ピクシブ百科事典

みどゆづ

みどゆづ

スマホアプリ「あんさんぶるスターズ!」のキャラクター 高峯翠、伏見弓弦の腐向けカップリング。 漢字表記は『翠弓』

ユニット、クラス、部活、学年すべてが異なるが、共に夢ノ咲学院の生徒である。
高峯翠は『流星隊』、伏見弓弦は『fine』に所属している。
高峯は1年A組のバスケ部。伏見は2年B組の弓道部である。

※以下ストーリーネタバレを含みます
当時のスクショが失せてしまったため台詞等曖昧な部分もあります。
個人の考察が含まれます。これは数あるみどゆづのあくまで一説と思って読んでいただければ幸いです。








イベントストーリー「クリスマスライブ プロローグ①」

時間軸は冬。シナリオライターは日日日先生。

働きづめの転校生は更に仕事を求めて伏見に仕事をくれと言う。
伏見は気晴らしもかねてお使いを依頼する。
買うものをメモに記し、渡そうとするとなんと転校生はそこに絵をかくようにねだるのだ。
伏見は絵が得意でないことを自負していたのだが、転校生の頼みとあらばと
しぶしぶ七面鳥の絵を描いて渡す。

同イベント内 高峯翠のプロデュースコース内で、高峯は転校生から伏見の絵が描かれたメモを目にする。すると、すっかりその絵に心酔してしまう。”fineの伏見って人”と呼んでいたこの時点から既に「見ているだけで脳がとろける~」とまでのたまっていた。

また、同じくプロデュースコース内にて、転校生にこの絵の主にサインを貰ってきてほしいと言う高峯。しかしすぐにそれを撤回。「もしサインとかイヤがる人だったら、俺のことマナーのなってないファンと思われるかもしれない…それはイヤだ…」みたいな事を言っていた。完全にイベント会場でスケブを頼むに頼めない我らである。


イベントストーリー「クリスマスライブ エピローグ②」



『クリスマスイブイブライブ』のツリーに飾りつけをしていた転校生に話しかける伏見。
そのクリスマスツリーはよく見ると人であった。流星隊の高峯翠がツリーのごとく飾りつけられていたのだ。
ステージでヘマをしてツリーを破壊してしまった罰と、負傷して踊れないけれど活躍の場を与えたいという二つの意図で流星隊隊長の守沢千秋によってツリーの代役を命じられていたという。
その奇行に生徒会(の手伝いをする者)として苦言を毒たっぷりに吐く伏見に対して、先程まで怪我や失敗や飾り付けられてることへの鬱々とした高峯はどこへやら、
す、すみません…あの、あなた伏見先輩ですよね?
会いたかったです! 俺、あなたのファンなんです!
高峯の勢いに、同じユニットの守沢も面食らっていた。
伏見はというと「人違いでは?」と控えめに否定。するとなおも
あんな芸術を創造できる人間がこの世にふたりもいるわけないでしょう!」と力説。
いつもの言動が後ろ向きな高峯はどこにもいない。
よかったら、サインしてください!イラストつきで……★
お前プロデュースコースで「嫌われたら怖いからサイン頼むのこわい…」みたいな態度だったクセに
ちゃっかりイラストまで要求している。さりげない強引さがみられる。
先程まで悠然と微笑み毒を吐きまくっていた伏見であったが、高峯のファンアピールがはじまると「面映ゆいですね」と苦笑い。ちなみに《面映ゆい》とは《顔を合わせるとまばゆく感じられる意》きまりが悪い。てれくさい。(@goo辞書)とある。なんと伏見は照れていたのだ

ただサインなどはアイドル活動の一環となるのでfineのリーダー天祥院英智の許可がないとダメだときっぱり断る。それに悔しがる高峯だが「でも、逆に考えるとあの七面鳥はものすごく貴重な一枚ということに!」と力強く微笑むのだ。めちゃくちゃポジティヴである。これがゆるキャラの力なのであろうか。
その後伏見の提案で姫宮家のクリスマスパーティーへ流星隊2winkを招きたいという申し出がある。その際伏見は高峯に、「高峯さまもおいでくださいまし。おいしい、七面鳥もございますよ」などと声をかける。その言葉に、食べたら食べたぶんだけデカくなる高峯はお肉にげんなりするのだが
でも行きます!この機会に伏見画伯とお近づきになりたい………★」と力強く微笑むのだ。めちゃくちゃポジティヴである。その言葉に伏見は「画伯…?すみません、先ほどからどうも会話が噛みあいませんね…?」と小首をかしげていた。どうやら2人の間で若干会話のズレが生じているようだ。
しかしこの叙述トリックのようなちぐはぐな会話、いつもとは違った高峯の態度、伏見の態度などが見れるところが、みどゆづの面白さの一つではないだろうか。

pixivに投稿された作品 pixivで「みどゆづ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1209397

コメント