2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:M・A・O 

概要

うちの師匠はしっぽがない』の主人公である化け狸の少女。
元は淡路島のとある集落に祖父ら同族達と暮らしていたが、小さい事聞いた父の話から「良き古き妖狸らしく人間を化かしたい」と夢を抱き、周囲に反対・嘲笑され続けても諦めなかった。

そして単なる使者として大阪へと渡った際、そのまま帰らずにイタズラを開始。
しかし外界は既に大正の世。文明の発達した人間社会には着いていけず、逆に駆除されかけ途方に暮れていた中で大黒亭文狐の落語を聞き、感銘を受ける。
そのすぐ後、紆余曲折あって彼女に弟子入りし、落語家への道を進むことになる。

好奇心旺盛な性格で、明朗快活だが、根は打たれ弱くてドジっ子。
しょっちゅう泣き言を垂れたりへまをしては文狐に怒られている。みずからの実力を把握しないまま、威勢と気風だけでトラブルを巻き起こすトラブルメーカーでもある。

普段は茶髪で長髪の町娘の姿に化けている。しかし疲労で集中力が切れたり眠ったりしてしまうと変化が解けて狸に戻ってしまう(化け妖怪の師でもある文狐の指導により、徐々に人間態のまま眠れるぐらいにはなってきていたが)。 
師からは「狸であることがバレたら破門」と言いつけられており、都会の中で妖力が減って以降は、葉っぱに変えた狸の金印から妖力を得ている。

文狐の弟子として「大黒亭まめだ」を名乗ることもあるが、実は業界的に許されない高座名であることがのちに明らかとなった。
しかし後に業界を仕切る「上方落語四天王」の試練を経て、暫定的(様子見)ながらも文狐の弟子として認められ大黒亭の名乗りを許された。

因みに化け狸として故郷にいた頃には医者の家に生まれた人間の子供が知人としていたらしい。 

余談 

上方落語には「まめだ」という子狸を主人公とした演目がある。 
ただし、昭和に作られた新作落語の演目のため、大正時代を舞台とした本作では触れられないが。 

なお、文狐の正体である七度狐も落語の演目と同名である。 

関連タグ

うちの師匠はしっぽがない 大黒亭文狐

スレッタ・マーキュリー同時期放送のアニメ作品主人公繫がりで、こちらはそれっぽい見た目から視聴者から水星たぬき呼ばわりされている。
ちなみに、こちらのアニメにもLynnがメインキャラクターとして出演している。
余談ではあるが、まめだ役のM・A・O同じシリーズ作品出演していた。

仮面ライダータイクーン:同時期放送の特撮『仮面ライダーギーツ』に登場する2号ライダーで、初のたぬきモチーフの仮面ライダー。本作でも狐キャラが格上のベテランでたぬきキャラは未熟者という関係。

ウルトラマンゼット:こちらも人間とは異なる種族であり、ある人物に弟子入りを志願しても即座に断られた事があるが、段々と良好な関係を築いていっている。

関連記事

親記事

うちの師匠はしっぽがない うちのししょうはしっぽがない

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました