ピクシブ百科事典

いちかな

いちかな

音楽ゲーム『プロジェクトセカイ』に登場する星乃一歌×宵崎奏のGLカップリング。
目次[非表示]

概要

 音楽ゲーム『プロジェクトセカイ』に登場するキャラクター、星乃一歌×宵崎奏によるGLカップリング。
 一歌はLeo/need所属で学校は宮益坂女子学園、一方の奏は25時、ナイトコードで。所属で学校は通信制高校と、一見何の接点もないように思える。
 しかし、この二人のカップリングを成立させうる重要な要素がゲーム中に存在する。

 それは、「音楽ショップ」において稀に発生するエリア会話にある。
 店内に居合わせた二人がお互いを目に留め、相手の「髪」について独白するという内容なのだが……

 以下、会話内容の書き起こし

一歌(この子、すごい綺麗な髪だな……クセ1つないストレート)

奏(この人の髪……真っ黒で綺麗だな)

一歌・奏「あ……」

一歌「えっと、すみません」

奏「……いえ、こちらこそ」

一歌・奏(ちょっと触ってみたかったな……


 おわかりいただけただろうか。
 状況と会話内容から察するに、この時二人は初対面である。それにもかかわらず、お互いの髪を綺麗だと思い、更には触ってみたいとまで思う程に魅力を感じているということがうかがえる。
 リリース後約半年間に渡り、ゲーム内においてそれ以上の絡みはない(楽曲『セカイ』のオリジナルMV、及び同曲が演じられるバーチャルライブで共演しているのを除けば)という状態が続いていたが……

イベント『君と歌う、桜舞う世界で』において

 プロセカハーフアニバーサリーという節目を迎えたタイミングで開催された同イベントにおいて、遂に本編でのふたりの対面が実現した。
 とはいえふたりの間に会話はなく、一歌が公園でみのりこはねと共に歌っていた所へ奏が現れ、少し聴いて立ち去っていくというものであった。しかし一歌は奏が自分達の歌を聴いているという事を認識すると共に彼女がわずかに見せた笑顔を見逃さず、またいつか聴いてもらえるように上手くなりたいと意気込む。一方の奏も帰宅後の作業中に一歌のギターや歌声を力強く優しい、その人にしか出せない雰囲気や空気感であると評し、新曲のインスピレーションを得るに至った。このように、言葉を交わさずとも互いに良い影響を与え合う結果となった、今後の展開に更なる期待が持てる出逢いであったと言える。

宵崎家家事代行、望月穂波

 現在の本編におけるふたりの関係を語る上で欠かせない人物として、Leo/needのメンバー・望月穂波が挙げられる。
 彼女は家事代行のアルバイトで宵崎家を定期的に訪れており、リリース当初から主にサイドストーリーにおいてその際の様子が描かれていたが、【思い出の花壇】宵崎奏(イベント『カーネーション・リコレクション』☆4)の前編では穂波が奏の元へ花を持って来ていること、そしてその選び方のアドバイスをしているのが「花に詳しい幼馴染み」(=一歌)であることが語られた。当初花は穂波が自ら持って来始めたようだが、奏としても楽しみのひとつとなっており、以降は正式に依頼へ加わることとなる。後編では奏の心境に合わせた『絶望や失意のその先の明るい未来』『通じ合う心』といった意味の花言葉を持つムスカリを持参したが、それも穂波曰く相談に応じた一歌がすぐに教えてくれたものであった。これには奏も感心すると共に感謝の意を示し、穂波に「花に詳しい幼馴染み」がいると認知する結果となった。
【できることを探して】望月穂波(イベント『Knock the Future!!』☆4)の後編でも奏は「毎回おもしろい花を紹介してくれるね」と評し、そこから穂波達のバンドの話になったことをきっかけにLeo/needで作ったオリジナル曲を聴く運びとなったが、そのボーカルの声に既聴感を覚える。恐らく先述のイベント『君と歌う、桜舞う世界で』で聴いた一歌の歌声を思い出し、あの時歌っていた人と穂波達のバンドのボーカルが同一人物ではないかと推測したと思われるが、「このボーカルの人、公園で歌ってたりする?」と穂波に尋ねたところ、「駅前の路上で歌ってるって話は聞いたことありますが……」という返答を受けて(どこかで聴いたことあると思ったんだけど、……気のせいかな)と思うに留まった。しかし奏が曲を聴いて感じた感想は穂波を介して一歌達に伝えられたと思われ、花の件もしかり、互いに名前は知らず(※一歌は穂波が家事代行をしている家の人が「宵崎さん」であることは知っていたと思われる)顔も一致していなかったふたりを繋ぐ存在となっていたが……

イベント『交わる旋律 灯るぬくもり』において

 先述のような付かず離れずな関係性を経ながら時は流れ、リリースから丸一年と2ヶ月が経過した2021年11月30日。この日から開催された同イベントにおいて、ふたりは遂に出逢った。
 そのきっかけは、とあるクリエイターによるミクのCD目当てに音楽ショップを訪れたふたりが、偶然にも最後の1枚をほぼ同時に手に取ろうとしたというもの。本編でふたりが初めて言葉を交わす状況についてはかねてから様々な可能性が考えられていたが、奇しくも初の接触であるエリア会話が繰り広げられたあの場所となった。件のCDについては譲り合いの末に奏が「あなたみたいに、この人の曲を好きな人に聴いてもらえるなら嬉しい」と告げて一歌の手に渡り、奏はそのまま立ち去ったのだが、後に一歌は「……悪いことしちゃったな……」と気に病み、奏も目当てのCDが買えなかった事を惜しんでいた。
 その翌日、一歌は学校の先輩で同じく学級委員会のまふゆの情報によって奏がまふゆの知り合いであることを知り、まふゆに奏へCDを渡してほしいと頼んだ。更に、作曲をしていてミクの曲も好きと思しき奏に興味を抱き、会って話をして友達になりたいと思う。そこで咲希達の後押しもあって翌日まふゆに頼もうとしたが、タイミングが悪く言い出すことはできなかった。
 しかし、後に穂波が家事代行で宵崎家を訪れた際に一歌がCDを譲られた相手が奏である事を知り、一歌に会ってもらえないかと提案したことから、穂波・まふゆを含めた4人が一堂に会することとなった。
 その当日、4人はファミレスで食事をしながら音楽の話などに花を咲かせる。その中で奏は『スクランブル・ファンフェスタ!』及び『君と歌う、桜舞う世界で』において聴き、耳に残っていた歌声の主が一歌である事に気付き、一歌もまた後者の折に聴いていたのが奏であった事を知った。続けて一歌は「誰かの心に響き、たくさんの人の心を動かすような演奏と歌を歌いたい」という想いを語り、奏もまたそんな曲を作りたいという、ふたりの共通点が浮かび上がる。
 別れ際に一歌は奏にまた会ってもらいたいと告げ、奏も快諾した。更に一歌達と別れた後で奏は(……楽しかったな……)と今日のことを振り返ると共に、『たくさんの人を救えるような曲を作らないといけない』と思うあまり、これまでずっと忘れていた『小さい頃、友達と遊ぶのがすごく楽しかった思い出』を思い出し、純粋に楽しいと思えたとまふゆに語るのだった。

 かくして、たった一つのエリア会話、『見ず知らずの髪が綺麗な人』から始まったふたりの関係は、先述の通り様々な伏線を散りばめながら1年以上もの時を経て、遂に『友達』という関係に至った。『Leo/need』と『25時、ナイトコードで。』、それぞれのユニットにおいても中心的な存在であるふたりが交わることによって互いに、ひいてはユニットに対してもどんな影響を与えていくのか、今後とも目が離せないカップリングである。

ところで


 先述の通り、ゲーム内でのふたりの初めての接触は音楽ショップのエリア会話である。そのためいつかふたりが出逢った際にはその時のことを指し(この人、前にどこかで──)といった描写があるのではないかという予想もあったが、イベント『交わる旋律 灯るぬくもり』に至るまで、本編でそのような描写は全くなかった。
 このことについては「エリア会話というランダム性のある要素はノーカンなのではないか」「リリース当初からストーリー展開の構想が変わるなどし、なかったことにされたのではないか」といった考察が一部でなされていたが、イベント開催時の恒例となっている公式Twitter掲載の4コママンガにおいて、その理由として考えられる事実が明らかになった。

プロセカ公式Twitter

 イベント冒頭の音楽ショップでの出来事をそれぞれのユニットメンバーに話す一歌と奏だが、ふたりとも相手の特徴について「綺麗な髪」以外の詳細をほとんど覚えていなかった。このことから、顔や服装などそれ以外の要素が曖昧になる程、それだけふたりにとって相手の綺麗な髪が印象に残ったという事が窺える。
 とすれば、最後の1枚のCDを譲り合うという滅多に無い出来事があってもこうなのだから、店内でたまたま見かけただけの初対面の相手の顔を覚えていなかったというのは納得である。だが同時に、ふたりが重度の髪フェチなのではないか、という可能性も浮上している。
 更に余談だが、リリース当初からあった唯一と言っていい接点がこの互いの髪に見惚れるというエリア会話であったことから、一部の界隈ではふたりの組み合わせをして「顔カプ」ならぬ「髪カプ」と呼ばれることもある。

関連イラスト

髪
Yoru ni Kakeru IchiKana
どう在っても正解じゃない
髪
いちかな
いちかな
君の大切なものを 今度は救えたらいいね
「照れる宵崎さん、可愛いな」

関連記事

親記事

百合セカ ゆりせか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「いちかな」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「いちかな」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162104

コメント