ピクシブ百科事典

さつじんアメーバ

さつじんあめーば

『メタルマックス』『メタルサーガ』シリーズに登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

初出は初代の『メタルマックス』で、単眼の頭に触角のようなものがある巨大アメーバモンスター。
ドラクエ』シリーズでいえばスライムに該当するといえば分かりやすいだろうか。
たいがい序盤の町付近に出現し、レベル1のハンターはこのモンスターかきょだいありを倒して成長していくのである。
しかし、名前に「さつじん(殺人)」と穏やかではない形容詞がついていることから、一般人にとってはそれなりに危険性が高い生物であると思われる。

倒すと手に入るぬめぬめ細胞は、焼くとが抜けぬめぬめ焼きという食べ物となることから酒場に売れるので、ハンターの副収入となっている。
そのため『メタルマックス2』ではさる富豪の別荘ブルームーンハウス跡地で養殖を試みる者がおり、それなりの成果を上げている。
また『メタルマックス3』『メタルマックス4』で製造できるバイオタンクの素材として使われるようになり重要度が増している。

なお餌によるものか地域差によるものか『メタルマックス』シリーズではオレンジがかった黄色、『メタルサーガ』シリーズでは緑色、上記のように養殖されたものは青色をしている。

同系統のモンスターとしては分裂して酸を放ってくるDNAブロブ、ラストダンジョンに出現する、電気を纏い戦車のC-ユニットを破壊してくるちょうでんどうXがおり、それぞれが比べものにならないほど強敵である。

『メタルマックス3』ではどう見てもこの最弱モンスター×3が賞金首として登場するのだが…

アメーバブラザーズ!


余談

現実にも「殺人アメーバ」と呼ばれるフォーラーネグレリアという淡水に棲むアメーバがおり、生息している場所の淡水が鼻などから体内に入ると脳細胞を溶かして死に至らしめるという。

関連タグ

メタルマックスシリーズ
アメーバブラザーズ

関連記事

親記事

メタルマックスシリーズ めたるまっくすしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さつじんアメーバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208

コメント