ピクシブ百科事典

あくまの書

あくまのしょ

ドラクエⅦ、テリーのワンダーランド3Dに登場するモンスター
目次[非表示]

概要

名前通り本のモンスター。外見は本に目玉がついているという実にシンプルなものである。

ドラクエⅦ

本棚を調べると出てくるトラップモンスター。ついにここまで仕掛けられたか。エビルバイブルの下位種にあたる。通常攻撃の他、イオ、ザキ、マホトラを使う。

テリーのワンダーランド3D

物質系ランクDに属する。ステータスや特性は目立って優秀でも弱いわけでもない。入手方法が非情に特殊でモンスターの配合の際にスキルポイントを20以上ふったスキルを残して配合することで生まれたモンスターとは別に誕生する。ちなみにステータスは生まれたモンスターと同じでスキルは生まれたモンスターが引き継がなかった分を付けられる。

  • 例:攻撃アップ、守備アップ、素早さアップをつけたおおがらすとHP回復、MP回復、異常回復をつけたやたがらす(スキルはそれぞれ20以上振っているものとする)を配合し守備アップ、素早さアップ、HP回復をつけたデスフラッターを産み出す→デスフラッターとは別に素早さアップ、MP回復、異常回復をつけた悪魔の書が産まれてくる。
···といった具合である。モンスターを1匹余分につくれてラッキーといったところなのだが、それを応用した使い道は多く例を挙げると···
  • 特定のスキルを量産する
例えば闘神レオソードのスキルを量産したい場合。
闘神レオソードに適当なモンスターを配合。(闘神レオソードには20ポイント以上不利なおかつ産まれてくるレオソードには引き継がせない)→産まれてくる悪魔の書にレオソードスキルを引き継がせる→産まれたレオソードをまた適当なモンスターと配合しレオソードスキルを覚えさせる…を繰り返すことでスキルの所持モンスターと転生の杖(産まれる子供が装備したモンスターとおなじになる)があるだけでどんな貴重なスキルも好きなだけ増やせる。
  • +値の高いモンスターを量産
悪魔の書の+値は生み出したモンスターとおなじになること利用したテク。
今作の新要素である究極配合を行うには+値99以上の同種モンスターを2体用意する必要があるが、+99にしたいモンスターと+99の悪魔の書を配合→悪魔の書を産み出す→+99にしたいモンスターと···の繰り返しで、究極配合の条件を簡単に満たすことができる。
  • 特定のスキルの組み合わせで作れるスキルの量産
例えば、攻撃アップSPは攻撃アップ3と戦士をマスターして配合することで作れるのだが、ここで悪魔の書を使うと、攻撃アップ3と戦士をマスターしたモンスターを配合→産まれたモンスターに攻撃アップSP、悪魔の書に攻撃アップ3と戦士を引き継がせる。これで悪魔の書は攻撃アップSPを生産マシーンとして使うことが可能になる。
  • 4体配合で産まれるモンスターを2体作る
例えばバベルボブルを4体配合で作る場合に、バルとベルをあくまの書が産まれてくるように配合して、同じようにボルとブルをあくまの書が産まれる条件で配合する。すると、普通に産まれたバベルボブルとは別に、産まれた2体のあくまの書同士を配合するとバベルボブルがもう1匹産まれる。これは、4体配合の『家系図の祖父母の部分が特定のモンスターである』という条件をあくまの書が満たしているからである。産まれてくるあくまの書にも♂の杖や♀の杖が影響するので、やろうと思えばわりと簡単にできる。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 ドラゴンクエストⅦ

関連記事

親記事

ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 どらごんくえすとしりーずのもんすたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「あくまの書」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 880

コメント