を囁く姿はまさしく『輝く女神』である。

3rdアニバーサリー

ACG3rd 【シンステ3新刊サンプル】
みなみんリーダー誕生日おめでとう!


2014年11月28日からの「アイドルプロデュース the 3rd Anniversary」で、日野茜小日向美穂城ヶ崎美嘉渋谷凛とともにプロデュース対象になる。目標達成でSRが2枚入手できたほか、高性能差分の[3rdアニバーサリー・S]も追加された。

特訓前は珍しくエロくなく、3周年パーティ準備中の落ち着いた姿。美波は姫川友紀高垣楓輿水幸子とともに料理担当チームになったが、20歳児25歳児の扱いに手を焼いているようだった。幸子は一生懸命な手つきがかわいいという。母に仕込まれて料理は和洋中なんでもできるらしいので、今回大活躍だったのは間違いない。

特訓後は打って変わって、オトナの雰囲気を醸し出す。胸元には大ぶりな白薔薇と小ぶりな青薔薇。本人が言う通り「結婚式の二次会みたい」なドレスでにじみ出るエロス。イベント中のコミュでも「同窓会で再開した元同級生」のロールプレイをしてみたり、事前を連想させるものが多かった……。このような態度のおかげでたまに「誘い受け」呼ばわりされていると告白するが、本人は別にそんなことないんだってさ。また今回のアイプロの仕様でプロデュースゲージがたまると凛がやってくるため、美波と凛のやり取りも見られた。呼び合いは「凛ちゃん」「美波」。

ラブライカ

新田美波


「アイドルLIVEロワイヤルバレンタインSP」にて先行公開されたフライデーナイトキャンペーンの配布SR。最初から特訓後の状態で、先行配布されたSR+[ラブライカ]アナスタシアと対になるデザインとなっている。

ハイカラサクラ

大正ロマン新田美波


2015年3月の月末ガチャ「桜舞う☆ハイカラロマンガチャ」にて久々のRとして登場。同R枠は双葉杏前川みく城ヶ崎莉嘉と、シンデレラプロジェクトを意識したようなメンツとなっている。SR枠は一ノ瀬志希塩見周子相葉夕美

特訓前はみんなでお花見ということで三色団子を差し入れ。特訓後はR共通の紫の矢絣袴姿に、藤の花を模したちりめん細工の髪飾り帯留大正浪漫な雰囲気を演出している。

アディクティブメイド

アディクティブメイドな新田ちゃん。
アディクティブメイド


2015年8月の月末ガチャ「愛情いっぱいラブリーメイドガチャ」で追加されたSR。同時登場SRは島村卯月ナターリア、Rは関裕美松尾千鶴野々村そら依田芳乃

今回はメイドのお仕事ということで特訓前は楽屋でメイド服に着替える最中の一幕。背中のファスナーが途中で噛んで上がらなくなりプロデューサーに助けてもらうことに。この詳細が描かれた思い出エピソードは選択肢のあるコミュとなっているのだが、その内容はかのスク水卯月のエピソード以来の公式が病気っぷりである。だがそんなのはまだ序の口だった…

特訓後、そこには胸元を大きく露出させたコルセット付きで、黒薔薇の花があしらわれたメイド服に身を包み、鞭を握りしめて妖艶に微笑む美波の姿が。完全に時子的なアレである。ダメなご主人様を叩き上げるドSメイドという設定らしく、最初は戸惑っていたものの、親愛度を上げると「思いっきり罵声を浴びせるのって、意外と楽しいかも…?」と何やら目覚めかけたような発言も。思い出エピソードでも「またこういう……」と撮影内容に疑念を抱いていたようだが、お仕事だからと覚悟を決めた様子であった。

一方、劇場567話では特訓前のシチュエーションで困り果てた末プロデューサーを頼ろうかと考えていたところ、ちょうど卯月が入ってきたのでプロデューサーを呼びに行くよう頼む…という珍しくうっかりな一面を見せた。

スクールプール

美波とプール
スク水も着せられた新田美波ちゃん


2016年7月「大はしゃぎ!夏のスクールプールガチャ」で登場したR。特訓前は私物のブルーとホワイトのチェック柄の水着。水着と同色のシュシュで髪をまとめて、シルバーアクセサリを着けシャツを羽織っている。思い出エピソードでは撮影前に柊志乃若林智香丹羽仁美とプール掃除(&水遊び)に勤しんでいる。

特訓後はスクール水着に着替え、髪を解いている。ランドセルを背負ったりセーラー服を着たり……はせず、『新田』と書かれたゼッケンを縫い付けただけの、ごく普通のスク水である。ごく普通だが何かがおかしい。また後の劇場738話では衣装室に保管されていた新田スク水をなぜか城ヶ崎莉嘉が持ち出している。

劇場735話では学校のプール掃除というお仕事にも「きっと私たちのことを考えてくれてのお仕事だから」とプロデューサーを信頼していた。しかし撮影がスクール水着(ランドセル・セーラー服のオプション付き)だったことで、4人のプロデューサーに対する信頼は脆くも崩れ去るのであった……。

アニメ

  • 2周年記念PV

ゲーム稼働開始から2周年記念として公開されたアニメPVに登場。

  • テレビアニメ

みなみん
ラブライカ


 2015年放送のテレビアニメでは、物語の中心となる「シンデレラプロジェクト」の一員となった。「メンバーの中ではちょっとだけお姉さん」の最年長で、2話から本格的に登場。
 大人っぽく落ち着いて楚々とした佇まいをしており、所作が妙に色っぽい。真面目で責任感が強いが基本的に温厚で、第12話予告では駄洒落に駄洒落で返すなど意外とお茶目な所も。大学ではラクロス部に所属しているためか、スレンダーな体型ながら身体能力と体力はメンバーの中でもかなり高い。最年長ということもあってプロデューサーちひろがいない時には、メンバーの引率を行うこともある。
 日本語に不慣れでメンバーとコミュニケーションを取ることに苦労していたアナスタスシアを物語当初から親切にサポートしていたことから彼女に懐かれてよく一緒に行動しており、第4話ではこの2人でユニットを結成することがプロデューサーの口から明かされた。ユニット名は「ラブライカ」。

第5話の感想
2015年らくがきまとめ(デレマス)


 第6話でのデビューライブではステージ経験のあったニュージェネレーションズと違い、いきなりの歌唱ライブであったために緊張に押し潰されかけたがアナスタシアのアシストによって見事に成功させた。以降もユニットでの仕事やライブイベントをこなしている様子が描かれており、着々と実績を積んでいっている模様。
 原作同様、当初は本当は自分が何をやりたいのか、アイドルとして何を目指せばいいのかわからず不安で思い悩んでいたが、ラブライカとしてアナスタシアと二人三脚で臨んだデビューライブで見えた「景色」に感動したことをきっかけに心境が変化。後述する第12話の合宿での経験を経て、もっと新しい「景色」の可能性を求めて「冒険していくこと」が彼女にとってのモチベーションになっていく。

 第10話では凸レーションにトラブルがあった際に呼ばれ、代役として渋谷凛神崎蘭子と共にPikaPikaPoPの衣装を着ることに。さいわい直前で凸レーションが間に合ったため、実際にステージに立つことはなかった。またED中にはプロデューサー達と共に口角を持ち上げ笑顔づくりをする様子が描かれている。

ススメ☆オトメ
第13話の感想


 サマーフェスに向けた合宿の様子が描かれた第12話では、プロデューサーが合宿所を離れる間のまとめ役を任される。同時に新曲の練習も始まったが、メンバー全員参加の曲は初めてであり、何度やっても全員の振付けを合わせることが出来ずにいた。そのため全体曲に対して不安を持つ者、逆に意気込みの強さから焦りを抱く者など、皆の考え方もバラバラで、次第に表情も硬くなっていった。
 美波はプロデューサーの「もう一歩、新しい階段を登る」提案に心動かされていたが、今から全体曲をやる大変さも感じていた。さらに皆の意見も割れている中で、まとめ役としてどうするべきか悩んでいた。しかし元気のないきらりの話を聞き、アーニャと手を繋ぎ、鏡の前で自分を見つめ直す中で、一つの決心に至る。
 そして、あえて全体曲のレッスンを休んでのスペシャルプログラムを提案する。運動会のようなノリのレクリエーションに、当初は真意が分からず困惑していた未央達も気づけば夢中に。皆の表情にも笑顔が戻り、美波のアイディアは全員の結束を深めることに貢献した。このスペシャルプログラムのやり方は実際に運動部でもやっている所もあり、ラクロス部で活動している美波ならではの発想であった。
 その後、自身のデビューライブでアーニャと握手して「不安は半分こにできた」体験から、仲間と一緒なら不安も乗り越えられることを、そしてアイドルになって「一歩踏み出してみて良かった」と思えたことを語る。まとめ役としてではなく、美波自身の気持ちとして「みんなと一緒に何が見えるのか、私自身が確かめてみたい」と話した。
 美波のその気持ちはメンバーからの賛同を得ることができ、その後行われた全体曲レッスンは見事に一致団結。プロデューサーが戻った後、美波はメンバー全員からの推薦を受けサマーフェスのステージリーダーに任命された。

 サマーフェス当日の様子が描かれた第13話では、初の大舞台に緊張するメンバーを気遣いながらステージリーダーとして奔走する中、美波自身も極度の緊張による心因性の発熱で開始直前に一時ダウンしてしまう。
 危うくラブライカのステージが中止になりかけるものの、アーニャだけでも出て欲しいという美波の願いもあり代役を募ることに。そこで手を挙げたのは、合宿でラブライカと三人四脚をした蘭子だった。もともと蘭子は1人でのステージ経験しかなく、周りに合わせることに人一倍の苦手意識を持っていた。しかし合宿中のスペシャルトレーニングを通して「誰かと一緒に何かをする楽しさ」を知り、自ら志願した。さらに他のメンバー同士での支え合いもあり、アーニャ・蘭子の即席ユニットでのステージは無事成功する。
 美波は申し訳無さと悔しさから涙を滲ませていたが、不幸中の幸いか、雨への対処のためにステージが一時中断した間に体調が回復。プロデューサーに全体曲への出演を志願し、メンバーと合流した。熱を出してしまったことでリーダー失格と思っていたが、皆からの信頼は変わらず、円陣での掛け声を任される。その信頼に応えるように、シンデレラプロジェクト初となる14人の全員曲『GOIN’!!!』のステージに並び立った。
 余談になるが13話の美波から、2014年6月のミリオンライブ1st単独ライブで直前に熱で欠席を発表していた最上静香役の田所あずさが、当日に根性で復帰・参戦を果たしたエピソードを思い出した視聴者もいたようである。

新田さん
クリスタルナイトパーティ


 2nd seasonでは14話冒頭、ラブライカとしてインタビューを受けている場面からの登場。翌15話では地下室の掃除より美城常務に対抗すべく、新しい企画を考えたいみくを説得するも、「NO MAKE」にて誰よりも地下室送りに憤慨している事が発覚。そこでは高森藍子との交遊関係も明らかにされている。

 20話にてアナスタシアが美城常務によりプロジェクトクローネに選抜されている事を知ると快く送り出し、自身もラブライカ名義は継続しつつも、ソロ活動を展開するなど新たな挑戦を続けている。22話の定期ライブでは「ヴィーナスシンドローム」を披露した他、リーダー的存在としてチーム活動に悩む速水奏を同じリーダーの視点からアドバイスしている。

 第25話で開催された「シンデレラの舞踏会」では、ラブライカとしてローゼンブルクアルプトラウムとともにパフォーマンスを行ったほか、部署の枠を超えて高垣楓とのデュオステージも披露することとなった。『M@GIC☆』前の円陣では再び美波の掛け声から、シンデレラプロジェクト全員でのステージへと臨んだ。
 その後を描いたエピローグでは、鷺沢文香橘ありすとともに新曲の合同レッスンを受けており、2人を支えながら親交を深めていた。

シンデレラの靴と



  • マジックアワー
SP#1
13話放映後にモバゲー内で公開されたマジックアワーに、ラブライカとしてアーニャと共にゲスト出演している。パーソナリティーは城ケ崎美嘉。意外とかわいい物好き、涙もろい、などの情報をアーニャに暴露されてしまう。

#23
23話後に公開された回ではパーソナリティーを担当。初回ゲストはアナスタシア、白坂小梅の2名。アナスタシアを「プロジェクトクローネ」のメンバーとして紹介するも、終盤のフリートークにて「美波はセクシーよりカワイイ系」「ヴィーナスシンドローム」のジャケット写真がプロジェクトメンバーで1人だけ水着になっている事に対して憤慨しているアナスタシアを宥める、また結果的にアナスタシアもラブライカ名義で名乗るを止めていないなど、初回にして気苦労が伺える内容となった。

#24
引き続きパーソナリティー担当。2回目ゲストには高垣楓、川島瑞樹の2名が登場した。最終話目前でシンデレラの舞踏会を控えた回ということもあり、初回よりは落ち着いた内容に。とはいえアニメでは先輩にあたる2人を相手に押され気味。ゲストの2人はそれぞれ初代・2代目のパーソナリティーを担当したアイドルでもあり、美波やプロジェクトメンバーの成長を感慨深げに語っていた。


スターライトステージ

リズムゲーム『スターライトステージ』では稼働初期から登場。ソーシャルゲーム版からは初期NとSR[笑顔の女神]が流用されている。メインとなるストーリーコミュは第14話。イベント「Nation Blue」のスペシャルコミュにも出演しており、ユニット《蒼ノ楽団アズール・ムジカのリーダーを務める。

SSRが出ないなら自分で描きます( ̄へ ̄)



出演コミュ一覧

  • ストーリーコミュ 第12話『Drop in the Darkness!』
  • ストーリーコミュ 第14話『Naked Venus』
  • ストーリーコミュ 第16話『Alone, But Not Lonely』
  • ストーリーコミュ 第22話『Out of tha page』
  • イベントコミュ 『Nation Blue』
  • イベントコミュ 『生存本能ヴァルキュリア』
1コマ劇場
  • 新田美波①
  • アナスタシア①

ノーブルヴィーナス

ミナミ
美波


2015年10月19日、プラチナオーディションガシャに追加されたSSR。体力づくりのためのトレーニング中なのか、特訓前は競泳水着姿でプールから這い上がるシチュだったために例によって多くのPのPを刺激してしまう事態となった。全体図ではプールからアーニャと蘭子がジト目で顔を覗かせているが、彼女らの心境やいかに。

特訓後は「ヴィーナスシンドローム」の歌詞を体現したかのような戦女神を彷彿とさせる衣装に。海洋学者の父の影響かジョジョっぽいポーズを決めている。特技名の『抗えない気高さ』をはじめ、セリフの多くがヴィーナスシンドロームの歌詞を意識したものになっており、完全に曲の世界観にハマりきっている様子。またマイクスタンドや背景の柱には百合の花が飾られているが、白い大輪の花を咲かせるカサブランカの花言葉は『高貴』であり、気高さを表現したノーブルヴィーナスを象徴している。

生存本能ヴァルキュリア

みなみー
生き残れ


2016年4月30日からのイベント「LIVE Groove Visual burst」の上位報酬として登場したSR。
イベント内のスペシャルコミュでは鷺沢文香橘ありす高森藍子相葉夕美の4人と結成したユニット「アインフェリア」のリーダーとして、新曲「生存本能ヴァルキュリア」の発表に臨む。

特訓前は文香や夕美とともに花いっぱいの草原に腰掛ける穏やかなひとときが描かれているが、特訓後は一転、文香、ありすとともに戦乙女制服を身にまとい花一つない岩場で旗を翻す姿。もはや海軍そのもの。楽曲のコンセプトである戦乙女をイメージした演出である。

なお、カードイラストは特訓前後ともに同じく報酬として登場したSR[生存本能ヴァルキュリア]高森藍子と繋げることでユニットメンバーが集結する一枚絵になる仕様となっている。のちにイベント楽曲はSTARLIGHT MASTER 04としてリリースされたが、その発売日7月27日は新田美波の誕生日でもあった。

夏色の南風

ンミナミィ新SSR


2016年7月31日~8月10日の『浴衣でしっとりエンジョイサマーガシャ』に登場した期間限定SSR。特訓前は琉球朝顔柄の浴衣に赤いという、ハイカラサクラ以来の着物姿。珍しく髪をアップにしてかんざしで留めており、浴衣の襟から見えるうなじがセクシー。風車を手に夏の浜辺で夕涼み、といった風情である。

特訓後は一転してライブ中のスポーティな装いに。初期N+(クリアブライトネス)や制服の女神+と同系統のサンバイザーカチューシャヘッドセット、赤い髪留めのワンポイントも共通。衣装は全体的に海をモチーフにしており、スカート部などは波間模様や水中の気泡のような柄の生地が使われている。また裏地のマリンストライプ柄や、船のアンカー(錨)・舵輪浮輪貝殻などのアクセサリは初R+のサマーライブセーラーを思わせる。お腹にはアサガオの葉を、脚にはMinamiの文字をアサガオの蔓に見立てハートを象ったブルーのボディペイントが施され、浴衣の朝顔模様から引き継がれている。

琉球朝顔の浴衣を選んだ理由は「青くて強い、絆の花」だからとのこと。朝顔には絆という花言葉があり、また特訓後が初期衣装の進化系になることからも、デビューから共に歩んできたプロデューサーとの絆、といった意味が込められているのかもしれない。

コラボレーション

Yahoo! JAPAN&駅広告コラボ

 アニメ2期OPテーマ「Shine!!」の発売を記念したキャンペーン。
 7月27日にYahoo!!Japanで『新田美波』と検索すると、「Happy Birth Day MINAMI 7.27」と検索結果のトップに表示される仕組みになっていた。シンデレラプロジェクトメンバーは全員登場しているが、バースデイメッセージが用意されたのはキャンペーン期間中に誕生日を迎えた新田美波、城ヶ崎莉嘉渋谷凛のみ。
 また山手線の恵比寿駅および御徒町駅に「自分の道を進むことを恐れずに」というメッセージ入りの駅広告が掲示された。

日商簿記ナビゲーター

日商簿記区分改定ナビゲーター・ミナミ


2016年3月24日、リアル346プロ企画の一環として日商簿記検定のイメージキャラクターに就任。公式サイトのトップ画像を飾り新田美波からの特別応援メッセージが掲載されたページが開設された。現実でも、タレントが団体や商品のイメージキャラクターを務めることはままあるが、商工会議所のようなお堅い団体が、アニメのキャラクターを起用するというのは非常に珍しい。

これは新田美波の趣味が資格取得という点をきっかけに、デレステPだった日本商工会議所公式ツイッターの中の人(2016/03/24時点でプロデューサーレベル102)が、デレステ片手に真正面から上司にプレゼンして実現した。公式ツイッターには「日商簿記3級の受験料は2,570円です。10連ガチャ一回分より少ないです!」と日本商工会議所的課金センスがにじみ出るつぶやきもある。

コラボが発表されると『日商簿記』がトレンド入りし、また日商簿記を受ける気になったノリやすいPも現れるなど、注目を集めるという点において結果は上々といえる。その後数回にわたり日本経済新聞に掲載されたコラボ広告や、各地の商工会議所で配布されるパンフレットでも新田美波の姿を見ることができる。

2016年6月12日には、眼鏡をかけ電卓を抱えたイラスト付きで『新田美波「第143回試験」受験者へメッセージ』が掲載された。イラストで美波が抱えている電卓に表示された数字は『2440373346』で、日商簿記(2440)、新田美波(373)、リアル346プロ企画の語呂合わせになっている。

神撃のバハムート

眠れる小悪魔- 美波


2016年7月16日~24日開催の『神撃のバハムート』内コラボイベント第二弾「渇きの里と輝きの少女達」に登場。アイドルとしてゲームイベントの仕事中だった新田美波、速水奏宮本フレデリカ一ノ瀬志希の4人が、異世界『ミスタルシア』へと飛ばされて……というストーリー。なお高森藍子もコラボ対象だがストーリー本編には出演していない。

あらすじ
異世界では志希とすぐに合流、砂漠を緑に変えるために逆転魔法薬の研究を手伝っていた。研究中に眠ってしまった志希をベッドに運んだり、言葉が通じないドワーフ達とジェスチャーや絵を使ってコミュニケーションをとるなど、異世界でも面倒見の良さを発揮していたらしい。

ところが魔物に襲われた際に魔法薬のプロトタイプを浴びてしまい、本来の真面目で貞淑な性格から、奔放な快楽主義者へと性格が逆転してしまう。さらには「魔物たちがみんな懐いてくれた」という魔王的なカリスマ性を発揮し、魔物を率いて奏たちの前に立ち塞がることとなった。衣装もゲームイベントのお仕事中の聖騎士から悪魔の姿へ変わり、いわゆる悪堕ち的なシチュエーションである。

その後、騎士(プレイヤー)と仲間達の協力でもう一度逆転魔法薬を浴びせられ、元の性格へと戻る。夢魔の姿で誘惑していたと聞いて「お嫁にいけない……」と落ち込んだり、不慮の事故とはいえみんなに迷惑をかけた事を気に病んでいた。しかし性格が逆転していた時に知った、魔法薬の完成に必要なマナストーンの所在を思い出し、仲間達の支えもあって砂漠を緑に変えるため冒険を続ける。

イベント報酬のカードは原作ゲームの[眠れる小悪魔]+をベースにしたレジェンド枠。最終進化後はダイスDEシンデレラの衣装がベースのSレジェンドカードになり、槍と盾を構えた聖騎士の姿へと変化する。[聖騎士の心]というアイテムでレベル上限開放が可能。また[真摯なる聖騎士]という称号を獲得すると能力がアップする。

他のアイドルとの関係

  • 小関麗奈岡崎泰葉クラリス - 同じく「神戸エリア」で初登場。
  • アナスタシア - アニメでは当初から二人で居ることが多く、ニュージェネレーションと共にラブライカとしての第一弾デビューが決定した。
  • 高森藍子 - 15話の「NO MAKE」にて一緒にカップを買いに行った事が美波の口から語られている。なお、中の人どうしで共演している作品もある。デレステでともにユニット「アインフェリア」の一員となった。
  • 鷺沢文香 - アイドルトーク対象。ともに19歳の大学生同士のためかよく行動を共にする。スターライトステージではお互いのコミュ(14話&22話)に出演。アインフェリアの一員。
  • 高垣楓 - アイドルトーク対象。酔った楓をよく家まで送っているらしい。jewelries!001で共演。アニメではデュオでステージに立つ様も見られた。スターライトステージ14話、NationBlueコミュに出演。
  • 速水奏 - アイドルトーク対象。デア・アウローラのパートナー。アニメではリーダー的立場としてライブ後に相談する姿が見られた。スターライトステージ14話&22話に出演。


参加ユニット

サマーライブセーラー】新田美波・栗原ネネ三好紗南
ドリームLIVEフェスティバル」で登場。「アイドルサバイバル in サマーライブ」でレアだった3人によるトリオユニット。後に【サマーライブ】と名を変え、「アイドルLIVEツアー in ハワイ」にも再登場。
【over the blue】川島瑞樹・新田美波・アナスタシア
「第5回ドリームLIVEフェスティバル」で登場。期間限定のモバコインカード(第2弾・3000モバコイン版)に印刷されていたメンバー。台詞担当の川島さんが、美波・アーニャの肌艶に対抗心を燃やしている。
【ファニーデビル】赤城みりあ輿水幸子・新田美波
「第3回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。「悪魔っ娘ガチャ」のみりあ、「新・悪魔っ娘ガチャ」の美波、[自称・天使]の幸子によるトリオ。美波は「ライバルは逃がすわけにはいかない」と幸子の台本に付き合っている。
シンデレラドリーム高森藍子・新田美波・三村かな子
「第6回ドリームフェスティバル」で登場した[シンデレラドリーム]によるユニット。「第7回」ではかな子が前川みくとチェンジし、「第8回」ではさらに十時愛梨と、「第9回」では小早川紗枝とチェンジと入れ替わりが激しいが、藍子と美波は一緒なのが共通。
【センシティブサマー】新田美波・榊原里美矢口美羽
「水着DEドリームLIVEフェスティバル」に登場。「敏感な夏」という意味だが他意はないはず。美波が台詞担当だったが、みんなスタイルがいいので「見比べられるのはちょっと…」と自信なさげ。お前が言うな
【デア・アウローラ】速水奏・新田美波
「第8回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。[レディアントヴィーナス]美波と、[追憶のヴァニタス]奏による妖艶な女神ユニット。比喩ではなく本当にファンタジーの衣装を着ている。奏は「美波は美しい」、美波は「奏さんの歌が良い」とお互いに褒めあっている。美波の方が年上なのだが「さん」付けをしているのは、第一印象で年上だと思った癖が抜けなかったため。
ハイカラサクラ前川みく双葉杏・新田美波
「花見DEドリームLIVEフェスティバル」で登場。「ハイカラロマンガチャ」のR同士のトリオ。美波は袴姿でLIVEに立つ自分たちをすごくノスタルジックな雰囲気と評している。
【Happy 7.27】新田美波・前川みく諸星きらり
2015年7月の「第13回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。ユニット名からわかるように、7月27日が誕生日の美波を祝うために結成されたユニット。
【ワンダーラブリーメイド】島村卯月・新田美波・ナターリア
「第15回ドリームLIVEフェスティバル」で登場。ファンをご主人様に見立てて「LIVEでご奉仕します♪」と卯月。しかしドSメイドになりきった美波が「さぁ、私のもとに跪きなさい!」と叫ぶと、いつもとのあまりのギャップに「え! み、美波ちゃん?」と卯月も戸惑いを隠せない。「あ、あの…演技ですからっ!」と弁明する美波。一方、ナターリアは「ミナミ、カッコイイナ!」「ミナミはセクシーなメイドさんだゾ!」と喜んでいた。
【LOVE LAIKA】新田美波・アナスタシア
「アイドルLIVEロワイヤルバレンタインSP」で登場。後述のアニメの設定の逆輸入となっており、絵柄もそれぞれ放映記念に配布されたカードのものとなっている。なお、美波の方はここで絵柄が公開された時点で未配布だった。
【LOVE LAIKA with Rosenburg Engel】新田美波・神崎蘭子アナスタシア
「第17回ドリームLIVEフェスティバル」で登場。ラブライカに蘭子を加えたトリオ。こちらもアニメ設定の逆輸入だが、劇中この3人では正式にユニット活動をしていなかったため、ゲーム版がユニットとしての晴れ舞台となった。
【スクールプールガールズ】若林智香・新田美波・丹羽仁美
2016年6月の「夏祭りDEドリームLIVEフェスティバル」に登場。夏のスクールプールガチャで登場したスク水3人衆。仁美からは「美波姫」と呼ばれ、本人も結構ノリ気な様子。
【ダークケイブデビルズ】新田美波・小関麗奈涼宮星花
2016年7月の「LIVEツアーカーニバル 御伽公演」に登場。眠れる小悪魔+の美波を含めた、悪魔っ子衣装の3人組。「遠慮しないで、もっと近くに来て。私たちと楽しい遊びしましょ」と誘い冒険者を罠にかけようとしている。


関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
名前新田 / 美波
楽曲ヴィーナスシンドローム / NationBlue / 亜麻色の髪の乙女 / ススメ☆オトメ / Memories / この空の下 / ミツボシ☆☆★ For Minami rearrange MIX / 生存本能ヴァルキュリア / etc.
衣装クリアブライトネス / サマーライブセーラー / シンデレラドリーム / ハイカラサクラ / ピュアホワイトメモリーズ / マイファーストスター / クリスタルナイトパーティ / 戦乙女制服
個別7月27日は新田美波ちゃんの誕生祭 / 歩くセックス / 新田提督
集合新田ーニャラブライカ) / かえみな / 新田肇 / みなさち / ふみなみ / 奏美波 / しきみなみ / ラブランコ / CM4期生 / 蒼ノ楽団(アズール・ムジカ) / アインフェリア / シンデレラプロジェクト / デレマス19歳組 / デレマス広島組
その他ラクロス / ヴィーナス / 誘い受け / スポーツ少女


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「新田美波」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37626486

コメント