ピクシブ百科事典

おじぎをするのだ

おじぎをするのだ

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で復活したヴォルデモート卿がハリーと決闘する際に放ったセリフ
目次[非表示]

おじぎをするのだ!!!

概要

 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で悪の帝王ヴォルデモート卿が復活した際、主人公ハリー・ポッターに対して言い放ったセリフである。

 最凶最悪の闇の魔法使いとして恐れられているヴォルデモート卿であるが、その一方「死喰い人」などからは狂信的な敬意を向けられた悪のカリスマでもあり「闇の帝王」の異名も持っている。
 なぜヴォルデモート卿がただの悪に留まらず敵味方問わず一目置かれる存在であるのか、その理由を端的に示したセリフとして知られている。

実際の台詞

「決闘のやり方は学んでいるな? まずは互いにおじぎだ…」
 
「格式ある儀式は守らねばならぬ。ダンブルドアは礼儀を守れと教えただろう…」

「おじぎをするのだ!!」

このセリフから分かるヴォルデモート卿の性格

 ヴォルデモート卿は伝統を重んじ、人を殺すときでも礼節をわきまえる。また、魔法使いとして、高い誇りがあることもこのセリフから感じられる。
 桁外れの才能に裏打ちされた絶対的な実力と、邪悪でありながら誇り高い性格、また形だけとはいえ敬意を払うべきものには敵にすら敬意を欠かさない紳士的な面などが相俟って、ヴォルデモート卿は闇の帝王と恐れられるようになったのだ。

とはいえ

 物語の流れにおけるシリアスなシーンで突然出てきたため、日本ではネタ的なイジられ方をされていることが多い。

おじぎをする時はね
AC新作「おじぎの魔法。」



 原語では「Bow」。確かに「お辞儀」を表す英語ではあるものの、他にも訳がありそうなところでなぜあえて「お辞儀」なのかは訳者のみぞ知る。

 とはいえ、このシーンにおいてヴォルデモート卿は悲願であった自身の復活を果たし、さらには宿敵ハリーを目の前にして有頂天になっており、子供のハリーをできる限り辱めたいという意図や、その気になればいつでも殺せるという余裕もあったことを考えると、「礼をしろ」や「こうべを垂れよ」というような悪役らしい気取った台詞よりも、あえて「お辞儀」のような小馬鹿にするニュアンスも込めたほうが適訳ではないかという意見もある。

関連タグ

ヴォルデモート
ハリー・ポッター ハリポタ
お辞儀

外部リンク

ドーモ。○○○=サン。×××です(ニコニコ大百科)

pixivに投稿された作品 pixivで「おじぎをするのだ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123993

コメント