ピクシブ百科事典

アルマドン

あるまどん

アルマドンとは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』に登場する行動隊長。
目次[非表示]

「お前らの亡骸を、ワルズ・ギル様への手土産にしてやる!」
「一度は不覚を取ったが、俺はパワーアップした!今度こそ覚悟しろ!」
CV:保村真

データ

プロフィール:元々は全身の波動突起を共振させ、微弱なバリアーを生み出す事のできる宇宙人
強化改造:アルマバリアー増幅リング、秘密の道連れ爆弾
特殊任務:街を爆破する作戦→ゴーカイジャーを道連れに自爆させられる作戦

登場話:第17話「凄い銀色の男」 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

概要

宇宙帝国ザンギャック行動隊長。甲殻類を思わせるオレンジ色とシアンのボディをしている。
バリア機能を持つ全身の波動突起をインサーンの手で強化し、首に無敵の「アルマバリアー増幅リング」を取り付ける改造手術を施されている。アルマバリアーはいかなる攻撃も絶対に弾き返す無敵の防壁だが、リング後部(後頭部)では波動が重複する為にバリアー効果が無効化されてしまう。
バリゾーグ曰く「プライドの高い性格」で、敗北を根に持つタイプだが、それが災いし・・・。

大量の巨大スゴーミンを囮に街に爆弾を仕掛ける作戦を実行中、ゴーカイジャーに発見されるも、アルマバリアーで身を守りながら電撃で彼らを圧倒するが、グリーンが豪快チェンジしたドラゴンレンジャーの獣奏剣が偶然首の後ろに命中した為に撤退。

ギガントホースに帰還後、インサーンやダマラスに弱点がバレた事を批判され、ワルズに任務失敗を追求されるも、ゴーカイジャーに敗北した屈辱から彼にキレながら接し、防御力強化を受けて再度出撃。
実は、弱点を看破されて使い物にならなくなったアルマドンはすでにワルズ・ギルから見捨てられており、首に強化改造と偽られて強力爆弾を仕掛けられ、本人の知らぬうちにゴーカイジャーを巻き込んで自爆するという作戦が密かに進められていた。

再度出撃した際には戦闘の末に異質な改造部分にシルバーが不審感を抱き、首輪はゴーカイスピアで外されて空中で大爆発。突然の爆発に驚愕した隙を突かれてしまい、ゴーカイシューティングスターを受け爆散した。

弱点も暴かれ、態度も悪い彼は既に皆から見限られていたため、巨大化は行われなかった。
また、ワルズは一石二鳥の作戦が失敗に終わったショックから19話まで寝込んでしまうことになる。

スーパーヒーロー大戦

大ザンギャックの怪人として登場。
バルシャーク、デンジブルー、ピンクフラッシュと戦っていた。

余談

名前の由来は映画「アルマゲドン」から。巨大隕石に爆弾を仕掛けて破壊しようとするシーンがあり、そこから爆弾にまつわる作戦が執られたと思われる。
SF映画を由来にした宇宙人ということで、何となくウォースター構成員のようなネーミングだが、冒頭の巨大スゴーミン戦でもゴセイジャーの大いなる力が使われている。

実はプロットの段階では「爆弾首輪をセットした首が飛ばされ、ギガントホースにて爆発する」予定であったため、怪人デザインを担当した韮沢靖氏は「感情移入できそうにない、非人間風の顔」でデザインしたそうだ。

関連タグ

行動隊長 宇宙帝国ザンギャック
冥府神ドレイク:首の後ろ以外に無敵の防御力の持つ怪人つながり。

関連記事

親記事

行動隊長 こうどうたいちょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルマドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント