ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「決闘のやり方は学んでいるな? まずは互いにおじぎだ…」

 

「格式ある儀式は守らねばならぬ。ダンブルドアは礼儀を守れと教えただろう…」


「おじぎをするのだ!!」


概要

ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で復活した最凶最悪の闇の魔法使いであるヴォルデモート卿が、主人公ハリー・ポッターに言い放ったセリフである。

強大な力と歪んだ心を持ちながら、必要ならばハリーに向かって腰を曲げ頭を下げるヴォルデモート本人の狡猾さが窺える。


日本では直後の音割れポッターと併せて悪のカリスマが放つこの浮いたセリフはネタ的な扱いを受けることが多い。

ハリーポッター フロムアニメイシヨン ~ゴブレット炎上ヴォルデモートの決闘


しかし、このセリフは「闇の帝王」の異名も持つシリーズ最強のヴォルデモート卿が敵味方問わず一目置かれ、「死喰い人」などに狂信的な敬意を向けられる存在である理由を端的に示すものである。


ヴォルデモート卿の狙い

赤子のハリー・ポッターを命がけで守ろうとしたリリー・ポッターの愛の魔法の護りに、死の呪文が反射されてヴォルデモート卿は敗れた。


後年の賢者の石を巡る戦いでは触れるだけでダメージを負うが、ハリー本人に特別な力はないことを証明するために、ハリーの血を取り込んで復活。魔法の護りを克服したヴォルデモートは、手下たちの手出しを禁じ、先制攻撃もせず、正々堂々と儀礼に乗っ取った決闘を演出。「死にお辞儀するのだ」と、一方的に処刑できる相手が敬意を払うことを皮肉っている。


つまり、悲願であった自身の復活を果たし、因縁の生き残った男の子を前に有頂天のヴォルデモートは、かつて敗れたハリーを決闘という体裁で真っ向から叩き潰すことで、闇の帝王の復活のデモンストレーションにしようとしたわけである。


ネタとして

「お辞儀」となった「Bow」の日本語訳を指摘する人もいる。より意訳すれば『ひれ伏せ』『跪け』といったところか。

おじぎをせよ!の謎


蔑み嘲笑する配下や、イレギュラーな要素の存在がなければいつでも殺せるハリーに「礼をしろ」や「こうべを垂れよ」のような気取った台詞よりも、あえて慇懃無礼に小馬鹿にするほうが適訳なのかもしれない。


関連タグ

ヴォルデモート ハリー・ポッター ハリポタ お辞儀 腹筋クルーシオ

音割れポッター:直後のシーンから生まれたネタ。

関連記事

親記事

ヴォルデモート ゔぉるでもーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527438

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました